アメリカ英語は昔のイギリス英語に似ているのでしょうか? アメリカ英語の由来とは?


アメリカ英語の由来についての質問:イギリス英語とアメリカ英語の歴史的な関係を分析して紹介します!



皆さん、こんにちは。最近は少しづつ寒くなってきていますね。 風邪も流行っているので、体調管理には是非気をつけて下さいね^^

私は個人的に日本の秋の季節がとても大好きです。天気が良ければ温かいですし、スポーツするにも、ピクニックするにも気候的に丁度いいと思っています。


さて、今回の記事でも、読者の方から頂いた質問に答えてみたいと思います。今回の質問のテーマは、「アメリカ英語の由来」に関する質問です。

実は・・・私は「言語学のオタク」なので、今回頂いたテーマは大変興味深く面白いテーマだと思います(笑)。今回の記事を書くにあたって、色々な情報を調べながら読者の方の質問に答えてみました。

それでは、質問はこちらです:



読者の方の質問:



昔(30年前)、仕事でロンドンに2年間ほど駐在していたこともあり、懐かしくまた楽しく本サイトを拝読しております。

ところで質問です。学生のころ聞いた話ですが「アメリカ英語、特に発音はイギリスのある地方の英語に過ぎない」と云う事でしたが、これは事実でしょうか?

もちろんイギリスの清教徒がメイフラワー号でプリマスに入植したことは歴史の時間に習いました。それで当時の人々はイギリス英語を話していて、その後数百年に渡って変化をし今のアメリカ英語になったのでしょうか、

それとも私が聞いたようにアメリカ英語は実際にイギリスのある一部の英語(方言または訛り?)で、今でもイギリスのある地方ではアメリカ英語のような発音で英語を話しているのでしょうか?





先ずは、ご質問ありがとうございました。そして、当サイトを読んで頂きありがとうございます。

アメリカ英語の由来に関するテーマはとても面白い内容だと思います。多くの言語学者はこのテーマについて研究していますので、リサーチすると情報は沢山出てきます。


アメリカ英語は昔のイギリス英語に似ているのでしょうか? アメリカ英語の由来とは?
アメリカ英語は昔のイギリス英語に似ているのでしょうか? アメリカ英語の由来とは?


こちらの記事もお勧めです:




メイフラワーに乗ったピルグリム達が話していた英語とは?



現在、イギリス英語とアメリカ英語の最も大きな発音の違いは「r」の発音です。現代イギリス英語の殆どの地方方言では「r」が発音されません。

例えば、「car」は「カー」になって、最後の「r」が発音されません。しかし、アメリカ英語の殆どの地方方言では「カール」に近い発音になります。

つまり、最後の「r」がはっきりと発音されます。多くのアメリカ人が、現在「r」を発音する理由としては ”アメリカへ移籍した昔のイギリス人も「r」を発音していた”という事が理由になっています。


メイフラワーという船は1620年にイギリスのプリマスからアメリカへ向かいました。その船に乗っていた人たちは”当時のイギリス英語”を使って話していました。

当時のイギリス英語と現代のイギリス英語は大分違います。メイフラワーに乗っていた「ピルグリム」は「r」をはっきりと発音していました。そして、「r」の発音だけではなく、母音の発音も現在のイギリス英語やアメリカ英語と違います。

それ以外にも、ピルグリムたちが使っていたボキャブラリーや表現も現在のイギリス英語・アメリカ英語と違います。


今となっては私達、現代人はメイフラワーに乗ってアメリカへ向かったピルグリムたちの正確な発音は分かりません。何故なら、その頃の音声を正確に記録した情報はありません。

しかし、彼らがメイフラワーに乗ってアメリカへ向かった時代は、丁度シェイクスピアの時代でした。シェイクスピアにも同じ事が言えますが、勿論、彼の音声を記録したものは現在に当然ありません。しかし、彼が演劇に使った英語は言語学者や歴史家によって、かなり研究されています。

ですから、シェイクスピアが書いた内容を分析すれば、「その当時のイギリス英語の発音が分かる」という事になります。シェイクスピアの演劇には「言葉遊びやライム(rhyme=韻踏む言葉)」や、「独特なスペル」が数多く使われています。

ですから、シェイクスピアが書いた内容を分析している研究者達は、そういった当時の資料を元に当時の人達の発音を何となく理解する事が出来ているという状況です。

以上の事から、シェイクスピアの英語発音が分かれば、メイフラワーに乗ったピルグリムたちの英語の発音も大体分かってきます。ピルグリムたちが使っていた当時の英語の発音は、現在のアメリカ英語が元になっています。


今、多くの演劇所はシェイクスピアの演劇を演じる際に「original pronunciation」(=当時の発音)を使っています。下に紹介している動画を観れば、シェイクスピア時代(つまり、当時のイギリス・アメリカ英語)の発音を聞く事が出来ます。

イギリス人である私の立場から観ると、これは「現在のアイルランド英語とイングランドの南部の英語のハーフ」のように聞こえます(笑)。やはり、「r」の発音は、はっきりしていますね!


A Midsummer Night’s Dream (当時の発音)




1620年にアメリカへ向かった人たちは上記の動画に出てくるような発音を使っていました。彼らはその英語をアメリカに持って行きました。




イギリス英語の変化の歴史



イギリス英語では「r」が少しずつなくなりました。19世紀の前半までにイングランドの南部の方言では「r」は殆ど発音されなくなりました。この変化についての理由は未だ不明ですが、現在、殆どのイングランド人は「r」を発音しません。

※勿論、中には例外があります。イングランドの南西の方言ではまだ「r」は残っています。そして、スコットランド英語では「r」が発音されます。


言語学の研究者によると、イギリス英語の発音はアメリカ英語の発音よりも速く進化してきました。それには様々な理由があると思いますが、先ずはイギリスという国はアメリカよりも国土の小さい国です。

ですから、発音の変化は全国的に早く広がりますし、外からやってくる人は短い期間で様々な場所に移動できます。ですから、シェイクスピアが使った英語と比べると、現在のイギリス英語はかなり違います。




アメリカ英語の変化の歴史



アメリカ英語の発音はイギリス英語の発音ほど変わってきていないと考えている研究者が多いようです。アメリカ英語はメイフラワーのピルグリムが使っていた発音を殆ど保存している傾向にあります。

アメリカのヴァージニア州には「Tangier Island」という小さい島があります。この島には人口が800人ほどしか住んでいません。Tangier Islandは孤島なので、400年前から殆ど同じコミュニティーが住んでいます。

そして、外の人はあまり入ってきていませんので、この島の人は「アメリカの最も古い英語」を話しているそうです。


つまり、Tangier Islandの住民はメイフラワーの頃からずっと同じ英語の発音を使っています。その住民たちの英語を聞いたら、メイフラワー時代の英語が分かるという考え方もあります。

下の動画を観ると、彼らが使っている発音を聞く事が出来ます。やはり、モダンなアメリカ英語とは、かなり違います。私の立場から見ると、「現在の南西イングランドの方言」に少し似ています。









発音・言語はどうして進化するのか?



先ずは「どのでも言語が時代によって進化していく」という事を理解する事が重要です。例えば、400年前の日本語は現在の日本語とかなり違うと思います。

言語は生き物と同じように進化する傾向があります。外からやって来る民族や移民達は自分達の発音を持ってきますし、そして時代の中で新しいボキャブラリーが入ったり、古いボキャブラリーがなくなったりしていきます。

新しい物が発見されるとまた新しい言葉が現れます。テレビ、ラジオ、インターネットの影響によってローカル訛りがメインストリーム発音と混ざる傾向もあります。世界中のどの言語であってもこういった傾向があると思います。



この記事のまとめ



この記事はとても長くなってしまいましたが、ポイントをまとめると・・


メイフラワーの船に乗ってアメリカに向かった「初めてのアメリカ人」は当時のイギリス英語を話していました。そして時代を経て当時のイギリス英語は「アメリカ英語」に少しずつ変化しました。

イギリス英語も同時に変化しましたが、イギリス英語の変化はアメリカ英語の変化よりも速いと考えられています。イギリス英語の殆どの訛りは「r」の発音をなくしました。

アメリカの東海岸の最も孤立したコミュニティー(例えば、Tangier Island)はメイフラワー時代の英語を現在でも守っています。(外からの影響が殆ど無いため)



以上になります^^ これは言語学としても、とても面白いテーマですね!! 皆さんが読みやすくする為の出来るだけまとめて短い内容にした事もあり、余計な情報は減らしました。

英語の歴史に興味がある方は、こういった本も面白いと思います:




他にも英語のルーツや歴史、イギリス英語とアメリカ英語の関係について質問があれば、是非ご連絡くださいね^^








   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post