コラム

イギリス英語を専門に学べる英会話サークル「ケンブリッジ英会話」代表のインタビュー

イギリス英語に強い英会話サークル(教室):ケンブリッジ英会話代表:ダレンさんとのインタビューを紹介



Mair
Mair
皆さんこんにちは。ブリティッシュEigoのMairiです。今回の記事ではイギリス英語を学べる英会話スクールの講師の方とのインタビューを紹介したいと思います。当サイトのイギリス英語学習者の方も、もしかすると利用出来るのではないかと思いましたので、紹介する事にしてみました!


私は当サイトでは、今までに英会話教室というものを紹介したことがないと思います。何故なら、私は日本の英会話スクールで働いた事がありませんし、自分も語学学習の為に正式な教室に通った事がないので、教室の本当のクオリティーを知らないのに、読者の方にいい加減な情報をお勧めしたくなかったという事が最も大きな理由です。


しかし、今回の記事では私が信用できると思える英会話のサークル(教室)を紹介してみたいと思います。何故「信用できる」と言い切れるのかというと、このサークルは私の信頼出来るイギリス人の友人が作ったものだからです(笑)。

彼は今までにイギリスで正式な教師としての経験、日本での英語講師としての実績があります。そういった意味でも、かなり信頼のおける先生です。


そして、今日紹介する「ケンブリッジ・英会話」は”イギリス英語を中心に英語を学べる英会話サークル(教室)”です。単純にレッスン内容、料金などの情報だけを紹介する事はつまらないので、設立者のDarren Whinney(ダレン・ウィニー)のインタビューを通して教室の特徴を紹介してたいと思います。



イギリス人の英会話教師 ダレン・ウィニーとマリの対談




マリ:

ダレンさん、インタビューをしてくれてありがとうございます!まずは、自己紹介をお願いします!



ダレン:

皆さん、こんにちは。ダレンと申します。私はイングランドのEssex(エセックス州)で生まれ育ちました。私の地元の町はロンドンから電車で40分くらい離れています。エセックスには海があり、その海はテムズ川につながっています。

僕はイングランド出身ですが、自分をブリティッシュだと思っています。イングランドだけではなく、スコットランド、ウェールズなどの地域を旅行する事が好きです。趣味は旅行、バドミントン、ハイキング、愛犬のダッシュ君(ボーダーコリー)と遊ぶ事です!




マリ:

ダレンは私よりも日本の生活が長いですね。日本へ初来日したのはいつ頃なんでしょうか?



ダレン:

1999年の12月に初来日しました。ですから、もうかれこれ18年間くらい日本に住んでいます。日本にくる前に1年間くらい台湾で暮らしていました。その1年の間に2回ほど日本に来た事があります。妻は日本人で台湾で知り合いました。

日本の文化、言葉、料理などが好きでしたし、妻との出会いのきっかけで日本に引っ越す事にしました。今、妻と13歳の息子と一緒に東京で暮らしています。息子の母国語は日本語ですが、僕と一緒に英語で話しています。




マリ:

あなたは、いつ頃、英語の教師になったのでしょうか? イギリスで先生の仕事をやっていましたよね。



ダレン:

そうですね。大学を卒業した後に数年間ロンドンで普通の仕事をしていました。その後、ブルネル大学院に入学して教育の資格(PGCE)を取りました。その資格でイギリスの公立学校で働く事が出来ました。

初めての先生の仕事はケンブリッジシャーの中学校でした。その後、台湾の台北市に移住してプリスクールで子供に英語で色々な科目を教えていました。東京に来た後に有名な英会話スクールでディレクターとして雇われました。

その仕事を辞めた後、大きなインターナショナルプリスクールで働きました。その後、同僚と一緒に自分のインターナショナルプリスクールを設立しました。そして今現在、自分の英会話スクールを設立したばかりです。




マリ:

ダレンさんの英語教師としての経験はとても長いですね! 何故、このスクールを作ろうと思ったのでしょうか?



ダレン:

息子が生まれた後に私は日本の教育制度に触れるきっかけが沢山できました。私は出来るだけ息子の学校のPTAなどに参加していました。

他のメンバーはとても優しく英語でコミュニケーションを取ろうとしてくれました。そして、僕の日本語も丁寧にサポートしてくれた人が多かったです。

自分の住んでいるコミュニティーに参加する事はとても大切だと思います。私が知り合った人達、子供達はみんな学校で英語を勉強してきましたが、英語でコミュニケーションを取るという練習をあまりしたことがなかったようです。

つまり、リーディングやライティングは出来ていますが、外国人と英語で会話するスキルと経験はありませんでした。そして、私が思っている以上に外国人と英語でコミュニケーションしたいと思っている日本人の大人と子供達は多いです。

外国人の観光客と会話してみたいと思っている人は増えていますし、オリンピックでボランティアをしたい人も増えています。ですから、そういったニーズに応える為にも英会話の場としてスクールを作る事にしました。






マリ:

ダレンのティーチングスタイルはどんな感じですか?



ダレン:

私はレッスンを楽しくさせる事がとても大事だと思います。スピーキングとリスニングのアクティビティー、ロールプレイ、ゲームを通して英語を教えるタイプの教師ですね。

面白い事や楽しい事について話す事はとても効果的な勉強法です。子供が自分の母国語を覚える際には「教科書や文法ドリル」等は使って勉強しないですよね。

我々ネイティブは子供の頃に英語で遊んだり、話したり、聞いたりして自然に英語を吸収しました。文脈で単語やフレーズを何度も聞くと、何も考えずに自然に言語を覚えますし、使えるようになっていきます。

そのため、私が教えているレッスンは100%英語です。そして、インプットとアウトプットの練習を沢山行っていきます。生徒が興味を持っているテーマを使いコミュニケーションを取りながら練習していきます。

正式な「レッスン」よりもフリートークを好む生徒が多いので、私は「afternoon tea」というスタイルのレッスンを行っています。

このレッスンでは「カフェやレストランで気軽にお茶を飲みながら色々なテーマについて英語で話す」というタイプのレッスンです。

例えば、最近では、イギリスの王家、ハリー・ポッター、ダウントン・アビー、外国人へ日本食を紹介する事、旅行、クッキングなどのテーマについて生徒達と話していますね。

私のレッスンでは、宿題は特に決めていませんが、レッスン中に話した事や覚えた単語を復習する事は大切なので、必ずやるように勧めています!






マリ:

どうしてイギリス英語を中心にして教える事にしましたか?



ダレン:

私にとってイギリス英語は「英語」です(笑)! 私が今まで英語を教えた時に日本人は「イギリス英語とアメリカ英語の違いに興味がある」という事に気がつきました。

授業中にはもちろん、イギリス英語のボキャブラリーと発音を使って教えていますが、時々イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーを両方教えます。

イギリス人、アメリカ人、オーストラリア人などの英語圏の人は一緒に話す際に自分の国の英語を使っていますが、もちろん意味は通じます。

結局、イギリス英語を使ってもアメリカ英語を使っても英語ネイティブとのコミュニケーションは大丈夫です。






マリ:

あなたの意見では、どんな勉強法が一番効果的だと思いますか? 英語学習者は英語を勉強する際に何を大切にした方が良いと思いますか?



ダレン:

それは良い質問ですね。私の意見では必ず成功するといった「一つの勉強法」はありません。人によってそれぞれ違う「learning style」(学習スタイル)があります。

例えば、本で勉強するのが好きな人がいますし、パソコンや、テレビ、ユーチューブ動画を使って英語を勉強する事が好きな人もいます。そして、もちろん、イングリッシュ・スクールに通って英語を勉強する人もいます。

日本人は学校で英文法をしっかりと勉強していますので、そういう文法的な知識はたくさんあります。しかし、会話をしようとする際にその知識を中々使えません。

私の個人的な意見では、新し言語を覚えるために毎日その言語を聞いたり話したりする機会が必要だと思います。例えば、私の知っている人には毎日英語日記を書く日本人の友達がいます。

私はその人に「書いた英語を音読してみて」というアドバイスをします。そうすると、スピーキングの練習だけではなく、自分の声を聴いてリスニングの練習をする事も出来るからです。

子供たちは自分の母国語を覚える際に遊びながら言語を覚えます。子供は家族のメンバーと話したり、話を聞いたりして英語を覚えます。英語教室はそういう環境だと思います。

色々な人とコミュニケーションを取りながら英語を覚えます。モチベーションがあれば、他の人と話したり楽しい時間を過ごしたりすると英語力は自然と伸びると思います。




マリ:

イギリス英語は日本人にとってアメリカ英語よりも覚えやすいと噂を聞いたんですが。それはどうしてだと思いますか?



ダレン:

最近イギリスのテレビドラマや映画が日本でも人気が出ています。例えば、シャーロックやダウントン・アビー、ハリー・ポッターなどのイギリスの映画やドラマは日本人によく知られています。

イギリス英語の発音はアメリカ英語に比べて、定期的に聞くと聞き取りやすいという傾向があると思います。ですから「聞き取れやすい」や「発音しやすい」と考えている人がいると思います。

そして、テレビドラマに出てくるイギリス人の俳優はかなり「ニュートラル」なアクセントで話します。地方訛りを話す俳優はあまり出てこないことも「イギリス英語が楽」というイメージを広げているのではないかと思っています。

イギリス人はアメリカ人と違って「r」の発音をあまりはっきり言いません。その点でイギリス英語がアメリカ英語よりも日本人にとって発音しやすいのかもしれません。

イギリス英語とアメリカ英語のスペル、ボキャブラリーの違いは沢山あります。例えば、「映画館」はイギリス英語で「theatre」になりますが、アメリカ英語で「theater」になります。

私の教室では、先程も少し触れたようにイギリス英語も教えていますが、同時にアメリカ英語のボキャブラリーやスペルを教えます。他の英語の種類のボキャブラリーやスペルを教える事はとても重要だと思っています。




マリ:

ダレンさんの英会話教室はどんなタイプの学習者に向いていますか?



ダレン:

基本的にはどのようなタイプの生徒さんでも、どんな年齢の方でもレッスンを受けてもらって大丈夫です! 3歳以上であれば受けられるレッスンの種類は沢山用意しています。

例えば、夜しか勉強できないビジネスパーソン向けのレッスンもありますし、英会話を勉強したい中学生向けのレッスンもあります。

新しい友達を作りたい専業主婦や高齢者向けのレッスンも用意しています。外国人の観光客の手伝いをしたいボランティアにも英語を教えています。英語の初心者でも上級者であっても歓迎します!

私が行っているレッスンの人数は「1人から6人まで」という形式で行っています。




マリ:

レッスンはどこで行っていますか?



ダレン:

今、ケンブリッジ英会話は始まったばかりなので、東葛西図書館(江戸川区、東西線の葛西駅)で夜のレッスンを行っています。「afternoon tea」のフリートークレッスンは葛西や西葛西のカフェで行っています。

生徒の人数が増えてきたら正式なイギリス風の教室を作る予定でいます。教室を作った際には、内装をまるで「イギリスの家のように」デコレーションしたいと思っています。

例えば、暖炉、イギリス風の家具、本棚、肘掛け椅子などの物を置いて「アットホーム」の雰囲気を作りたいですね。そのアットホームな雰囲気があれば、生徒がリラックスしてクラスメートや友達と楽しく英語で話せると思っています。




マリ:

それは楽しそうですね! イギリス風の内装の教室というアイディアはとても好きです^^ ところであなたの教室ではトライルレッスンは受けられますか?



ダレン:

はい!勿論、行っています。火曜日の7時から7時55分まで無料のトライルレッスンを行っています。その時間が不便であれば連絡してください。トライルレッスンは普通のレッスンと同じ形式になります。

つまり、その学習者の趣味、興味に合わせたレッスンの内容で行っていきます。ですから、レッスンを受ける前に学習者の方に簡単なアンケートを記入してもらいます。そのアンケートをみて、その方の趣味や好き嫌いなどの情報を知った上で個人にぴったり合うレッスンを作っていきます。




マリ:

ダレンさん、インタビューありがとうございます!ケンブリッジ英会話を頑張ってください。私は応援しています^^ イギリス英語を勉強する学習者を増やしてくださいね(笑)



以上、今回は私のイギリス人の友達である英語教師のダレンさんとの対談・インタビューの模様を紹介しました。

ダレンさんのケンブリッジ英会話に興味があれば、是非、以下の連絡先から彼にコンタクトしてみて下さいね^^




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら