リスニング

イギリス英語が聞き取れないと悩んでいる人への最重要アドバイス

イギリス英語が聞き取れない!と悩んでいる人へのアドバイス

イギリス英語を聞き取れない理由にはこんな事が関係しているかもしれません



私が英語学習者によく聞かれる質問の中に「イギリス英語が上手く聞き取れない!」、「どうやったらイギリス英語のリスニング力をレベルアップできるの?」といったような内容をかなりの確率で聞かれる事が多いです。


日本人の英語学習者は元々、アメリカ英語の発音、アクセント、リズムに聞き慣れていますので、初めてイギリス人の話す英語を耳にした際「イギリス英語は聞き取りづらい」という印象が受けると思います。

そういった方に向けて今回の記事では「イギリス英語に慣れる為のコツ」、「イギリス英語を聞き取れるようになる為のコツ」を教えたいと思います。


イギリス英語が聞き取れない!と悩んでいる人へのアドバイスイギリス英語が聞き取れない!と悩んでいる人へのアドバイス

おススメ記事:




イギリス英語とアメリカ英語の母音の違いを理解する事



イギリス英語とアメリカ英語の母音の発音は特に違います。イギリス英語に慣れるためにはまずは「母音の発音」を理解する必要があります。

こちらは役に立つビデオです:

参考URL:「American vs. British English – Vowel Sounds – Pronunciation differences






そして、母音だけではなく、子音の違いもあります。例えば、イギリス人が使う「声門破裂音」(英語:glottal stop)もかなり大きな違いです。

もう一つの大きな違いと言えば、イギリス英語とアメリカ英語の「r」の発音です。私は別の記事で「声門破裂音」と「rの発音」について紹介しています。参考に以下の記事を確認してみて下さい。


参考リンク:「イギリス英語の発音に関する質問:イギリス英語の「r」の発音と「消える音」




イギリス英語の話し言葉の「繋がり方」を知る事



英語学習者がイギリス英語を聞き取れない理由の一つとしては、英語ネイティブの話している単語が繋がって聞こえてしまうという事もあると思います。

例えば、「What do you want to do tonight?」(今夜は何がしたいですか?)という文章等は中学生でも読めるような簡単な文章と思います。

しかし、これをネイティブが話すと初心者にとっては単語が繋がって聞こえる場合があり、とても聞き取りづらくなります。




What do you want to do tonight?

日本人学習者が考える発音:
「ワット・ドゥ・ユー・ワント・トゥ・ドゥ・ツナイト?」

英語ネイティブが使う発音:
「ワダヤ・ワナ・ドゥ・トゥナイッ?




その他のよく繋がる言葉はこちらになります:



What do you ~?
発音:「ワダヤ」

want to ~
発音:「ワナ」

going to ~
発音:「ガナ」

should have/should’ve~
発音:「シュダ」

have to ~
発音:「ハフタ」

kind of ~
発音: 「カインダ」




短い文章でイギリス英語のリスニング力を鍛える練習をする



イギリス英語の発音の特徴を理解出来ても、「イギリスの映画やテレビドラマを字幕なしで観れるようになる」というわけではありません。

ですから、短い文章を使ってリスニング力を鍛える事をお勧めします。


お勧めのリスニング教材:










どの教材を使って勉強した場合でも、「繰り返して聞く!」という事がキーポントになります!(私も日本語を勉強した時に百回以上同じ音声を聞いていました!)

そして、耳を細かく鍛えたいと思っている場合、ディクテーション(音声を聞いてそのまま書く事)は凄く良いテクニックだと思います。




英語の字幕付きのイギリス映画やドラマを観て学習する



字幕なしで映画を観る事は一見すると簡単な学習法と思う方もいると思いますが、実は一番難しく学習法としては最後のステップです。

その前に英語の字幕をつけてイギリスの映画かドラマを観てみる事を学習法としておススメします。

映画の台詞を聞きながら字幕で単語を確認する事が出来ますので、英語の勉強にはとても良いアクティビティーです。

映画を観ながら聞き取れない部分をリワインドしてもう一度観る事をお勧めします。


私は以前の記事で数多くのイギリス映画とドラマを紹介しましたので是非観てみてくださいね!

参考リンク:「イギリス英語の特徴や発音を学ぶ為にお勧めな映画ベスト10



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら