イギリス英語

イギリス英語のスラングとアメリカ英語に関するあまりにも大きな違いとトンデモないニュース記事について

イギリス英語のスラングとアメリカ英語に関するあまりにも大きな違い

イギリス英語のスラングがアメリカの新聞でとんでもない内容として掲載されていた件



このニュースは少し古い(一年以上!)ニュース記事になりますが、とても面白い内容だと思ったので、記事にしてみようと思いました。

これは私が最近イギリス英語のスラングとアメリカ英語に関係について情報を探している際に発見したものです。


今回紹介するニュース記事は、イギリス英語とアメリカ英語の違いを上手に表現する・・もはや事件的な記事なんです。(笑)。

それでは今からその理由をご紹介したいと思います。


私はバスケットボール(NBA)のファンではありませんので、この新聞の見出しをはじめて見たんですが・・・。

この見出しを見た際に、あまりにもトンデモない事が書いてあったのでビックリして笑ってしまいました^^


その内容は、一年前にアメリカ人のジェレミー・リン(Jeremy Lin)というバスケットボールの選手が、素晴らしいプレイか、何かを行いました。

そして彼の写真はニュー・ヨーク・タイムズという新聞に掲載されました。彼の写真の上には、「Lin Tops Himself」というヘッドラインが書かれていました。


イギリス英語のスラングとアメリカ英語に関するあまりにも大きな違いイギリス英語のスラングとアメリカ英語に関するあまりにも大きな違い




イギリス英語のスラングとアメリア英語の誤解の真意



アメリカ人の読者にとっては、別にこれは変な表現ではありません。「to top oneself」という動詞は、「自己最高記録を更新する(遂げる)」という意味です。

しかしイギリス人にとっては、この見出しのキャッチコピーは非常に恐ろしい意味になります。
イギリス英語スラングでは「to top oneself」は、「自殺をする」という意味になります!

びっくりしますよね!?^^

そしてイギリス英語において、このアメリカ英語の表現(自己最高記録をゲット!)というニュアンスは全く違う意味になりますので、この見出しを見たイギリス人は「バスケットボール選手のジェレミー・リン(Jeremy Lin)選手が死んだ」という意味にしか、とらえられないんですね!


※注意:ジェレミー・リン(Jeremy Lin)選手は当然まだ元気ですし、バスケ選手として活躍しています(笑)


以下のURLに実際の新聞の写真はこのページに載っています!(笑)
時間がある方は一度ご覧になってみるといいと思います^^

↓↓

http://separatedbyacommonlanguage.blogspot.co.uk/search?updated-max=2013-02-25T22:55:00Z&max-results=20&reverse-paginate=true


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら