カルチャー

イギリス祭りの完全版:凄く変わったイギリスの祭りTOP10

シュローヴタイド・フットボール

イギリスで昔から行われているイギリスの祭りTOP10



今回はイギリスのカルチャー紹介として「イギリス祭り」というテーマで凄く変わったイギリスの祭りTOP10を紹介してみたいと思います。

日本では、お祭り好きの人がとても多いと思います。地元のお祭りや地方で行われる一風変わったお祭りなど。これらのお祭りを目当てに県外から多くの観光客が押し寄せる人気のお祭りも多くありますよね。


そして、日本に住んでいる外国人も日本各地で行われているお祭りに、とても興味を持っている人も大勢います。

彼らにとって、日本のお祭りはエキサイティングで食べ物が美味しく、その土地の地元の歴史を感じる事が出来るとても貴重な体験なのです。

それに日本では、かなり変わっているお祭りが沢山有る事も世界の外国人は知っていますので、これらを目当てに遊びに来ている外国人観光客も多いです。


そのユニークな祭りといえば、泣き相撲お祭りや、裸祭り、北海道の臍祭りなどのユニークなお祭りがあげられると思います。

代わって私の国イギリスでも、かなりユニークなお祭りが沢山あります。これから紹介するお祭りは、イギリスの文化と歴史、イギリスの地方都市の地元の文化を代表しているお祭りです。

もし、みなさんがイギリス観光に行った際には、是非、これらのユニークなお祭りに参加したり、見学しに行ったりしてみると面白いかもしれませんね!




イギリスの祭り 第1位:チーズ転がし祭り


チーズ転がし祭りチーズ転がし祭り


チーズ転がし祭りチーズ転がし祭り


このお祭りは、世界的に知られた有名な祭りです。チーズ転がし祭りは毎年、イギリスのグロスター州で行われています。

元々、グロスター州の地元だけのお祭りでしたが、現在では、世界中のチーズ転がしファンが参加しているビックなイベントになりました(笑)。


このお祭りの内容は至ってシンプルです。険しい坂の上から、丸いチーズが転がされます。そして参加者はチーズを追いかけます(笑)。

祭りのコンセプトはシンプルですが、このイベントはとても危ないんです!毎年ケガ人が続出する程の乱暴なお祭りで入院する参加者も多いです。

しかし、チーズをキャッチした人はそのチーズをプレゼントされますので、参加する意義はあるでしょう^^ とても嬉しいですしね。 そして。きっとグロスター州のヒーローになれます!



チーズ転がし祭りの開催時期: 毎年の6月
チーズ転がし祭りのサイト: http://www.cheese-rolling.co.uk




イギリスの祭り 第2位:泥沼シュノーケルレース祭り


泥沼シュノーケルレース祭り泥沼シュノーケルレース祭り

このお祭りは、毎年8月にウェールズで行われています。参加者はシュノーケルを装着して、約30メートルの泥沼のコースを出来るだけ早く泳ぎきります。(笑)。コスプレをして参加する人が多いです^^。

毎年、100人以上の人達が参加しています。場所はウェールズですので、8月に開催されているお祭りですが、かなり寒いと思います!



泥沼シュノーケル祭りの開催時期: 毎年8月の祭日
泥沼シュノーケル祭りのサイト: http://www.usa.visitwales.com/server.php?show=ConWebDoc.12476




イギリスの祭り 第3位: ヨークシャー・プディング・ボート・レース


ヨークシャー・プディング・ボート・レースヨークシャー・プディング・ボート・レース


ヨークシャー・プディングとは、イングランドで生まれた家庭料理です。見た目はパンケーキのようなもので、一般的にローストビーフと一緒に食べる物です。

このヨークシャー・プディング・ボート・レースというお祭りは、その名の通り、ヨークシャー・プディングを使ったボートレースです(笑)。

通常のヨークシャー・プディングは小さく、5センチ程の大きさですが、この祭り専用に大型のヨークシャー・プディングが作られ、これを船にしてボートレースで競います(笑)。

参加者は巨大なプディングに乗って、川を渡る競走をします。プディングボートは卵、小麦粉と水しか入っていませんので、直ぐ溶けます(笑)。笑える祭りです^^


ヨークシャー・プディング・ボート・レース開催時期: 毎年6月
ヨークシャー・プディング・ボート・レースのサイト:http://www.yorkshirepudding.co.uk




イギリスの祭り 第4位: ガーニング世界大会


ガーニング世界大会ガーニング世界大会


「ガーニング」とは、「変な顔をする事」という意味です。このスポーツは、イギリスの伝統的なアクティビティーなんです(笑)。ガーニング世界大会は、カンブリア州のEgremont Crab Fairというエリアのお祭りです。

他にも、「パイプ・スモーキング大会」と「カンバーランド・レスリング」というイベントも同時に行われています。このガーニング祭りは、何と「1267年」から行われていますので、とても歴史の長いイベントです。

実は参加者も多いですが、一般的には歯のないおじいさんが優勝します(笑)。


ガーニング世界大会の開催時期: 毎年9月
ガーニング世界大会のサイト: http://www.egremontcrabfair.co.uk




イギリスの祭り 第5位: ブラック・プディングを投げる大会


ブラック・プディングを投げる大会ブラック・プディングを投げる大会


まずこの祭りを紹介する前の基礎知識として・・・「ブラック・プディング」とは、豚の血で作られたソーセージです。この大会の内容としては、参加者がヨークシャープディングをターゲットに、ブラック・プディングを投げつけます。

参加者は、合計で21個あるヨークシャー・プディングの的を目掛けて、ブラックプディングを投げます。一人3本までブラックプディングを投げる事が出来ます。

一番数多くヨークシャー・プディングを倒した人が勝者になります。深い意味あるかどうか分かりませんが、楽しそうな祭りですね(笑)。



ブラック・プディングを投げる大会の開催時期: 毎年9月
ブラック・プディングを投げる大会の開催場所: Ramsbottom、Lancashire
ブラック・プディングを投げる大会の紹介サイト: http://manchesterwire.co.uk/#!/world-black-pudding-throwing-championships-ramsbottom




イギリスの祭り 第6位: マンゴールドを投げる大会


マンゴールドを投げる大会マンゴールドを投げる大会


「マンゴールド」とは野菜の一種です。このお祭りのルールは、まず参加者がカゴに入ります(笑)。

そして、カゴに入ったままマンゴールドを投げます。狙うターゲットもマンゴールドという、よく意味が不明なお祭りです(笑)。

ターゲットに一番近い人が優勝するというルールです。この祭りは、国際的にも有名なお祭りです。2012年は天候悪化の為、マンゴールドが収穫不足になり結局この大会は、中止になったようです(笑)。



マンゴールドを投げる大会の開催時期: 毎年10月
マンゴールドを投げる大会の開催場所: Sherston, Wiltshire
マンゴールドを投げるスポーツの専門サイト: http://www.mangoldhurling.co.uk




イギリスの祭り 第7位: カタツムリ競走の世界大会


カタツムリ競走世界大会カタツムリ競走世界大会


この祭りは、ノーフォーク州のコンガム村で行われています。場所はクリケット場で行われます。ルールは、クリケット球場敷いた布の上にカタツムリ置きます(笑)。

一番早くコースを走り抜けた(這ってくる?)カタツムリは、レタスのトロフィーがもらえます(笑)。人間のトレーナーには、バーベキューとパーティーが用意されます。^^



カタツムリ競走世界大会の開催時期: 毎年7月
カタツムリ競走世界大会のサイト: http://www.snailracing.net




イギリスの祭り 第8位:シュローヴタイド・フットボール


シュローヴタイド・フットボールシュローヴタイド・フットボール


このお祭りは17世紀から行われています。祭りのルーツは知られていませんが、ルールがとても簡単です。この「試合」は、豪渓2日間かかる戦いです(笑)。毎日、2時に始まり、夜の10時に終了するという長丁場の祭りです(笑)。

まず町の北の人と南の人の二つのチームに分かれます。ボールは、この双方のチームの人だかりの中にリリースされます。そして、ラグビーのようにボールを持ちながら、町の反対側まで行かなければなりません。

もし「ゴール」を取ったら、新しいボールがリリースされ、またゲームがスタートします。ゴールを決めた人は、お祝いとしてチームメートの肩の上に担がれてバー連れて行かれます^^。

チームメンバー数は限定されていませんので、大抵数百人の人々がこの祭りに参加します。



シュローヴタイド・フットボールの開催時期: 毎年2月
シュローヴタイド・フットボールのサイト: http://www.ashbourne-town.com/events/football.html




イギリスの祭り 第9位: 石炭運びレース世界大会


石炭運び世界大会石炭運び世界大会


このコンテストは、1963年からヨークシャー州のウェークフィールドで行われています。このエリアは炭鉱の町として有名でした。20世紀前半頃まで、このエリアに住む男性の大半は炭鉱関連の仕事をしていました。

この大会の参加者は約50キロもある石炭のバッグを担いで、1マイル(1.6キロメートル)のコースを走ります。凄まじい体力勝負のレースです(笑)。


石炭持ち運び世界大会の開催時期: 毎年4月
石炭持ち運び世界大会のサイト: http://www.gawthorpemaypole.org.uk




イギリスの祭り 第10位: コッツウォルズ・オリンピックス


コッツウォルズ・オリンピックスコッツウォルズ・オリンピックス


コッツウォルズというエリアは、日本人観光客にもとても人気のある観光スポットです。イギリスの豊かな自然を楽しむ事が出来ますし、可愛いらしいアンティークな旧家や庭園も多くあります。

このコッツウォルズで行われている一風変わったスポーツ祭りがこのコッツウォルズ・オリンピックスです。このコッツウォルズ・オリンピックスは普通のオリンピックではありません・・。

この祭りは地元の古いスポーツを中心に競技が行われます。例えば、「すね蹴り大会」のような競技(笑)など。すね蹴り大会の競技は、相手のすねを蹴って倒す事を競い合います・・。この変なオリンピックは歴史も古く17世紀から行われています。



コッツウォルズ・オリンピックスの開催時期:毎年5月
コッツウォルズ・オリンピックスのサイト: http://www.olimpickgames.co.uk





イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら