イギリス英語とアメリカ英語の文法の違い:shallとwillの使い方について


イギリス英語とアメリカ英語を比べた際の文法の違いについて



イギリス英語とアメリカ英語の文法の違い
イギリス英語とアメリカ英語の文法の違い



イギリス英語とアメリカ英語を比べた際、ボキャブラリーの違い、単語の違いはとても多いです。しかし文法の違いに関しては比較的少ないんです。私が英語を教えているクラスの生徒にも、イギリス英語とアメリカ英語の文法の違いについて質問される事が多いので、今回はその文法の違いについて最も質問が多い、未来形のshallとwillの使い方について紹介してみたいと思います。

ちなみに日本では中学校の2年生の時に未来形を勉強しますよね^^。その時にwillの使い方が紹介されます。

参考記事:



イギリス英語とアメリカ英語においてshallとwillの使い方の違い



中学校で勉強するアメリカ英語の例文:

When will you go to New York?
(あなたはいつニューヨークに行くつもりですか?)


I will go to New York next year.
(私は来年ニューヨークに行くつもりです。)


I won’t go to school tomorrow.
(私は明日学校に行きません。)
※(will not → won’t)



しかしイギリス英語の正式な文法ルールでは一人称(I, We)の場合は「will」ではなく「shall」が正しい使い方になります。


例としてイギリス英語では以下のような文法になります。

I will go to Japan next year. (間違え)
I shall go to Japan next year. (正しい)
(私は来年日本に行くつもりです。)


We won’t play tennis tomorrow. (間違え)
We shan’t play tennis tomorrow. (正しい)
(私たちは明日テニスをしません。)
※(shall not → shan’t)


一方アメリカ英語では、どの場合でも「will」が使われます。
イギリス英語の場合「shall」を使う方が適切です。しかし近年、イギリスでも若者の間では「will」が使われる事が多くなりました。

イギリスの学校の授業では、正式な英語文法の授業はもうなくなりました。ですから若者の多くは正しい文法について理解していない人が多いと思います。ですが、中年・お年寄りの年代の人達は(私の両親と祖父母も含まれます)現在でも「shall」を使っています。

上記の例は未来形ですが、誰かに義務や決定・許可を伝える場合、「willとshall」の使い方は逆になります。




イギリス英語で義務や決定・許可を伝える場合



この文法は法律関係の書類や、規則を説明している書類でよく使われます。


You shall go to school tomorrow.
(あなたは(絶対)明日学校に行きなさい!)


I will not allow it!
(私はそれを絶対に許さない!)





「~しませんか?」、「~しましょうか?」のshall



イギリス英語でも、アメリカ英語の場合でも「Shall we ~?」や「Shall I ~?」というフレーズは「~しませんか?」か「~しましょうか」になります。


例文:

Shall I close the window?
(窓を閉めましょうか?)

Shall we dance?
(踊りませんか?)




ハリー・ポッターの米語翻訳



ハリー・ポッターは元々イギリス英語で書かれていました。ですから当然イギリス英語の単語や文法が使われています。
しかしこのままではアメリカ人の子供が理解出来ない為に、アメリカ向けとして英語から米語に翻訳されました。


これに伴う変更点としては殆どがボキャブラリーに関する点ですが、他にはイギリス英語の「shan’t」もアメリカン風に変更されて「won’t」になりました。Shan’tという省略はアメリカ英語ではとても珍しいんです。この点に注目してハリー・ポッターの米語翻訳版を読んでみると面白いかもしれません^^










   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post