病院に行った際に使う英語:「お腹」,「お腹が痛い」,「下痢しそう」,「生理痛」の等を英語で言う場合


病院に行った際に使う英語:「お腹」,「お腹が痛い」,「下痢しそう」,「生理痛」の英語の表現紹介



前回の記事では、「hurt」、「pain」、「ache」、「sore」等の病院に行った際に使える英単語、表現を紹介しました。そこで今回の記事では「お腹」、「お腹に関する様々な痛み」についても紹介していきたいと思います。


前回の記事:「病院に行った際に使う英語・医者と英語で話す際に使う表現:「hurt」、「pain」、「ache」、「sore」の使い方と意味


実はこの記事も、当サイトの読者の方から頂いた質問が元になっています^^。

質問:

「お腹が痛い」ってよく日本語で言うと思うんですけど、stomach acheだとなんか違う気がするんです。「胃が痛い」のではなくて、下痢しそうとか、生理痛で、とか、そういう時の「お腹」ってなんて言ったらいいんでしょうか?下腹というか、腸がある方っていうか、それも含めてstomachなんでしょうか?」




病院に行った際に使う英語表現
病院に行った際に使う英語表現


おすすめ記事:




「お腹」は英語で何というのでしょうか?



先ずは「お腹」は英語で何というのでしょうか? 日本語の「お腹」という単語は、英語の「stomach」に相当します。つまり日常会話において結構広い意味があります。「Stomach」という単語は「胃から腸まで」のエリアが含まれています。


「stomach」という単語は正しい医学用語では「胃」や「胃袋」という意味になりますが、私のような一般の人が「stomach」という単語を使う際には「お腹」という意味として使っています。


この為、英語の「stomach ache」という表現は「お腹が痛い」という意味になります。しかし、お腹に関するそれぞれのパーツをもっと詳しく話したい場合、下記の単語は役に立つと思います。リンクを押すとイギリス英語の発音を聞く事が出来ます。




お腹の問題で病院に行ってそこで医者と話す際に「I have a stomach ache」(お腹が痛い)と言っても大丈夫です。医者はその後「Where does it hurt?」(どこが痛いですか)と聞いてくると思いますので、その後に診察を進めていく事が出来ると思います。




「お腹が痛い」は英語で何というのでしょうか?



日常会話では「stomach ache」は多くの問題を指す表現です。例えば「下痢しそう」や「生理痛」は全て「stomach ache」というカテゴリーに入っています。また「Stomach ache」は婉曲的な表現として使う事が出来ます。


例えば、下痢や生理痛で仕事を休ませて欲しいといった際には、デリカシーの問題から「stomach ache」と呼んでもいいでしょう。これについてはあまり細かく説明する必要がないと思いますが・・(笑)。


お腹の問題を家族や友達、医者などと話す際にさらに詳しく説明したい場合があると思います。その際に以下の単語は役に立つと思います。

  • diarrhoea(米語:diarrhea)(下痢)「医学用語・一般用語」
  • the runs(下痢)「スラング・一般用語・子供と話す際に使うような表現」
  • period(生理)
  • period pains(生理痛)
  • cramps(生理痛・腸が痛い感じ)


それでは、例文を通して使い方を紹介していきます。


例文:


I had diarrhoea yesterday.
私は昨日下痢をした。


My son has the runs.
私の息子は下痢をしている。

I’m on my period.
私は生理中です。


I’ve got period pains.
私は生理痛がある。


I had bad cramps yesterday.
私は昨日酷い生理痛があった。


「下痢しそう」な場合は、これらのフレーズを使います。

例文:

I’ve got bad stomach ache. I think it’s diarrhoea.
私は酷い腹痛がある。下痢だと思う。

I’ve got stomach cramps. It feels like diarrhoea.
私はお腹が痛い。下痢しそうです。


※ところで病院の話とは関係ありませんが、「verbal diarrhoea」というイディオム的なフレーズがあります。これは「おしゃべり病」という意味になります(笑)。


She’s got verbal diarrhoea.
彼女はおしゃべり病だね。






   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ  

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^






Share This Post