holidayとvacationの違いについて:イギリス英語とアメリカ英語の「holiday」と「vacation」違いについて


holidayとvacationという単語のイギリス英語とアメリカ英語の違いについて



今回の記事は、ネットでも比較的多くの質問のテーマとしてあげられている、holidayとvacationという単語のイギリス英語とアメリカ英語の使い方の違い、ニュアンスの違い、意味の違いについて紹介していきたいと思います。


実はイギリス人は(イギリス英語では)、「vacation」という単語を使いません。勿論、アメリカの映画、テレビ番組などの影響によりイギリス人も「vacation」という単語の使い方は分かりますが、一般的に日常会話として使う人は殆どいないと思います。



holidayとvacationという単語のイギリス英語とアメリカ英語の違い
holidayとvacationという単語のイギリス英語とアメリカ英語の違い





イギリス英語の「holiday」という単語の使い方



イギリス英語で、「holiday」という単語は「学校・仕事の休日・休み」や(クリスマスなどの)「祭日」や、「海外旅行」という意味で使われます。例文で説明した方が分かりやすいと思いますので、以下に紹介していきたいと思います。


イギリス英語: Did you enjoy the summer holidays?
日本語:(夏休みは楽しかったですか?)


イギリス英語: I went on holiday to Spain last year.
日本語:(私は去年スペインに旅行に行きました。)
※「to go on holiday to ○○」(○○に旅行に行く)というフレーズは、とても役に立ちますので覚えておくと便利です!


イギリス英語:Ben’s on holiday today. He’ll be back at work tomorrow.
日本語:(ベンは今日休みです。彼は明日仕事に戻ります。)


イギリス英語: Monday is a Bank Holiday so I don’t have to go to school.
日本語:(月曜日は祭日ですから、私は学校に行かなくていい。)
※ イギリスの休日は「Bank Holiday」と言います。


「holiday」は一般的に名詞として使われていますが、動詞としても使う事が出来ます。



イギリス英語の「holiday」を使った例文



イギリス英語:My parents holiday in France every year.
日本語:(私の両親は毎年フランスに旅行に行く習慣があります。)


そして他にも「holiday」関連の単語があるので紹介したいと思います。


  • holidaymaker (休日を楽しむ行楽客)
  • holiday brochure (旅行パンフレット)
  • holiday camp (休暇村)
  • holiday home (別荘)


イギリス英語では、他にも「休み」という意味を表わす単語があります。例えば、イギリスの職場で働くと以下のような単語やフレーズを耳にするかもしれません。



イギリス英語としての使い方: annual leave (年休)


イギリス英語:I can take 20 days of annual leave each year.
日本語:(私は一年に20日間の年休をとる事が出来ます。)
※ 一般的にイギリス人は必ず全ての年休を消化します!私は日本に来日する以前の職場で、年間25日間の年休を必ず取っていました^^


イギリス英語としての使い方: day off (学校・仕事の休み)


イギリス英語では、病気などの理由で仕事を休む際に、「holiday」という単語は使いません。「holiday」という単語は、何となく楽しいイメージを想像する単語なので、病気で休みを取る場合に「take the day off」や「be off sick」などのフレーズを使います。


イギリス英語:I was off sick with the flu yesterday.
日本語:(私は昨日インフルエンザで休みました。)


イギリス英語:Dave has taken the day off. He’ll be back tomorrow.
日本語:(デイヴは今日休みです。彼は明日仕事に戻ります。)
※ この場合は休むという理由をはっきりと言っていませんが、病気という可能性が高いです。



アメリカ英語の「vacation」の使い方


アメリカ人は「vacation」と「holiday」という単語を両方使いますが、使う際のニュアンスが違ってきます。「vacation」という単語は「旅行、夏休み、学校や仕事の休み」という意味として使います。また「holiday」は、「祭日・祝日(特にクリスマスシーズン)」という意味として使います。



アメリカ英語の「vacation」を使った例文:



アメリカ英語:My brother went on vacation to Hawaii last year.
日本語:(私の弟は去年ハワイに旅行に行きました。)


アメリカ英語:I spent the summer vacation at home.
日本語:(私は夏休みを家で過ごしました。)


アメリカ英語:Halloween is my favorite holiday.
日本語:(ハロウィーンは私のお気に入りの祝日です。)
※ ハロウィーンの日は休日にはなりませんが、「holiday」と呼ばれています。


アメリカ英語:I love the holiday season!
日本語:(私はクリスマスシーズンが大好きです!)

※アメリカでは、クリスマス・お正月のシーズンはよく「holiday season」と呼ばれています。そして、アメリカにはユダヤ人(ユダヤ系)が多く、「ハヌカー」というユダヤの祝日も冬に行われますので、最近は「Merry Christmas!」という挨拶だけではなく、「Happy Holidays!」というフレーズが使われるようになりました。

この挨拶は、「ハヌカー」、「クリスマス」、「お正月」という全てのイベントをひっくるめて、相手の宗教を気にせずに使えるフレーズです。







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post