イギリス英語

batshit、apeshit、bullshit、dogshit等 「動物+shit」の意味の違いとは?

batshit、apeshit、bullshit、horseshit、dogshit等 「動物+shit」の意味の違いとは?

shitが含まる様々な単語の意味と使い方、動物+shitの表現


Mairi
Mairi
今回の記事では「batshit、apeshit、bullshitの意味と使い方」をご紹介しながら「動物+shit」という言葉を紹介したいと思います。


今回の記事で扱う「shit」という言葉は日本語では「糞・クソ」などの意味になります。非常に下品な単語になってしまうのですが(笑)、ハリウッド映画や英語圏のテレビドラマなどをみているとよく使われています。

そして、英語ネイティブは友達とカジュアルな会話をする際にこの単語を使いますので、日本人の英語学習者も使い方だけは覚えておいた方が良いと思います。かなり下品な罵り言葉なので、多くの場合、この単語は日常会話で使うとかなり下品なので、使えないシーンが多いです。




shitの意味と言葉の由来とは?



こ「shit」という単語は古英語が由来です。つまり、数百年前から使われている単語です。この単語はゲルマン語が由来になっていますので、現在のドイツ語、オランダ語などの言語では、これと似た単語を使っています。例えば、ドイツ語では「Scheisse」になり、オランダ語で「schijt」という言い方になります。

元々は下品な単語ではなかったようです。その昔は単純に「下痢」という意味で使われていました。しかし、現在では「shit」は下品な罵り言葉として使われています。

日常会話で使う「shit」には色々な意味があります。例えば「ふん」、「悪い事」、「質の悪いもの・こと」、「ちくしょう!」といったニュアンスがあります。しかし、この記事で紹介する使い方は「動物+shit」というパターンになります。

「batshit」、「apeshit」、「bullshit」、「dogshit」という5つのスラングは一見すると同じような意味にみえそうですが、同じshitがつく単語でも、動物の種類によって意味がだいぶ変わります(笑)。まずは「batshit」という単語から紹介したいと思います。



batshitの意味と使い方


batshitの意味と使い方
batという単語は皆さんもご存じだと思いますが「コウモリ」という意味になります。しかし「shit」と一緒に使うと「クレイジー」や「狂っている」という意味になります。「コウモリ=狂っている」と何故なるのか詳しい理由は分かりませんが、「batty」という単語も「狂っている」という意味になります。

ちなみに「batshit」は様々なパターンで使われます。例えば「to go batshit」や「be batshit」というパターンは最もよく使われていると思います。
それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。


batshitの使い方の例文



A: What do you think about Alice? She’s a bit strange isn’t she?
(アリスはどう思いますか。少し変な人ですよね。)

B: Alice is absolutely batshit crazy. You know she’s a member of a cult?
(アリスは完全にくるっている人ですよ。カルトのメンバーだと知っているでしょう?)



A: Poor Mike has changed since his divorce, hasn’t he?
(可哀そうなマイクは離婚してから性格が変わったね。)

B: Yeah, the poor bloke went batshit. He won’t leave the house at all.
(そうだよね。その可哀そうな奴は狂ってしまった。彼は全く家を出ないし。)





apeshitの意味と使い方


「ape」は「類人猿」という意味になります。これに「shit」を付け「apeshit」という単語になると「とても怒る」という意味になります。つまり、「激怒する」という意味になるスラングです。主に「to go apeshit」というパターンで使われています。

もし「apeshit」が下品過ぎると思っている場合「to go ape」という言い方でもオッケーです^^。これも同じ意味ですが、罵り言葉の「shit」を避けて使えますね(笑)。



apeshitの使い方の例文



A: I borrowed my friend’s car and broke the wing mirror. What should I do?
(私は友達の車を借りてウィングミラーを壊しちゃった。どうしよう?)

B: If he’s the sort that will go apeshit, I’d just pay to get it fixed straight away.
(彼が激怒するタイプ人だったら、すぐにお金を出して直してもらった方がいいと思う。)



A: I just saw Karen’s boyfriend kissing another woman. Should I tell her?
(私は今、カレンの彼氏が別の女とキスしているところを見たんだよ。カレンに言った方がいいかな。)

B: You probably should tell her, but be careful. She will probably go apeshit.
(言った方がいいかもしれないけど気を付けてね。彼女はめっちゃくちゃ怒ると思うよ。)





bullshitの意味と使い方


もう一つ役立つスラングとしてご紹介したいのが「bullshit」という言い方です。これは名詞だけではなく動詞として使う事もできます。「bull」は「牡牛」という意味になります。この単語は「」や「嘘をつく」という意味になります。「嘘つき(嘘をつく人)」は「bullshitter」といいます。

「apeshit」と同様に「shit」を抜いて使う事ができます。例えば「that’s bull」という表現があります。これは「それは嘘だ」という意味になります。動詞として使う場合には必ず「shit」を付ける必要があります。それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう。



bullshitの使い方の例文



A: Has Jim found a job yet?
(ジムはもう新しい仕事を見つけたの?)

B: No, apparently, he’s still looking. I think it’s bullshit though. He seems to be lying in bed all day watching TV.
(いや、まだ探している最中だって。それは嘘だと思うけど。彼は一日中ベッドにごろごろしてテレビを観ているだけみたい。)



A: Have you seen Mary’s Instagram photos? Her house looks so tidy.
(メアリーのインスタ写真を見た? 彼女のおうちはすごく綺麗に見えるね。)

B: It’s all bullshit. I went round to her house yesterday and it was a complete mess. Children’s toys everywhere!
(全部うそだよ。昨日メアリーの家に寄ったけど、あちこち物が散らかっていた。子供のおもちゃだらけだったよ!)





dogshitの意味と使い方


最後は「dogshit」というスラングです。この単語は今日紹介した単語の中で最も下品な言い方になりますので、扱いには気をつけましょう(笑)。

イギリス英語のスラングで「dogshit」は「質が悪い」や、「下手くそ」というニュアンスの表現です。主に男性が使う表現だと思います。

特にイギリス人のサッカーファンがサッカー選手について話す際によく耳にする表現です(笑)。このスラングは省略できませんので「shit」という下品な言葉を使いたくないという方は「rubbish」という単語を使った方が良いと思います。意味は同じです。それでは実際の使われ方を例文でみてみましょう。


dogshitの使い方の例文



A: What do you think of City’s new defender?
(シティの新しいディフェンダーはどう思いますか。)

B: He’s dogshit. I don’t know why they paid so much for him.
(彼はへたくそだよ。何でシティが彼を買うためにそんな高額な費用を払ったのかまったく理解できない。)



A: You’ve got an exercise tracker on your wrist! I was thinking of buying one online.
(手首にエクササイズトラッカーを付けているね。私もオンラインで買おうかなと考えていたんだ。)

B: This one is great, but be careful. Some of the ones sold online are absolute dogshit. You get what you pay for.
(これはすごくいいけど気を付けて。オンラインで販売しているデバイスは質が悪いやつも沢山ある。安い買い物では高いクオリティを期待しちゃいけない。)





まとめ:「動物+shit」という英語スラングて


今回の内容をまとめると「動物+shit」というパターンはネイティブの日常会話で比較的よく多用されています。


  • batshit = crazy
  • apeshit = angry
  • bullshit = lie
  • dogshit = bad quality



しかし、これらは、とても下品なスラングなので扱い方には気を付けたましょう。自分は使わないと思っていても、英語ネイティブはよく使いますので、意味だけは理解しておくべきだと思います。

他にも気になる英語スラングがあれば、是非ご連絡くださいね。お問い合わせページからの質問、Facebookからのご連絡お待ちしております。

イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュマスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
➡ 教材の詳細