イギリス英語教材

イギリス英語教材紹介:イギリス英語を勉強する為の辞書ガイド

イギリス英語教材紹介:イギリス英語を勉強する為の辞書ガイド

イギリス英語を勉強する為の辞書ガイド



イギリス英語を勉強している方は、まずはイギリス英語のスペル、単語、フレーズを数多く覚えなければなりません。イギリスではアメリカ英語のスペルを書いた場合、ただのスペルミスとして扱われてしまいますので、今まで義務教育でアメリカ英語を学んできた日本人の英語学習はこの点について特に気をつけるべきでしょう。


そしてイギリス英語を勉強する為には、イギリス英語のスペル、単語、フレーズを確認出来る良い辞書が必要です。しかしここで問題になってくる事として、日本の中学校と高校で使われている殆どの辞書は、アメリカ英語向けに作られた辞書です。


ですからイギリス英語を勉強したい人にとってはあまり役に立ちません。これらの殆どの辞書はイギリス英語を紹介していませんし「アメリカ英語とイギリス英語の違い」も紹介されていません。 


イギリス英語教材紹介:イギリス英語を勉強する為の辞書ガイドイギリス英語教材紹介:イギリス英語を勉強する為の辞書ガイド



イギリス英語のスペル・単語・フレーズを勉強している人向けのおススメ辞書



そこで以下にイギリス英語を勉強する際にお勧めの辞書を紹介したいと思います。辞書によっては個々に特性がありますのでその辺りも含めて紹介していきます。


イギリス英語学習をお勧め辞書: 1. Cambridge Advanced Learner’s Dictionary (本)



この辞書は英英辞書ですが、イギリス英語を勉強する外国人向けに作られているのでとても役に立ち、使いやすさも抜群でしょう。

この辞書はケンブリッジ英語試験を受ける人にとってとても良いツールになると思います。そして単語と文法に関しての質問やアクティビティーのCDが付いていますので、様々な勉強方法としても使う事ができます。






イギリス英語学習をお勧め辞書: 2. Oxford Advanced Learner’s Dictionary (本)



上記の辞書と同じくこちらも英英辞書で外国人向けの辞書です。この辞書は上級の英語学習者にとってオススメです。イギリス英語だけではなくイギリス英語とアメリカ英語の単語の違いも紹介しています。ですから「グロービッシュ」のような英語が話したければとても良い辞書だと思います。






イギリス英語学習をお勧め辞書: 3. セイコウのSR-G10000 (電子辞書)


日本製電子辞書の殆どの機種にはイギリス英語の辞書が入っていますが、その中の電子辞書の音声は全てアメリカ英語の発音が収録されています。

ですがこのセイコウのSR-G10000という電子辞書は、アメリカ英語の発音だけではなくイギリス英語の発音(音声)が入っていますので、イギリス英語学習者にはオススメの電子辞書です。




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら