映画・ドラマ

ホビットやロード・オブ・ザ・リングに出演の俳優はどんなイギリス英語のアクセント?

ホビットやロード・オブ・ザ・リングに出演の俳優はどんなイギリス英語のアクセント?

「ホビット」や「ロード・オブ・ザ・リング」で使われている英語について詳しく分析



皆さんこんにちは。今回の記事はイギリス英語の発音に関する質問として「ホビットや、ロード・オブ・ザ・リングに出演している俳優の英語発音」というテーマについてお話していきたいと思います。


それでは、実際に頂いた質問はこちらになります:


読者の方の質問:


ご無沙汰しております。いつもサイトを楽しく拝見しております。
以前、ピーター・クッシング、トム・ヨーク、ビートルズの発音について質問させて頂いた者です。

ロード・オブ・ザ・リングはヨーロッパ、特にホビット庄の描写はイギリスの田園風景をモチーフにしていると思われます。

映画3部作、ホビットの冒険も含めると6部作ですが、例えばアメリカ人俳優がそのままの発音で喋っていると、イギリスの方は少なからず違和感を持つものでしょうか。

映画全体がイギリス田園風景、というわけではなく、大陸風景の描写もありますから、色んな発音があっていいと思いますが、主人公フロドの親友役、サムがアメリカ発音だと、あれ?ホビットだよな?

ホビット庄は特にイギリス的な風景だけど、、、と最近見返した際に少し違和感を覚えた次第です。

私は差別主義者ではないと自分で思いますが、例えば日本をモチーフにした映画で日本人役に別のアジア人が配役されていると、少なからず違和感を覚えてしまいます、、、、笑

また、ニュージーランドやオーストラリア等、様々な国の俳優が出ていますが、皆発音はブリティッシュになるよう、気を遣っているように聞こえますか? それともそれぞれのお国の発音でしたか?



先ずはご質問ありがとうございます。そして、いつも当サイトを読んで頂きましてありがとうございます。

正直に言うと私は「ホビット」や「ロード・オブ・ザ・リング」を全て最後まで観た訳ではないので、これらの作品について詳しいとは言えません(笑)。

しかし、質問に答えるために一生懸命色々と調べてみましたので、頂いた質問にはしっかりとお答えできると思いますので安心して下さい^^。




ホビット、ロード・オブ・ザ・リングに出てくる景色は何処の風景なの?


ホビット、ロード・オブ・ザ・リングに出てくる景色は何処の風景なの?
皆さんもご存じだと思いますが「ホビット」と「ロード・オブ・ザ・リング」は元々は小説です。イギリス人の作家であるJ. R. R. Tolkienによって書かれた作品です。
「ホビット」は1937年に出版されました。この小説はとても人気になって、Tolkienは直ぐに続編を書き始めました。「ロード・オブ・ザ・リング」の三つの小説は1950年代に出版されました。

これらの作品はジャンル的に「ファンタシー」というジャンルです。J.R.R. Tolkienは様々な北ヨーロッパの神話(特にノース・ミソロジー)にインスパイヤされこの作品を書きあげました。

多くのキャラクターの名前は北欧っぽい名前が付けられています。そして、キリスト教のテーマや、Tolkien自身の戦争経験もストーリーのテーマとなっているそうです。

ストーリーの舞台は「Middle Earth」というファンタシー世界です。ホビットたちは「The Shire」という場所に住んでいます。

この場所は明らかに「イギリスの平和な田舎」をイメージした場所だと思います。場所の名前もイギリスの名前ですね。

作家がイギリス人で、舞台も「イギリスっぽい」ファンタシー世界なので、当然、キャラクターはイギリス英語を話さないと少しおかしいと思います。




映画に出演するキャラクターはみんなイギリス英語なのか?


映画に出演するキャラクターはみんなイギリス英語なのか?

冒頭でもお伝えしたように私は全てのロード・オブ・ザ・リングの作品を観た訳ではないのですが、インターネットで色々と調べていく際にある面白いエッセーを見つけました。

このエッセーはアメリカのバークリー大学の研究者によって書かれたものです。エッセーのテーマは「ロード・オブ・ザ・リングに出る発音・訛り」という今回のテーマに丁度良い内容です!




このエッセーの内容をまとめると、「映画の舞台はファンタシー世界なため、モダンなイギリス英語を使う事は少しおかしい」という内容でした。

そして、「俳優のアクセントがバラバラだと同じ出身地である事がわかりづらい」という点も指摘されています。

そのため、映画の「アクセントコーチ」は“キャラクターによって違うアクセントを教えた”といった指導があったようです。

例えば、ホビットたちはみんなイギリスの「West Country」っぽい訛りで話します。West Countryはイギリスの西南海岸です。

その訛りは少し「田舎っぽい」イメージがありますが、キャラクターの「ピュアな感じ」を表現するには丁度良いチョイスだと思います。

そして、「偉いキャラクター」は殆どの場合「RP発音」を使うようです。このアクセントは「エリートっぽい人」というイメージを与えます。

ですから、エリートなイメージのキャラクターは映画でそういったアクセントを使っています。ちなみにフロドとビルボはRPで話します。その理由として、この二人は他のホビットたちよりも知識・教育レベルが高いようです。

他にもスコットランド英語の訛りを話すキャラクターがいます。ピピンというホビットはスコットランド英語を話します。その理由としては、彼らのセリフにはユーモア溢れるセリフが多いからです。

スコットランド英語の訛りは、所謂「日本の大阪弁と同じようにユーモアっぽいなイメージ」があります。そして、コックニー(ロンドンの労働階級者の訛り)を話すキャラクターがいます。

オークのキャラクターは全員コックニーのアクセントで話します。その理由としては、オークたちは命令通りに動く「労働者」のイメージだからです。

結局、イギリスでは、数多くの訛りとアクセントがあります。そして、それぞれのアクセントは微妙に違うイメージを与えます。

そのために、ホビットやロード・オブ・ザ・リングのキャラクターが話すアクセントは適当ではなく、アクセント専門のコーチによってしっかりと考えられています。

キャラクターのアクセントはそのキャラクターの種類、社会階級を反映するアクセントです。まさにイギリスという感じの視点だと思います。おもしろいですね! 私も調べるまでこの情報を知りませんでした。




英語圏の映画に出演する俳優・女優のアクセントの事


英語圏の映画に出演する俳優・女優のアクセントの事

英語圏のネイティブは人の発音やアクセントにとても敏感です。例えば、私はイギリス人と会話すると大体、数秒以内にその人の出身地が分かります。

そして、イギリス人同士で会話していると、相手の階級にとても敏感なので相手の話し方で階級や教育レベルが色々と分かります。それはアメリカ人やオーストラリア人も同じだと思います。(日本人もそうだと思います。)

そのため、映画の舞台がイギリスであれば、俳優や女優は必ずイギリス英語の発音を使っています。そして、イギリス人の俳優がハリウッドに出演する際には「しっかりしたアメリカ英語を話さないと良い仕事が来ない」と思います。良い俳優は色々なアクセントを真似する事ができます。

一般的にイギリス人とオーストラリア人はアメリカ英語を上手に真似できますが、イギリス英語を上手に真似できるアメリカ人は比較的少ないと思います。殆どの場合すぐに「偽物だ!」とわかります(笑)。

しかし、レネー・ゼルウィガーというアメリカ人の女優は例外だと思います。彼女はかなり上手にイギリス英語の発音が女優だと思います。

それでは以上になります。期待していた通りの回答になりましたでしょうか。他にも質問があれば是非ご連絡くださいね!皆さんからのご質問お待ちしています!


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら