イギリス英語

スポーツバーで外国人に話しかける際に使える英語フレーズ紹介:サッカーに関するイギリス英語について

スポーツバーで使えるサッカー英語で外国人に話しかけてみましょう

スポーツバーで使えるサッカー英語で外国人に話しかけてみましょう:スポーツバーで使えるイギリス英語紹介



イギリス英語を勉強する方法として以前の紹介した記事の中に「サッカー映画を使ったイギリス英語の勉強方法」について映画リストを紹介しました。

過去に紹介した「外国人の友達を作る方法」の記事でも紹介しているように、スポーツバーなどで外国人と知り合いになって、お互いの好きなテーマで話したり、スポーツの話題などで仲良くなる方法はスピーキング力を鍛える為にはとても良いだと思います。


そこで今回は、スポーツバーでサッカー試合を見ながら使える英語フレーズとボキャブラリーを紹介したいと思います。日本でもスポーツバーに行けばイギリス人の友達を作る事が出来ると思います。

そしてこれらのスポーツバーでは、店内で必ずと言って良い程サッカーの試合が放送されているので、そのサッカー試合をテーマに彼らと会話してみてもいいと思います。スポーツのテーマは何処の国でもスモールトークになりますからね^^


そこでまずは、スポーツバーで使える簡単なボキャブラリーを覚えましょう!


  • match, game・・・試合
  • support・・・応援する
  • score・・・ゴールをとる
  • win 優勝する・・・勝つ

スポーツバーで使えるサッカー英語で外国人に話しかけてみましょうスポーツバーで使えるサッカー英語で外国人に話しかけてみましょう



スポーツバーで使える役に立つサッカー英語文章・フレーズ



・Who’s playing?
(何というチームの試合ですか?(直訳:”誰がやっているの?”))


・This is an exciting match!
(これは面白い試合ですよね!)


・Who are you supporting?
(あなたは、どっちのチームを応援していますか?)


・Who scored?
(誰がゴールをとったの?)


・Who do you think will win?
(どっちのチームが勝つと思う?)



まずは、相手のとの共通性を作る為に簡単な質問をしてコミュニケーションをはかりましょう^^。
いきなり「何処の国から来ましたか?」とか「何人ですか?」などの個人的な質問はしないようにする事がポイントです。

その会話相手である外国人との共通の話題を探す事が大切です。この場合はスポーツバーにいますので、おそらくスポーツの話が良いと思いますのでバーで試合が放送されている場合には、上記にも紹介したように「好きなチームは何処ですか?」や「どっちのチームが勝つと思う?」など試合の様子について質問してみたりしてみると自然に会話が出来るようになると思います。

スポーツバーで外国人に話しかけて会話を弾ませるキーワードとしては”自然に会話する”という事が最も大切な事だと思います。


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら