イギリス英語でよく使われている恋愛英語スラング・ナンパ英語スラングの紹介


イギリスでもっとよく使われる恋愛英語のスラングについて



イギリスの映画やテレビドラマを観ると、やはり多くのイギリス英語特有の俗語(スラング)の単語を耳にする事が多いと思います。スラングは特に若者の日常会話では非常によく使われています。

ですから、イギリス英語をマスターしたいと思っている方は、必ずと言っていい程イギリス英語のスラングを勉強する必要があると思います。

そしてイギリス人と国際恋愛中の方、将来的に国際恋愛を考えている方は是非、恋愛に関するスラングを覚えておいた方が良いかもしれません^^



そこで今回の記事は、イギリス英語のスラングの中でも「恋愛に関するスラング」をメインに紹介したいと思います。特にイギリスのロマンチックコメディーやラブストーリーの映画を観た場合、必ずと言っていい程これらの単語が出てくると思います。


イギリス英語でよく使われている恋愛英語スラング
イギリス英語でよく使われている恋愛英語スラング





イギリスの恋愛英語スラング: 1. chat up



chat up(ナンパの目的で話しかける)


私は以前の他の記事でこの句動詞について紹介しましたが、この「chat up」はイギリスの恋愛関係の会話では非常によく使われています。ですからもう一度改めて紹介しようと思いました。

ちなみにこのスラングはアメリカ英語では使われていません。アメリカ人は代わりに「pick up」という句動詞を使います。恋愛英語に関してもアメリカ英語とイギリス英語の違いは多いです。


参考記事:(イギリス人がよく使うボキャブラリー:「chat」という単語の使い方・意味・例文を紹介



例文:

イギリス英語: If you like that girl, why don’t you try chatting her up?
日本語: その子が好きなら話しかけてみたら?


その他にも、「Chat up line」(アメリカ英語:pick up line)という関連フレーズもあります。「Chat up line」とは、「ナンパ目的で相手に話しかける」際に使う決まり文句といった感じの意味になります。


殆どの女性は「chat up lines」が大嫌いです(笑)。この記事によると、約5%のイギリス人女性しか「chat up lines」が好きではないそうです。殆どのイギリス人女性は褒め言葉だけで良いと思っているようですね(笑)。

参考リンク:(Top 10 worst chat-up lines revealed – and most women prefer just a simple compliment anyway!




イギリスの恋愛英語スラング: 2. fancy



fancy(誰々の事が好き)


この単語も別の記事で紹介した事がありますが、「fancy」という動詞は「誰々の事が好き」という意味になります。少し子供っぽいスラングですが、イギリスのテレビドラマではよく使われていますので覚えておいた方が良いと思います!

参考記事:(イギリス英語でよく使われるfancyの意味と使い方について紹介


例えば、このイギリスの人気テレビコメディーにはよく出てきます。


The Inbetweeners


The Inbetweenersはイギリスの高校生のドラマです。詳しくは参考記事で紹介しています。
ドラマに登場するキャラクターのサイモンは自分の好きな女の子の話をしています。

参考記事:(イギリス英語の発音やスラング、ユーモアを吸収するにはイギリス映画が効果的





(パブに入ろうとしている・・・)


台詞:

サイモン: If we don’t get served, I will be humiliated in front of the girl I have lusted after since she was eight.
日本語訳: (もしバーでお酒が買えなかったら、俺は8歳の時から好きだった女の子の前で恥をかくよ。)

ニール: You fancy eight-year-olds?
日本語訳: (え?8歳の子好きなの?)




イギリスの恋愛英語スラング: 3. fit



fit(セクシー)

このスラングはイギリス英語特有の表現です。女性に対しても男性に対しても使う事が出来ます。アメリカ英語では、「hot」や「sexy」という単語が使われています。この単語はイギリスの有名な歌のタイトルになりました。


The Streets – Fit But You Know It




例文:

イギリス: I think you are really fit.
日本語: 君は超セクシーだと思うよ。




イギリスの恋愛英語スラング: 4. get off



get off (ディープキスをする)


このスラングは少し子供っぽい言い方ですが、高校生や大学生達の間ではよく使われていますので、イギリスのスクールドラマやコメディー映画によく出てきます。アメリカ英語では「make out」というスラングになります。


例文:

イギリス英語: I got off with Mark at the club last night.
日本語: 私は昨日の夜クラブでマークとキスしたよ。



イギリスの恋愛英語スラング: 5. love bite



love bite(キスマーク)

このスラングもイギリス英語特有の表現です。アメリカ英語のスラングでは使われていません。アメリカ英語では「hickey」になります。イギリス英語でも「hickey」を使いますが、「love bite」というスラングの方が使われる頻度は高いと思います。


例文:

イギリス英語: My mum noticed the love bite on my neck. I’m in real trouble.
日本語: うちの母は私の首にあるキスマークに気が付いた。大変な事になった。




イギリスの恋愛英語スラング: 6. pull



pull(ナンパする)

この動詞はイギリスの若者の間ではよく使われています。意味としては「ナンパする」という意味になりますが、「ナンパして携帯の番号をゲットした」や、「ナンパしてキスが出来た」等のニュアンスも含まれています。

つまり「ナンパしようとした」だけではなく、ナンパにおいて「何かの結果が出た」という意味になります。

「to go on the pull」というフレーズは、「ナンパをしに行く」という意味になります。このフレーズも非常によく使われています。


例文:
 
イギリス英語: I pulled Carly on Saturday.
日本語: 私は土曜日にカーリーをナンパした(そして何かの結果が出た・・・)。

イギリス: Let’s stay away from that group of lads. They’re on the pull.
日本語: その男の子の団体から避けようよ。彼らはナンパしようとしているから。




イギリスの恋愛英語スラング: 7. snog



snog(ディープキスをする)

この動詞は上記で紹介した「get off」と同じ使い方です。意味としては「ディープキスをする」という意味になります。


イギリスのテレビでは、「Snog Marry Avoid」(キス・結婚する・避ける)というくだらない番組が放送されています。この番組はイギリスの派手なギャルを紹介して、彼女達を自然な美人に戻そうと試みる番組です(笑)。

イギリス人の男性は、この派手なギャル達を「snog」するのか、「marry」するか、「avoid」するか決めなければなりません。面白い番組なのでとてもお勧めです(笑)。イギリスのイメージが変わってしまうかもしれませんね・・・(汗)


「Snog Marry Avoid」





例文:

イギリス英語: Have you ever snogged Luke?
日本語: あなたはルークとキスした事ある?




イギリスの恋愛英語スラング: 8. talent



talent(セクシーな女性たち・イケメンたち)


この単語は具体的に、「ナンパをしに行く時」という際に使うスラングです。これは不可算名詞なので、一人の美人やイケメンに対して使う単語ではありません。以下で例を紹介します。


例文:

イギリス英語: There’s a lot of talent in this club tonight.
日本語: 今夜、このクラブには多くの美人がいるよなぁ。

イギリス英語: Look at the talent over there!
日本語: あそこのイケメン見て!




恋愛英語を学びたい方にお勧めの教材



国際恋愛を成功させる為には、英語の知識もさる事ながら”お互いの国のカルチャーや考え方”を理解する事が非常に重要だと思っています。

そして相手の国のカルチャーが理解出来るようになると、おのずと相手への理解も深まり、同時に愛情も深まっていくのではないかと思っています。

そのような経緯からこの教材では、「恋愛英語」+「英語圏の国の恋愛カルチャー」+「恋愛マナー・考え方」のアングルから教材を制作しています。

使われている英語表現のニュアンスは、マスターランゲージのライター達がしっかりと制作、編集しているので気持ちの部分、ニュアンスまでしっかりと的確に相手に通じます。

ニュアンスがしっかり伝われれば、外国語で自分の気持ちを的確に表現する事が可能になります。そういった部分まで配慮して作り上げられた本格的な恋愛英語フレーズ集です。
教材に興味がある方は以下のページで紹介されています。


   外国人と国際恋愛する為の恋愛英語教材:Love Talk Master(ラブ・トークマスター)









   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post