イギリス英語

イギリス英語でよく使う「fancy」の意味と使い方を紹介します!

イギリス英語でよく使う「fancy」の意味と使い方を紹介します!

イギリス人が日常会話でよく使う「fancy」とはどんな意味なのでしょうか?



今回もイギリス人の日常会話でよく使われる単語について紹介していきたいと思います。イギリス英語の中には単語だけで見ると、同じスペルなのにアメリカ英語の意味と全く反対の意味になってしまう単語がよくあります。

アメリカに留学していた方やアメリカに住んでいた方がイギリス人とコミュニケーションを取る際によく誤解しまうポイントの1つですね^^

その他にもアメリカで普段使われている少しフランクな表現は、イギリスで使うと少し失礼になるような表現もあります。特にレストランやお店等で使う表現等も、イギリス英語の場合はさらに丁寧な表現を使って話す事が多いです。

この辺りのアメリカ英語とイギリス英語の違いについては他の記事でも紹介していますので、興味がある方は是非ご覧下さいね。

イギリス人は日常的に「fancy」という単語をよく使います。「fancy」という単語は「イギリス英語のみ使われている」というわけではありませんが、特にイギリス英語っぽい使い方は多いです。

今回は、「fancy」という単語にフォーカスして色々な使い方を紹介したいと思います。イギリス英語の使い方は勿論、英語圏各国で使われている表現についても紹介したいと思います。

「fancy」という単語は、動詞、名詞、形容詞としても使う事が出来ますが、イギリス英語特有の使い方としては動詞として使う場合が多いです。


イギリス英語でよく使う「fancy」の意味と使い方を紹介します!イギリス英語でよく使う「fancy」の意味と使い方を紹介します!

こちらの記事もお勧めです:





イギリス英語において動詞としてのfancyの意味と使い方



fancyを動詞として使う場合「~が欲しい」という意味になります。そして人に対して使う場合、「誰々が好き」という恋愛感情を表す際に使う時があります。


実際の例文:


例文:~が欲しい

I fancy a biscuit.
(私はクッキーが食べたいなぁ)


Do you fancy a cup of tea?
(お茶でも飲みませんか?)



実際の例文:


例文:~の事が好き


My brother fancies that girl.
(私の弟は、あの子の事が好きです。)


He fancies you!
(彼はあなたの事が好きだよ!)


I don’t fancy anyone at the moment.
(私は今、好きな人はいません。)




その他の「fancy」の使い方



これ以外の使い方として「fancy ~self」という表現を使う事もあります。意味としては「自惚れ」や「気取る」というニュアンスが含まれた意味になります。


実際の例文:


例文:自惚れる

He really fancies himself as singer.
(彼は歌手気取りだね。)


She fancies herself as an artist.
(彼女は芸術家だと自惚れている。)




イギリス英語において形容詞としてのfancyの意味と使い方



「fancy dress」という表現は、別にイギリス英語に限った表現ではありませんが、アメリカ人には通じないと思います。イギリス英語で「fancy dress」という意味は「コスプレ」という意味になります。

ですから、イギリスで行われる「fancy dress party」というイベントに誘われた際にはコスプレイを着てパーティーに行くべきでしょう^^

しかし、アメリカでは「fancy dress party」という表現は使われませんので、この意味は通じません。

もしアメリカ人に向かって「fancy dress party」という表現を使った場合には、彼らは意味を間違えて、一番綺麗なパーティーファッションでパーティー来てしまうと思います(笑)。 

アメリカ英語で「fancy」は「お洒落」というニュアンスを表現する言葉になります。


実際の例文:


What are you wearing to the fancy dress party?
(あなたはコスプレイパーティーで何を着るつもりですか?)


I have been invited to a fancy dress party.
(私はコスプレイパーティーに誘われています。)




イギリス人が日常会話でよく使う口語・スラング・罵り言葉を学べるおススメ教材



イギリス人は日常的な会話で、とても多くのスラングやイギリス英語特有の単語を使います。

以上の理由から、イギリス英語を勉強して習得したいと思っているイギリス英語学習者の方はこういった「イギリス人特有の口語」を覚えた方がイギリス英語の理解も深まります。

この「British English “kougo” Master」という教材では、そういったイギリス人がよく使う口語やスラング、罵り言葉等をまとめた教材になっています。

この教材を読みながら音声を使ってイギリス英語を勉強していけば、イギリス映画やイギリスのテレビドラマ、イギリス人の作家によって書かれた小説などの理解も深まるはずです。

イギリスカルチャーの好きな方にとっては役に立つ教材になると思います。



  「British English “kougo” Master」の詳細をみてみる


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら