イギリス英語

トラック(truck)はイギリス英語で何と言う? アメリカ英語との違いは?

トラックはイギリス英語で何と言う?

イギリス人は「トラック(truck)」という際に何と言うのでしょうか?



Mair
Mair
読者の皆さんは「トラック」は英語で何というかご存知ですか? こんな簡単な質問をする何て・・。と思う方もいると思いますし、日本語の「トラック」は当然「truck」でしょう!という答える方は圧倒的に多いと思います。

しかし、イギリス英語において「トラック」は違う言い方があります。そこで、今回の記事では、トラック(truck)のイギリス英語での色々な言い方を紹介してみたいと思います。

もちろん、イギリス人と話す際に「truck」という単語でも通じると思いますが、イギリス人は必ずイギリス英語での言い方を使いますので、イギリスに滞在している人やイギリス人の友達のいる人は、イギリス英語の「トラック」の言い方を知っておくと役に立つ事があると思います。

それでは、トラック(truck)はイギリス英語で何と言うのでしょうか?




イギリス英語でトラックという意味になる「lorry」


イギリス英語で、大型の「運搬車」の事を「lorry」と言います。発音は「ロリー」になります。この単語の正確な由来は残念ながら不明ですが、おそらくイングランドの北部の「lurry」という単語から来ていると考えられています。

「lurry」という方言は元々「運ぶ」や「引っ張る」という意味になります。最も大きい「lorry」は「articulated lorry」といいます。「articulated」は「関節のある」という意味になります。

「articulated lorry」は日本語で「トレーラートラック」という言い方になります。アメリカ英語では「semi-trailer」という言い方になります。イギリス英語の「articulated lorry」は、よく「artic」に省略されます。


トラックはイギリス英語で何と言う?

もちろん、一般の人はこんな種類のトラックの話はしないと思いますが、イギリスのニュース番組で交通事故などのニュースが出る時に「articulated lorry」などの表現が出てくると思います。


イギリス人が「lorry」を使う際の例文:



My dad is a lorry driver.
(私の父親はトラックの運転手です。)


A lorry has crashed on the motorway.
(高速道路でトラックが交通事故を起こした。)


Have you ever driven a lorry?
(あなたはトラックを運転したことがありますか?)


My younger brother has a licence to drive an articulated lorry.
(私の弟はトレーラートラックを運転する免許を持っています。)




イギリス英語の「truck」の意味について


「lorry」というイギリス英語の単語があるからといって「truck」という単語を使わないわけではありません。イギリス人も「truck」という単語を使いますが、アメリカ英語の「truck」よりも使い方が限定されています。

例えば、「lorry」の代わりに「truck」という単語を使うイギリス人もいます。そして、アメリカでよく見る「pickup truck」(ピックアップトラック)はイギリス英語でも「pickup truck」といいます。


トラックはイギリス英語でなんと言う?

しかし、そういったピックアップトラックはイギリスで滅多に見る事はありません。オーストラリアの田舎に行くと「ピックアップトラック」はよく見るタイプ車ですが、オーストラリア英語では「ute」(発音:ユート)といいます。「ute」は「utility vehicle」の省略です。



ネイティブが「truck(トラック)」と言う際の例文:



There’s a truck parked outside our house.
(家の前にトラックが止まっています。)


I want to be a truck driver when I grow up.
(私は大人になったらトラック運転手になりたいです。)


My grandad lives on a farm so he drives a pickup truck.
(おじいちゃんは農場に住んでいるので、ピックアップトラックを運転しています。)


I bought a new ute last week.
(私は先週新しいピックアップトラックを買いました。)
※オーストラリア英語の例文




「van」というイギリス英語の意味と使い方


この「van」という単語は、全ての英語圏の国で使われていますが、イギリス英語の「van」はアメリカ英語の「van」よりも、もっと広い意味で使っています。

例えば、中型で車体の短い「トラック」はイギリス英語で「van」と呼ばれますが、アメリカ英語では、それは「truck」になります。

そして、よく大家族が好んで乗っている「ミニバン」という車種は、イギリス英語では「people carrier」と呼ばれています。イギリス人が使う「van」という単語は主に「職人が運転するような自動車」になります。アメリカ人は「ミニバン」を「minivan」と呼びます。


ネイティブが「van」という単語を使う際の例文:



I hired a van when I moved house.
(私は家を引っ越した時にトラックを借りました。)


My dad is a plumber.  He keeps his tools in his van.
(父親は配管工です。彼の道具はトラックに入っています。)


Whose van is that?
(それは誰のトラックですか?)


I’ve got four children so I drive a people carrier.
(私には4人の子供がいますのでミニバンを運転しています。)



トラック(truck)のイギリス英語の言い方:まとめ


まとめると、「truck」という英単語は全ての英語圏の国で使われている言い方ですが、イギリス人は大型のトラックの話をする際に「lorry」という言い方を使う傾向にあります。

アメリカ人は必ず「truck」という単語を使います。そして、イギリス人はトラックのサイズによっては「van」という言い方をします。以上になります。


もし、イギリス英語に関する質問があったら、是非当サイトまでご連絡くださいね! サイトの記事を通して読者の方からの質問に必ず答えます^^


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら