イギリス英語とオーストラリア英語の違い・共通点について


イギリス英語とオーストラリア英語の違いと共通点とは?



当サイトでは、イギリス英語とアメリカ英語の違いについてはよく紹介していますが、イギリス英語とオーストラリア英語の違いや共通点についてはまだ紹介していませんよね^^。 


日本の中学校・高校・大学で教られている英語はアメリカ英語が中心になっている事から、日本人の殆どの英語学習者はもう既にアメリカ英語の単語と発音を勉強していると思います。

以上の事から私は、イギリス英語の単語と発音を紹介する時に分かりやすいようにアメリカ英語と比較しながら紹介しています。


イギリス英語とオーストラリア英語の違いと共通点
イギリス英語とオーストラリア英語の違いと共通点




しかし実際には、オーストラリアへ留学に行く日本人は毎年増えていると思います。そしてオーストラリアのワーキングホリデービザを取る日本人はとても多いと思います。

ですからオーストラリアに行く事を考えている方は、オーストラリア英語の特徴、単語、発音を知っておいた方が役に立つと思います。


オーストラリア英語は、イギリス英語に近い英語の種類ですから双方共に共通点がとても多いです。オーストラリア英語の発音はユニークな点(オーストラリア英語の訛りと言われている!?)もありますが、イギリス英語に似ている点がとても多いです。そしてオーストラリアで日常的に使われているボキャブラリーはイギリス英語に似ています。


それではこれからオーストラリア英語とイギリス英語の違い・共通点について紹介していきます。




イギリス英語とオーストラリアの発音



イギリス英語とオーストラリア英語は双方ともに、「non-rhotic」と呼ばれています。私はこの間、この記事(イギリス英語の発音に関する質問:イギリス英語の「r」の発音と「消える音」について)で「non-rhotic」というアクセントについて紹介しました。

「non-rhotic」という英語の種類は、場合によっては「r」を発音しない英語の種類です。
例えば、イギリス英語とオーストラリア英語では、下記の単語の中に入っている「r」は、はっきりと発音されていません。


  • car (“カー”)
  • park (“パーク”)
  • girl (“ガール”)
  • hair (“ヘアー”)

など・・・


この「r」の発音に関してはイギリス英語とオーストラリア英語は凄くよく似ています。しかしアメリカ英語では、全ての「r」がはっきりと発音されています。アメリカ英語は「rhotic」という英語の種類です。


ですからこの点でみると、オーストラリア英語とイギリス英語の母音の発音はかなり似ています。 例えばオーストラリア英語とイギリス英語の「can’t」という単語は、分かりやすいようにカタカナ読みで表現すると、「キャント」(アメリカ英語)ではなく、「カーント」になります。

そして下記の単語では、「a」の発音は「アー」という発音になります。


  • bath (“バース”) 
  • pass (”パース”)
  • calm (”カーム”)

※これらの単語の発音はアメリカ英語の発音と異なります。



もう一つの母音の違いは、「ay」の発音(例えば”day”)です。イギリス英語の発音では「day」は「デイ」になりますが、オーストラリア英語の発音では、「ダイ」に近い発音になります。

  • day (”ダイ”)
  • face (”ファイス”)
  • bait (”バイト”)

他の微妙な母音の特徴もありますが、上記に紹介した点はオーストラリア英語の最も大きな特徴です。




オーストラリア英語のイントネーション



オーストラリア英語のイントネーションはイギリス英語に近いですが、一つだけ有名な特徴があります。これが、「上昇調」(rising intonation)というイントネーションです。イギリス英語やアメリカ英語では、相手に質問をする際に文章のイントネーションがあがります。


しかし、オーストラリア英語では質問以外の文章でも上昇調が使われています。ですから、場合によっては質問ではない会話でも質問のように聞こえてしまう事があるかもしれません。

これらがオーストラリア英語の最も大きな特徴といえる部分ですが、実はアメリカのカリフォルニアの方言にも出てくるイントネーションです。




オーストラリア英語のスペル



オーストラリア英語のスペルはイギリス英語にとても近いです。例えば、「colour」、「favourite」などの単語は全て「~our」のスペルを使っています。アメリカ英語では、「~our」は「~or」というスペルを使っています。

しかしオーストラリア英語ではイギリス英語と同じように、「theatre」、「centre」などの「~re」のスペルを使っています。



ですがオーストラリア英語も時々、イギリス英語と違うスペルが使われています。
例を紹介すると・・・


イギリス英語の場合

  • programme
  • analogue
  • enquire


オーストラリア英語

  • program
  • analog
  • inquire


オーストラリアのスペルをもっと詳しく調べたい方は、オーストラリア英語の辞書をご覧ください!





オーストラリア英語の単語



オーストラリア英語のボキャブラリーは、アメリカ英語よりもイギリス英語の方が近いと紹介しましたが、クロスオーバーする部分があります。そして勿論、ユニークなオーストラリア英語のボキャブラリーが沢山あります。


現在、オーストラリアで使われている多くのオーストラリア英単語は、元々はアボリジニの言葉がルーツになっています。例えば、「kangaroo」や「boomerang」、「koala」などの単語は元々ローカルのアボリジニの言葉でした。

オーストラリア英語、イギリス英語、アメリカ英語の単語の違いは多いですが、以下に最も役に立つ単語を紹介していきたいと思います。


日本語 イギリス英語 アメリカ英語 オーストラリア英語
茄子 aubergine eggplant eggplant
歩道 pavement sidewalk footpath
ピーマン red/green pepper bell pepper capsicum
トラック lorry truck truck
携帯電話 mobile phone cellphone mobile phone
ポテトチップス crisps potato chips potato chips
海外 abroad abroad overseas
クッキー biscuit cookie biscuit


上記のリストを見ると、各国で使われているボキャブラリーが同じ場合がありますね。オーストラリア英語は場合によってイギリス英語と同じ、時々アメリカ英語と同じボキャブラリーを使う事があります。




オーストラリア英語のスラングと口癖



オーストラリア英語のその他の特徴としては、英単語を短くする事です。オーストラリアのテレビドラマや映画を観ると、これらの単語の省略を耳にする事が多いと思います。


  • barbecue → barbie
  • university → uni
  • Australian → Aussie
  • language → lingo
  • biscuit → biccie
  • afternoon → arvo
  • football → footy


オーストラリア英語のスラングはとてもユニークですが、イギリス英語のスラングに共通点がみられます。例えば、「mate」(友達)という単語がよく使われています。

例文:

How ya goin, mate? (調子どう?)



オーストラリアのスラングに興味を持っている方は、この本をご覧ください:





そして、オーストラリア英語の発音、言葉遣い、特徴をさらに理解したい方は、オーストラリアの映画を観て勉強する事はお勧めです!

→→ オーストラリア英語の勉強におすすめの映画のベスト 5







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post