イギリス英語を独学で勉強する方法紹介:音楽を使ってイギリス英語を勉強する事は出来るのか?


イギリス英語は音楽を使って勉強する事が出来るのでしょうか?


洋楽聴きながら英語を学習する事は、単調になりがちな英語学習を行う上で気分転換としても、とても効果的な勉強方法でしょう。

自分の気に入った英語の音楽を繰り返し聴き続けていると、繰り返し曲に登場するフレーズやボキャブラリー、文法のパターンなどが意識せずに自然にインプットされて暗記する事が出来ると思います。

また、音楽は様々なイディオムやスラングが入っているので会話的な英語をマスターする上においても大変良い学習方法です。
今回は、音楽を使ってイギリス英語を勉強した場合の効果についての紹介してみたいと思います。



音楽を使ってイギリス英語を勉強
音楽を使ってイギリス英語を勉強





イギリスの音楽を使った英語学習方法について



まず、一つの疑問として、イギリス英語を勉強する場合に音楽を学習教材として使って場合、イギリス英語の発音やアクセントをマスターする事は可能なのでしょうか?

私の個人的な見解と意見になってしまいますが、英会話におけるの発音の向上を目指しているのであれば、スピーキング学習用教材のオーディオで勉強した方が効果的だと思います。そのスピーキング教材の中でも、主にイギリス英語に特化した教材であったり、イギリス人のネイティブスピーカーによって作られた、イギリス英語の音声教材などがオススメです。

リスニング学習として、英語圏の音楽を聴く事は効果的だと思いますが、あなたがイギリス英語を専門に学習したいと思っているなら、あまり意味をなさないと思います。

その理由としては、一般的にイギリス人のシンガーは歌う時に、イギリス英語のアクセントや発音を、アメリカ英語で歌います。
それに加えて自分の地元のアクセントを出して歌うアーティストは少ないです。彼らが意識してアメリカ英語の発音を使っているのか不明ですが、歌う際には特にイギリスの発音が聞こえなくなります。


例をあげてみると・・・。特にイギリス英語の母音の使い方が変わってきます。

  • イギリス英語の発音である can’t (カーント)は、アメリカ英語読みのcan’t (キャント)になります。
  • イギリス英語の発音である dance (ダーンス)は、アメリカ英語読みのdance (ダンス)になります。

これ以外にも例はあります。

珍しいですが、イギリス英語の発音で歌うアーティストも中には存在していて、下記に紹介するアーティストは、自分達の地元のアクセント(方言)で歌っているアーティスト達です。
これらの曲を聴いてみればわかると思いますが、アクセントがたら分かると思います。


  1. ケイト・ナッシュ(Kate Nash)・・・コックニー風のアクセントが聞こえる
  2. ザ・ストリーツ(The Streets)・・・バーミンガムのアクセントが聞こえる
  3. リリー・アレン(Lily Allen)・・・ロンドンのアクセント
  4. コールドプレイ(Coldplay)・・・少し南部の中流階級風のアクセント
  5. オアシス(Oasis)・・・マンチェスターのアクセントが少し聞こえる


イギリスで最も有名なロックバンドのグループであるザ・ビートルズは、元々はリバプールの出身です。しかし歌う際には殆ど、地元の方言がなくなります。

しかし、ビートルズも曲によっては、少しだけ自分たちのアクセントが出ています。この辺りも注意して聞いてみると面白いと思います。
ノーウィージャン・ウッドという曲では、リバプールの訛りがはっきり聞こえると思います。

アメリカのアーティストも歌う際には、地元のアクセントが少し柔らか目になる事が多いです。アメリカ英語の「r」の発音は、さらに少し柔らかくなり、母音も長くなったり、短くなったりしますす。

また、オーストラリア人のアーティストも、音楽の際にはアメリカ人のように歌います。
オーストラリア英語に興味があって、勉強している人は、「Missy Higins」というシンガーの曲を聴いてみると、とても解りやすいでしょう。
彼女は歌い方は、オーストラリアのアクセントが、かなりハッキリ出ている代表的な曲です。











   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post