イギリス文化

イギリス英語学習者・ファンは必見!イギリス英語はアメリカ英語より良い10の理由

イギリス英語はアメリカ英語より良い10の理由

イギリス英語がアメリカ英語より良い10の理由について



英語学習においては学習のモチベーションを管理する事は何よりも重要な事です。英語を習得するには毎日の生活の中で勉強を習慣化させる事が最も大切な要素ですからね^^

そこで今回はイギリス英語の学習モチベーションをアップさせる為にイギリス英語のユーモア的なガイドを書いてみたいと思います^^


ネイティブの目からみるとアクセントや単語の大きな違いはあるものの、イギリス英語とアメリカ英語の価値は英語学習者にとって差ほど変りはないと思います。

日本でもイギリス英語のファンは多いですし、イギリスの映画やドラマ、イギリスの音楽、ファッション、カルチャーに興味を持っている人も多いと思います。

そこで今回はイギリス英語のファンを増やす為にも(笑)。イギリス英語がアメリカ英語より有利な理由をリスト形式で紹介していきます。


イギリス英語はアメリカ英語より良い10の理由イギリス英語はアメリカ英語より良い10の理由




イギリス英語を勉強するべき理由:



これはイギリス人が紹介するイギリス英語がアメリカ英語より有利な理由です。
*注意・・・これはあくまで皮肉ったユーモアのガイドです(笑)*



1. イギリスの発音の方がカッコいい



アメリカ人もよく言っていますが、イギリス英語の発音は「so cute!」です!もしイギリス英語をマスターしてアメリカに行けば、そのアクセントは凄くモテますよ。^^

男性がイギリス英語を使えば紳士だと思われますし、女性がイギリス英語を使えばお姫様のように思われるかもしれません(笑)。

とりあえず・・・。アメリカ人はイギリス英語に対して高級で良いイメージを持っている事は事実です!

参考記事:「イギリス英語はモテるのでしょうか?世界のイギリス英語に対するイメージと研究結果について



2. アメリカ英語の難しい「r」の発音をしなくても良い!



アメリカ英語の「r」の発音は日本人にとってとても難しい音です。巻き舌のような発音をしなくてはいけません。彼らの「r」の発音は本当に変っていると思います(笑)。まるでアザラシが求愛する鳴き声みたいな音です(笑)。

それにやはり日本人にとってアメリカ英語は発音しにくいでしょう!しかしイギリス英語を勉強した場合「r」の発音について完全に忘れても大丈夫です。これは英語学習者にとってとても楽でしょう!

参考記事:「イギリス英語の発音に関する質問:イギリス英語の「r」の発音と「消える音」について



3. イギリス英語が話せるとハリウッド俳優の悪役になれる!



何故か分かりませんが、多くのハリウッド映画やディズニー映画の悪役のキャラクターは、よくイギリス英語の発音で話します。ライオン・キングの悪いライオンはイギリス英語ですし、カンフー・パンダの悪い豹のキャラクターもイギリス英語でした(笑)。

この事はよく知られており多くの新聞の記事になっています。理由はいまいち分かりませんが、あなたがイギリス英語を話す事が出来ればハリウッドでニッチなアルバイトをゲット出来るかもしれません(笑)。


参考記事:Why does Hollywood ALWAYS cast English actors as villains?



4. イギリス英語を話せると頭が良さそうに見える



これもアメリカ人のイギリス人に対するイメージですが、イギリス英語を話す人は頭良さそうに聞こえるらしいです。それでハリウッド映画の悪者の役のアルバイトがなければ、大学の講師のアルバイトができるかもしれません(笑)。ごめんなさい^^



5. イギリス英語のスラングは激しくて楽しい



イギリス人は紳士のイメージがあるかもしれません。しかし「イギリス英語のスラング」は結構・・汚い悪口が多くイギリス人は悪口が大好きです(笑)。これを使えるようになると楽しい事ですよ^^。

イギリス英語の悪口をしっかりと勉強して悪役のアクセントを磨けば、アメリカ人との口喧嘩で負ける事はないでしょう。(笑)



6. イギリス英語のスペルの方が良い



私は少しだけイギリス英語をひいきして見ている可能性もありますが^^。アメリカ英語よりもイギリス英語のスペルの方が良いと思っています(笑)。

それは何故かと言うと「アメリカ英語のスペル」は19世紀までイギリス英語のスペルと同じ物を使っていました。

しかし、ノアー・ウェブスターという人はアメリカ英語のスペルを改革する事を決め、多くのスペルを簡単にしました。彼は特にラテン語ルーツの単語とギリシャ語ルーツの単語のスペルを元の発音に近いスペルに変えました。

これについては良いアイディアかもしれませんが、一つ疑問になる点としてこの発音のモデルは、誰の発音を元にしたものでしょうか・・。

そしてこのスペルの改革は医学的な専門用語にまで及びます。これは少しやりすぎなのではないでしょうか・・。
例えば関係のない単語同士はいきなり似たスペルになりました。

中国も漢字の書き方を改革したでしょう?日本人は中国の漢字を見たらどう思うのでしょうか?少しおかしく見えるのでしょうか?何かが足りないという気持ちになるのでしょうか?

ちなみに私はアメリカのスペルを見たときに何かが足りないと思ってしまいます。(笑)



7. イギリス英語を話せれば「Awesome!」以外の形容詞を使えるようになる(笑)



アメリカ人は事あるごとに「Awesome!」(恐れ多い、素晴らしい等)という単語をいつも使っています(笑)。私からすると何故?!彼らが「Awesome!」という表現を連発するのか?そして時の殆どの事は素晴らしくないのに、どうして使い続けているのか不思議なんですね(笑)。

ですから逆にどうしていつも「awesome」を使っているのか本当の意味がわからない時があります。なので彼らは本当に「awesome」と思った時にどんな単語を使うのでしょうか?

「super awesome」なのか?「mega awesome」なのか?分からないですが(笑)。感情・単語インフレのような現象ですね!しかしイギリス英語で話せば「nice」や「quite nice」で済みます^^。



8. イギリス英語で話すと「CanとCan’t」をはっきり区別するようになる



イギリス人の私からすると、アメリカ英語のアクセントで話す人の「canとcan’t」は同じように聞こえる時が多々あります。それは区別できないくらい似ています。もっと言うと「出来るのか?!(cant) 出来ないのか?!(can’t) どっち?!」と聞きたくなってしまいます(笑)。

しかし、イギリス英語ではっきりと「キャン」、「カーント」と発音すれば相手は困りません。(笑)



9. 副詞をちゃんと使う



アメリカ英語ではよく副詞が省略されて使われています。「You did good」とか「this is real hard」のような文法的に正しくない文章はアメリカでは既にメインストリームになりました。

本来の正しい文法としては、「Did good」ではなく「Did well」ではありませんか?「Real hard」ではなく「Really hard」ではありませんか?(笑)。

英語の副詞を正確に勉強したいのであればイギリス英語を勉強しましょう!



10. イギリス英語は英語の歴史のベース



英語は数千年もの間に様々な進化を遂げてきました。英語の歴史はイギリスの歴史です。
以上になります(笑)。お付き合いありがとうございます^^


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら