イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーの違い:「pants」 vs 「trousers」


「Pants」を使った最も有名なイディオム紹介:イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーの違いについて



今回の記事は、もう当サイトで御馴染みのシリーズとなりました「イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーの違い」について紹介していきたいと思います。

そして今回は「pants」と「trousers」という単語をテーマに話していきたいと思います^^

「Pants」という単語は洋服の話をする際によく使われていますし、多くのスラングとイディオムにも使われている事から、イギリス英語とアメリカ英語での使い方をしっかりと理解しておいた方がいいと思います^^


「Pants」という単語はイギリスのドラマや映画、コメディー番組によく出てきますので、意外と役に立つ単語です!イギリス英語とアメリカ英語の「pants」という単語の使い方の違いについてはよく知られていると思います。

双方の主な使い方の違いはこのような感じです。



単語: pants


イギリス英語の意味:(主に男性用の)下着
アメリカ英語の意味:ズボン



これらの単語の使い方を間違えたら、少し恥ずかしいシチュエーションになる可能性があります!例えば、イギリスに行って、友達とファッションの話をしていて「Nice pants!」という褒め言葉を言った場合、その友達は困るかもしれません!

何故なら、アメリカ英語では「Nice pants!」は「素敵なズボンですね!」になりますが、イギリス英語では「素敵な下着ですね!」になります。危ないですね(笑)。


しかし、イギリスでも地方によっては「pants」は「ズボン」という意味になる場合もあります。例えば、イギリスの東北(ニューカッスル等)では、「pants」は「ズボン」という意味にもなります。


殆どのイギリス人にとっては、「pants」=「男性用の下着」です。イギリス英語では、「ズボン」は「trousers」になります。男性用のズボンと女性用のズボンは両方とも「trousers」になります。アメリカ英語では「pants」になります。


「Pants」と「trousers」という単語は両方とも「複数形」として使います。例えば、「このズボン」と言う場合「These trousers」や「These pants」になります。

「This trousers」はNGです。複数形になった理由はハッキリとは分かりませんが、多分「二本の足」が付いているというイメージからきているんだと思います。

ズボンを数える際に「one pair of pants/trousers」や「two pairs of pants/trousers」になります。「one trousers」などとは言いません。NGな言い方です。



イギリスでは、「pants」はもう一つのスラング的な使い方があります。イギリス英語のスラングでは、「pants」は「ダメ」や「ダサい」や「へたくそ」というネガティブな意味もあります。

例文:

イギリス英語: This movie was pants.
日本語: この映画は面白くなかったよ。

イギリス英語: I’m pants at football.
日本語: 私はサッカーがへたくそだ。


「Pants」というスラングは下品な表現ではないので何処でも使えます。逆に少し子供っぽい表現です。もう一つの言い方は「pile of pants」(直訳:パンツの積み重ね)です。これは「pants」と同じ意味になります。


例文:
イギリス英語: This movie was a pile of pants.
日本語: この映画は全然面白くなかった。

これ以外にも「Pants」関係の表現とイディオムが多くあります。以下に「Pants」を使った最も有名なイディオムを紹介していきます。


「Pants」を使った最も有名なイディオム紹介
「Pants」を使った最も有名なイディオム紹介


参考記事:




「Pants」を使った最も有名なイディオム: 1. to scare the pants off someone




to scare the pants off someone (誰かを酷く怖がらせる・何かが凄く怖い)



このイディオムはイギリス英語とアメリカ英語で使われています。


例文:

英語: That horror movie scared the pants off me.
日本語: あのホラー映画はめっちゃ怖かった。




「Pants」を使った最も有名なイディオム: 2. to bore the pants off someone




to bore the pants off someone (誰かを酷く退屈させる・何かが凄く退屈)



これもイギリス英語とアメリカ英語で使われているイディオムです。


例文:

英語: Maths bores the pants off me.
日本語: 数学は凄くつまらないです。




「Pants」を使った最も有名なイディオム: 3. to wear the pants(米)/trousers(英)




to wear the pants(米)/trousers(英)(妻が夫を尻に敷く ・夫婦の中で奥さんの方が強い)



このイディオムはイギリスとアメリカの両方で使われている表現ですが、イギリス英語の場合「trousers」という言い方になり、アメリカ英語の場合「pants」になります。

日本語でいう「妻が夫を尻に敷く」という意味になります。つまり、「家庭・夫婦の中で奥さんの方が強い(奥さんがボス!)」というニュアンスの表現です。


例文:
 
イギリス英語: My wife wears the trousers in our house.
アメリカ英語: My wife wears the pants in our house.
日本語: うちの家庭では妻の方が強いです。








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post