「blinder」と「blinding」というイギリス英語のスラングを紹介します!


イギリス英語のスラング「blinder」と「blinding」とはどんな意味なのでしょうか?



今回の記事では「イギリス人の日常会話でよく使われているスラング」を紹介してみたいと思います。一応「スラング」と呼びましたが、この単語は下品な感じではありませんし、誰でも使えるような単語です。

ただ「フォーマルな単語」ではなく「口語」という事もあり、殆どのイギリス英語の教材では紹介されていません。これから紹介する単語は「blinder」と、それに関連する「blinding」という二つの言葉です。



「blinder」と「blinding」というイギリス英語のスラングを紹介します!
「blinder」と「blinding」というイギリス英語のスラングを紹介します!


こちらの記事もお勧めです:




1. 「blinder」というイギリス英語のスラングはどういう意味?



「blinder」は”名詞”です。スポーツの話をする場合「blinder」は「素晴らしい(プレイ)」や「素晴らしいゴール」といった意味になります。他には、「素晴らしい(パフォーマンス・発表)」という意味としても使われています。

つまり、誰かの「優れた出来事・パフォーマンス・プレイを褒める」というような際に使う単語です。「to play a blinder」という表現はスポーツの話によく使われています。

アメリカ英語では「blinder」にもう一つ別の意味があります。それは「馬の目隠しをする革(馬の視野を制限するため道具)」という意味です。イギリス英語では「blinkers」と呼ばれます。


実際の例文1:


A:Did you see Messi’s goal?
(メッシーのゴールを見た?)


B:Yeah, it was an absolute blinder.
(見たよ。とても素晴らしかったね!)



実際の例文2:


A:Andy Murray won Wimbledon again! I was so pleased!
(アンディ・マレーはまたウィンブルドンで優勝したね! 私はとても嬉しかった!)


B:Yes, he played a blinder. His opponent was really strong.
(そうだよね!彼のプレーは凄かったですね。 相手はとても強かったのに。)




2. 「blinding」というイギリス英語のスラングはどういう意味?



「blinding」は”形容詞”です。「素晴らしい・見事な」という意味になります。これも上記に紹介した「blinder」と同じように「誰かのプレー、パフォーマンス、出来事などを褒める」という際に使う形容詞です。

やはり、これも「スポーツや音楽、演劇」などの話によく出てくる単語です。


実際の例文1:


A:Did you enjoy the concert last night?
(昨日のライブは楽しかった?)


B:Yes, the band played a blinding version of a Beatles classic.
(楽しかったよ。そのグループはビートルズの曲の素晴らしいバージョンを演奏した。)



実際の例文2:


A:Who won the match?
(試合はどっちのチームが勝った?)


B:It finished nil-nil but the United goalkeeper made some blinding saves.
(0対0で終わったけど、ユナイテッドのゴールキーパーは何回もスーパーセーブをしたよ。)




「Peaky Blinders」というイギリスのテレビドラマについて



イギリスのテレビドラマに詳しい人は「Peaky Blinders」というドラマをご存知だと思いますが、このドラマは20世紀の前半に活動していた「Peaky Blinders」というバーミングハムの有名なギャングの物語です。

そのギャングの名前には恐ろしい由来があります。「Peaky」はギャングメンバーの「peaked cap」(キャップの種類)から来ています。「Blinder」は「盲人」(blind)という単語から来ています。

ギャングメンバーはキャップの前に武器として剃刀を入れていたそうです。彼らはケンカの際に相手をヘッドバットし、その仕込んだ剃刀が相手の額を切るという目的で剃刀を帽子に仕込んでいたようです。

その切れた額から流れでた血で敵が一時的に「blind」(盲人)になりました。その恐ろしい戦い方から「Peaky Blinders」という名前が出来たそうです。 このドラマにはイケメンのトム・ハーディーとキリアン・マーフィーが出演しますのでお勧めです(笑)。
















   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post