勉強法

ジェレミーブレット演じる昔のシャーロックホームズでイギリス英語は勉強出来るのか?

ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズでイギリス英語は勉強出来るの?

少し前のイギリスのドラマは英語の勉強に良いのでしょうか?


Mair
Mair
皆さんこんにちは。今回の記事では読者の方から頂いた「ジェレミー・ブレット演じるシャーロック・ホームズでイギリス英語は学べるのか?」という質問にお答えしてみたいと思います。


今回のテーマになっているジェレミー・ブレットというイギリス人俳優は、1980年代に放送されていたシャーロック・ホームズのテレビシリーズに出演していた俳優です。後ほど詳しく紹介しますが、イギリス人でも世代によってシャーロックの好みは違うと思います。

それでは、実際に読者の方から頂いた実際の質問はこちらになります!



読者の方の質問:

はじめまして。

私は何故か子供の頃からイギリスに魅力を感じ、その頃から繰り返し観ても飽きないのが、ジェレミー・ブレットが演じている、シャーロックホームズです。

大人になったときの夢を叶え、ブルーレイも全て揃えました。ただ、イギリス英語を学ぶには歴史背景などが古く、あまり適切ではないのかな?と思うこともありますが、実際のところ、どうなのでしょうか。



先ずはご質問ありがとうございます。そして、当サイトをご覧頂きましてありがとうございます。

読者の方はジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズの大ファンなんですね! このドラマシリーズは1980年代の前半にイギリスのテレビで放送されていたので、実は私も子供の頃によくテレビで見ていました^^

そのため、私の心の中では、ジェレミー・ブレットが「ザ・シャーロック・ホームズ」になっています(笑)。

勿論、現代のベネディクト・カンバーバッチのシャーロックも大好きですが、このジェレミー・ブレットが演じるシャーロックは私にとって初めてのシャーロックホームズでした^^

それでは、質問に答える前に今回のテーマである「ジェレミー・ブレットのシャーロック」をご存じない方も多いと思いますので少しだけ紹介してみたいと思います。



ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズについて


ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズについて

シャーロック・ホームズはとても人気の小説のキャラクターなので、過去に何度も映画化・ドラマシリーズ化されています。シャーロック・ホームズのファンは個人的な好みのテイスト、世代別によってもそれぞれ違うシャーロックの好みがあります。

現在のイギリス人の若者はシャーロックと言えば「ベネディクト・カンバーバッチ」が好きという人が多いと思いますが、私と同年代の人やもっと上の世代の方は「ジェレミー・ブレットのシャーロックが一番良い」と思っている人もいます。

そして、私の両親者や祖父母の世代では「ベイジル・ラスボーンのシャーロック」が一番だと考えています。実は私も彼の事が好きです^^

ところで、「Basil Rathbone」をカタカナにすると「ベイジル・ラスボーン」になってしまいますが、正しい発音は「バゼィル」です(笑)。これはおそらくですが、アメリカ英語の「basil」(ハーブのバジル)の発音から来たカタカナなのでしょうか?(笑)。

少し話がそれてしまったので元の話に戻りましょう。ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズは、イギリスのGranada Televisionというテレビ会社によって制作されたドラマシリーズです。

1984年に初めて放送されましたが、シリーズは1994年まで続きました。全部で9シリーズが作られています。その中に41個のエピソードがあります。

この作品のシャーロック・ホームズ役は、今回の質問にもなっているジェレミー・ブレットというイギリス人俳優が演じています。ワトソン役は当初「デイヴィッド・バーク」という俳優によって演じられていましたが、途中で「エドワード・ハードウィック」という俳優に代わました。

このドラマの舞台はビクトリア時代なので、キャラクターの洋服や家の中のテイストはその時代を象徴する物です。そして、キャラクターの話し方はその時代の話し方に合わせています。

つまり、現代的なスラングやボキャブラリーは全く出てきません。シャーロックやドクター・ワトソンなどのキャラクターは「かなり正しい硬いRPのアクセント」で話しています。



このシリーズは作家のアーサー・コナン・ドイルの元の小説に最も似ているのではないかと考えられています。






ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズに出てくるイギリス英語


ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズに出てくるイギリス英語

以前にも話した事がありますが、このドラマの舞台はビクトリア時代なので、現代のスラングやイディオム、特有の単語はまったく出てきません。そして、ホームズとワトソンが話すイギリス英語のアクセントは現在のイギリス人が使うアクセントではありません

彼らはとても硬い昔のRPアクセントで話します。こういったアクセントは現在のイギリスでは「アッパークラスのお年寄り」しか使っていません。

ですから、エリザベス女王よりも「ポッシュなアクセント」だと思います。そのため、イギリス英語のスピーキング・リスニングのためにはあまり良い例にはならないと思います。

しかし、イギリス英語のボキャブラリーを覚えたいという理由なら、このシャーロック・ホームズでも良いと思います。レベル的には「中級から上級レベル」くらいのボキャブラリーを学びたいという方なら、このシャーロックを見て覚える事ができると思います。

シャーロック・ホームズは色々な難しい単語を使いますので、イギリス英語の初心者には難しい単語が多いです。ですから、そういった少し難しいボキャブラリーを覚えたい方には勉強になると思います。

最終的には「自分のニーズや目標を考えながら英語教材を使ったた方が良い」というのが私の個人的な意見です。また多くの外国語を習得した成功者達もそう考えています。

例えば、英語で日常会話が出来るようになる事が目標であれば、シャーロック・ホームズ等はそれを達成する為に向いていません。

逆に軽いラブストーリーや日常的なドラマの方が、会話表現、英語チャンクを覚える事に役立つと思います。

しかし、TOEICや英検といった英語試験対策を行うためには「ボキャブラリーをレベルアップさせる」という必要があると思いますので、そういった方であればシャーロック・ホームズを教材として使っても大丈夫だと思います。

ゼロから英会話のために文法などをブラッシュアップしたいなら、私が作った「English Reboot」という英会話メソッド系教材はお勧めです。この教材はベーシックな文法パターンをしっかりと勉強出来るので、英語のインプットとアウトプットが両方とも練習出来ます。

English Reboot

English_Rebootの詳細


どうしてもシャーロック・ホームズを使ってイギリス英語を勉強したいという方の場合、出来ればベネディクト・カンバーバッチが演じるモダンなシャーロックの方が良いかもしれません。

この現代版シャーロックの舞台は現代のロンドンなので、もう少し今風のイギリス英語を話しています。これであればイギリス英語の勉強にも役立つはずです。



それでは以上になります。頂いた質問にちゃんと答えられたでしょうか^^。他にもこんな事が知りたいという質問があれば、是非ご連絡くださいね! イギリス英語の勉強を頑張ってくださいね^^

イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら