「sorry」,「excuse me」,「pardon」の違いと微妙なニュアンスの違いについて解説します!


イギリス英語とアメリカ英語での「pardon」,「sorry」,「excuse me」のニュアンスの違いとは?



英語を独学で勉強しているとよく「このフレーズ・表現はネイティブはどのように使い分けているのか?」というような疑問が浮かぶ事があるのではないかと思います。

実は、そんな私も日本語を独学で勉強している時に、このような疑問が毎回のように登場してきました^^ そして私が日本人の生徒に英語を教えている際にもよく同じような質問を聞かれます。

例えば、今回のテーマである「pardon」、「sorry」、「excuse me」の使い方の違いについては気になっている方も多いはずです。実はこの3つには微妙な違いあります。そして、イギリス英語とアメリカ英語でのニュアンスの違いもあります。

そこで、今回の記事では、「pardon」、「sorry」、「excuse me」の使い分け、ニュアンスについて説明したいと思います。



「sorry」,「excuse me」,「pardon」の違いと微妙なニュアンスの違いについて解説します!
「sorry」,「excuse me」,「pardon」の違いと微妙なニュアンスの違いについて解説


こちらの記事もお勧めです:




1. Pardonの意味、ニュアンス、使い方



イギリス英語において「Pardon?」という単語は、相手の言っている事が聞き取れない場合に使われる単語です。

例えば、以下のような際



A: #$%”&?
(~~~?)※何と言っているのか聞き取れない。

B: Pardon?
  (え?何?)

A: I said, are you free tomorrow?
  (明日暇ですか?って聞いてたんだよ。)


実は「Pardon?」という単語は「イギリス人の社会階級」によって使われる事もあれば、使われない事もあるのです。


それはどういう事かというと、例えば、一般的にミドルクラスの子供達は親に「Don’t say “what?”, say “pardon”」(「What」ではなく「Pardon」という単語を使いなさい!)と言われています。

ですから、ミドルクラスの人達は相手の話が聞き取れない時に「What?」(何?)と言う表現は使いません。これは非常に失礼な言い方だと教えられているからです。

以上の事から一般のミドルクラスのイギリス人は「Pardon?」という単語を使います。


しかし、アッパークラス(上流階級)の人達は「Pardon?」という単語を使いません。その代わりに彼らは「What?」を使います。彼らにとっては「Pardon?」はミドルクラスの人が使う単語だと思われています。何か・・いやみな感じですね(笑)。

ところで私は・・・「Pardon?」と言う表現を使っています(笑)。


アメリカ英語でも「Pardon?」という表現は使われていると思いますが、聞き取れない時には一般的に「Excuse me?」や「Pardon me?」というフレーズも使われています。

しかし、イギリス英語において「Pardon me?」というフレーズは、自分が「ゲップやオナラ」をしてしまったような際に使う表現です(笑)。




2. Sorryの意味、ニュアンス、使い方



イギリスでは「Sorry」という単語は本当によく使われています。

例えば例をあげると・・・


  • 誰かにぶつかった際
  • 誰かにぶつかられた際(笑)
  • 誰かの話が聞き取れない際
等のシチュエーションでよく使われます^^


誰かに文句を言う際の例


例えばスーパーの店員に文句を言うような際

I’m sorry, but this bread is mouldy.
(すみませんが、このパンは腐っています・・・)


誰かにどいてほしい際


I’m sorry, could I get past?
(すみませんが通っていいですか?)


誰かに謝る際


I’m sorry for breaking your vase.
(あなたの花瓶を壊してしまって申し訳なかった。)


アメリカ人も勿論「Sorry」という単語をよく使いますが、使い方と使用頻度が異なります。

例えば、アメリカ人は相手の話が聞き取れない場合に「Sorry?」という単語を使う事もあると思いますが、一般的には「Excuse me?」や「Pardon me?」というフレーズの方がよく使われています。


そしてアメリカ人はイギリス人のように誰かにぶつかられた際に自分から謝る人が少ないと思います!自分のせいではないのに謝る事はとてもイギリス人らしい行動だと思います(笑)。

しかし、この事に関して言えばイギリス人は別にマナーが良いというわけではないと思います。イギリス人が謝る理由としては、多分ケンカにならないような行動を心掛けているからだと思います(笑)。


そしてアメリカ人は誰かに、その場所からどいてほしい時に「Excuse me」というフレーズをよく使うと思います。勿論、全てのフレーズはどこでも通じます。使い方の違いとしては使用頻度の違いによるものです。




3. Excuse meの意味、ニュアンス、使い方



「Excuse me」というフレーズは多くの意味とニュアンスがあります。例えば、イギリス英語ではこのようなシーンでよく使われています。


誰かに話しかける際


Excuse me, where is the library?
(すみません、図書館はどこにありますか?)


誰かにどいてほしい際


Excuse me, can I get past?
(すみません、通っていいですか?) ※イギリス英語ではこのような際、sorryもよく使われています。


その場所から退席する際


Excuse me, I will be back shortly. Please wait a moment.
(失礼します。ちょっと行ってきます。少々お待ちください。) ※これはビジネスシーンでよく使われています。



「sorry」,「excuse me」,「pardon」の使い分けのまとめ



以上をまとめると、イギリス英語とアメリカ英語では、両方とも上記のシーンでは「Excuse me」を使いますが、アメリカ人は相手の話を聞き取れない際にも「Excuse me?」を使います。この辺りが大きな違いだと思います。








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post