イギリス英語

populateとdata inputの違いとは? populateの様々な意味と使い方を徹底解説

populateとdata inputの違いとは? populateの様々な意味と使い方を徹底解説

populateの意味と使い方 populateとdata inputの違いはどんな点?


Mair
Mair
皆さんこんにちは。今回は読者の方から頂いたビジネス英語(特にITや会計ソフトに関する表現)に関する質問で「populateとdata inputの違い」にお話してみたいと思います。


読者の皆さん。改めまして。お久しぶりです! 最近プライベートで非常に忙しくなってしまってブリティッシュ英語.COMを更新する時間が中々取れませんでした。

しかし、しばらくの間は時間がとれるようになりましたので、以前のように定期的にサイトの更新をしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。それでは読者の方に実際に頂いた質問はこちらになります。



読者の方の質問:


Hello, I hope you are doing well.

Thank you for bringing up my inquiry regarding “Adrian Mole”.
I have started reading the book with the help of Audiobook.

By the way, I have another inquiry on the captioned subject.
Actually, I am working as a consultant for implementation of accounting software and I often have contact with London office of one of my clients.

Recently, I noticed several English people use the word “populate” as the meaning of “data input”.

Then, here are my questions.
1. Is it common to use this word to mean “data input”?
2. Do you use this word in the same way in U.S.?

I am looking forward to having comments on this.



先ずはご質問ありがとうございました。そして、いつも当サイトを読んで頂きましてありがとうございます。

今回頂いた質問は全て英語で書いて頂きましたが、他の読者の方のためにも質問の内容の日本語訳を簡単に下にまとめてみます。


質問の日本語訳


先ず、この読者の方は会計ソフトに関するコンサルタントでイギリス人の取引先とよく連絡を取っています。

最近、「data input」の代わりに「populate」という動詞を使っている人が多いという事に気づいたそうです。

読者の方が知りたい内容として:

1.「data input」の意味として「populate」という動詞を使う事はよくあるのか。
2. アメリカ英語でも「populate」という動詞を同じように使うのか。




まとめると以上の二つの質問について知りたいという事なので、それについて詳しくお答えしてみたいと思います。



populateとdata inputの意味と違いについて


populateとdata inputの意味と違いについて

このサイトを以前からご覧になっている方はご存じの方もいらっしゃると思いますが、実は私は日本に来る前、イギリスの会計事務所で会計士として働いていました。

私は財務会計士の資格を取りながら規模の小さな会計事務所で働いていました。その後、給料をレベルアップするために(笑)、不動産会社で管理会計士の仕事をしていました。

そのため、私はそういった会計業界の専門用語は知っているべきですね(笑)。しかし、正直に言ってしまうと、私は「data input」という意味として「populate」という単語を使った事がありません。

当時私たち会計関連のスタッフたちは「input the data」や「fill in the spreadsheet」などの表現しか使いませんでした。

ですから、「populate」はたぶん、会計士よりもIT関係の人が使うような表現だと思います。

「populate data」というキーワードを調べると、詳しい説明が出てきます。「populate」という動詞は「population」という名詞から来ています。データーベースやスプレッドシートに入っているデーターは「population」と呼ばれるそうです。

ですから、データーベースやテーブル(表)にデーターを記入する際には「populate the database/table」という表現を使います。つまり、「populate」は「データを記入する、「インプットする」」という意味になります。

「population」と「populate」はもちろん、元々IT用語ではありません。「population」は「人口」という意味になりますが、人間の人口という意味だけではなく、「動物の数」という意味としても使う事ができます。

「populate」は動詞で「居住する・させる」という意味になります。IT用語として使うと、データベースの中に「データを居住させる」というイメージが出てくると思います。実際の使い方は以下のような例文になります。


populateの使い方 例文



He taught me how to create and populate a database in MySQL.
(彼はMySQLでデータベースを作ってデータをインプットする方法を教えてもらいました。)


There are two ways of populating the tables.
(表にデータをインプットする方法は二つあります。)


First, prepare and populate sample databases.
(まずは、サンプルデータベースを用意してデータを記入します。)




アメリカ英語でも同じように「populate」が使われるのか?


アメリカ英語でも同じように「populate」が使われるのか?

イギリス英語とアメリカ英語を比較した場合、数多くのボキャブラリーの違いがありますが、IT用語に関しては殆どの場合、同じ単語を使います。それは何故なら、IT用語はその多くが新しい用語になりますので、新しい技術が出た場合直ぐに世界中の人に使われるからです。

逆に会計用語に関する英米の違いはあります。それは何故なら、会計用語は古くインターネットが出てくる前にそれぞれの英語圏の国で違う用語を使っていたからです。

つまり、イギリス英語とアメリカ英語では、それぞれ別の会計用語を作りました。IT技術は国際的な事なので用語も国際的ですね。

ですから、イギリス人でもアメリカ人でも「populate the database」という表現を使います。以上の事から、どの国の取引先と連絡した場合でも、この英語表現を使っても大丈夫です。

それでは、頂いた質問に関する回答は以上になります。他にもこんな事が知りたい!という質問がある方は是非ご連絡くださいね^^。

私はIT用語にはあまり詳しくありませんが、もし自分が知らない言葉があってもリサーチして調べます^^

イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら