リーディング

イギリスの小説「Adrian Mole」(エイドリアン・モール)に関する質問

イギリスの小説「Adrian Mole」(エイドリアン・モール)に関する質問

エイドリアン・モール(Adrian Mole)とはどんな小説なのでしょうか?


Mair
Mair
皆さんこんにちは。今回の記事では読者の方から頂いた質問で、イギリスの小説「Adrian Mole(エイドリアン・モール)」に関するご質問にお答えしてみたいと思います。


今回頂いた質問は、日本語ではなく英語でご質問がきています。この内容を簡単にまとめると「Adrian Moleというイギリスの小説を読んでいますが、この作品には”日本語訳”がないので、詳しい情報を教えてください」という内容になります^^

それでは読者の方に実際に頂いた質問はこちらです。


読者の方の質問:


Hello, I hope you are well.

It was very delightful that you have brought up my inquiry “What is the difference between ‘concerning’ and ‘pertaining to’?”
I understand in what way I should use.

By the way, I have another inquiry to ask.
That is about “British Novels”.
I am into reading them recently and am reading, now, 2 novels. One is “Elenor Oliphant is completely fine” and the other is “Adrian Mole and Mass Destruction”.

For understanding the story of “Elenor Oliphant”, the translation to Japanese book is helping me a lot.
But, as for “Adrian Mole”, we don’t have translated version.

So, if you are a fan of “Adrian Mole” and if you bring up one of his story for description of it, it would be great for me.

I’m waiting for your reply.



先ずはご質問ありがとうございました。そして、いつも当サイトを読んで頂きありがとうございます。小説を読む事は良い英語の勉強法になると思います。

やはり、日本語版があれば、内容を理解する事はもう少し楽になりますので、出来る事なら、日本語版も同時に読んだ方が良いと思います。

しかし、残念ながら、Adrian Moleという小説のシリーズは日本語版がありません。正直私は「日本語版がない」という事を聞いてびっくりしました。何故なら、Adrian Moleはとても有名で人気のある小説のシリーズなので、日本語版は当然あると思っていましたが、誰も翻訳していないみたいですね。残念です!

それでは、この小説のシリーズを知らない読者の方も多いと思いますので、あらすじなど紹介してみたいと思います。そして、このシリーズを読むべき理由も紹介したいと思います。



Adrian Moleのあらすじについて


Adrian Moleのあらすじについて

このシリーズの最初の小説は1982年に出版されました。初めての小説のタイトルは「The Secret Diary of Adrian Mole, Aged 13¾」といいます。この小説は「日記」(Diary)のスタイルで書かれています。

主人公は「Adrian Mole」という中学生です。彼はイギリスのレスター州で労働階級の両親と一緒に住んでいます。彼は特に頭の良い生徒でもありませんが、自分は「インテリ系」だと思っています。そんな彼は小説家を目指しています。

そして、彼は中学生(ティーネージャー)なので、当然のように色々な悩みがあります。例えば、彼はクラスメイトのPandoraという女の子の事が好きなので、彼女の事を日記に沢山書きます。

そして、舞台は1980年代のイギリスという事もあり、当時の政治界の話も出てきます。当時の総理大臣はマーガレット・サッチャーなので、サッチャーの話も多いです。Adrian Moleによると「サッチャーは僕の敵!」なんだそうです(笑)。

主人公は13歳の男の子ですが、この小説の内容はどの年齢の方でも楽しめると思います。実は、中・高生よりも、大人の方が楽しめる内容の本だと思います。特に1980年代のイギリスの歴史に興味がある方にこの小説はお勧めです!

「The Secret Diary of Adrian Mole, Aged 13¾」の次に「The Growing Pains of Adrian Mole」という小説も出版されました。これもシリーズなので、前の小説の続きです。

このシリーズの小説は全て日記のスタイルで書いてあります。Adrianはまだ中学生です。彼はPandoraと付き合ったり、別れたりしますし、右翼的な政治活動にも興味が出てきます。

彼はまだ自分がインテリ系のライターだと考えています(笑)。このシリーズは全部で8冊出版されています。それぞれの小説の細かい情報をご紹介する事は難しいのですが、13歳のAdrianから40代のAdrianのライフストーリーを語っている内容です。

created by Rinker
HarperTeen
¥1,207
(2020/12/02 21:00:27時点 Amazon調べ-詳細)




Adrian Moleのドラマ化について


Adrian Moleはイギリスでとても有名なキャラクターなので、当然テレビドラマも制作されました。このテレビドラマは1985年にイギリスのテレビで放送されました。

6本のエピソードが作られています。内容は最初の小説に基づいています。テレビドラマの舞台は一応小説と同じようにレスター州なのですが、出演する俳優はみんな「バーミンガムの訛り」を話しています(笑)。




これはイギリス人にしか気づかれないポイントだと思いますが、バーミンガムとレスターの訛りはかなり違います(笑)。私はユーチューブでこのドラマを見つけました。是非ご覧ください!

とても古いテレビドラマなので、1980年代のイギリス人のファッション、家のインテリア、ライフスタイルなどを感じますね!





Adrian Moleを読むべき理由


Adrian Moleの小説は年代が古いので、当時のカルチャー・政治的な話などは少し難しく感じるかもしれません。しかし、ライティングスタイルは、13歳の少年の日記なので、そんなに難しい英語レベルではありません。

英語のレベル的には「中級レベルの学習者」であれば程度は理解できると思います。ストーリーを理解するためには上記で紹介したドラマを先にみておくとキャラクターの雰囲気、性格などを想像できるので、その順番で勉強をすればよいのではないかと思います。

そして、イギリスの1980年代のカルチャーに興味がある方は、1980年代に書かれた小説はお勧めです。実はこのAdrian Moleシリーズの作家(Sue Townsend)は2009年まで小説を書きました。

ですので、シリーズを全て読むとイギリスのカルチャーの変化を感じられると思います。初めの小説を読むと、Adrianの人生がどうなるのかが気になる方も多いと思いますので、一度読むと全ての小説を読みたくなる方は多いのではないかと思います!



Adrian Moleというイギリスの小説シリーズについて:まとめ


まとめると、Adrian Moleはイギリスで愛されているキャラクターなので、イギリスのカルチャーに興味があれば、是非読んでみてください!

この小説のシリーズは英語のレベル的にも比較的読みやすいので、英語学習者でも楽しめると思います。ユーチューブを使えば無料で昔のテレビドラマを観る事が出来ますので、小説を読む前に観ればストーリーのあらすじを理解出来るはずです。

それでは以上になります。他にもイギリス英語に関する事やイギリス映画、ドラマ、小説などについて知りたい事がある方は是非ご連絡くださいね。それではイギリス英語の勉強頑張って下さいね!


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら