怪しいという意味になるイギリス英語のスラング「Dodgy」、「Shifty」の意味と使い方を紹介


イギリス英語特有のスラング「Dodgy」、「Shifty」の意味と使い方を紹介していきます



今回の記事ではイギリス英語特有のスラングを紹介していきたいと思います。今日紹介する単語は「dodgy」と「shifty」という二つの単語です。


この二つの単語はイギリス英語の日常会話でよく使われています。実は、当サイトにアップしているイギリス英語の例文に「dodgy」という単語を何回も使った事があるような気がします(笑)。


「Dodgy」と「shifty」は一応スラングになりますが、ニュアンス的には失礼な言葉ではありませんのでどんなシーンで使っても大丈夫です。

確かに「カジュアル」な単語になりますが、イギリス人と会話する際に相手に変な印象を与えたり、怒られたりする事はないので心配しないでください(笑)。


イギリス英語特有のスラング「Dodgy」、「Shifty」
イギリス英語特有のスラング「Dodgy」、「Shifty」


おすすめ記事:




イギリス英語特有のスラング:Dodgyの使い方・ニュアンスについて



Dodgy

意味:怪しい、巧妙な、やばそうな



「Dodgy」は形容詞です。色々な使い方がありますが、最もよく使われているのは「怪しい」という意味になる場合です。

例えばよく聞くのが、「怪しい人」という使い方です。もう一つの使い方は「だめそう」や「やばそう」という意味です。「壊れそう」というニュアンスもあります。

では、例文を通してネイティブっぽい使い方を覚えましょう。


例文:

There was a dodgy-looking bloke outside my house yesterday.
(昨日私の家の前に怪しそうな奴がいた。)
※「Bloke」はイギリス英語で「奴」、「男」という意味になります。


I always thought my sister’s boyfriend was a bit dodgy. I’m glad she dumped him.
(私はお姉ちゃんの彼氏がずっと怪しいと思ってたよ。彼女が彼を捨てて良かったと思うよ。)
※「to dump 誰々」というフレーズは「恋人を捨てる」という意味になります。


That was a dodgy decision by the ref!
(審判の決定は怪しかったなぁ!)
※これはサッカーの話の例です。「Ref」は「referee」(サッカーの審判)の省略です。「Dodgy decision」は「審判が間違えた」という意味になります。例えば、PKにならないようなシチュエーションだが、審判はPKをする事に決めたというシーンで使うフレーズ。


I can’t play football today. I’ve got a dodgy knee.
(今日はサッカーが出来ない。膝がまだ痛いから。)
※この「dodgy」の使い方は「痛い」、「壊れている」等という意味になります。


That takeaway curry has given me a dodgy stomach.
(あのテイクアウトカレーのせいで胃が気持ち悪くなった。)
※「dodgy stomach」は「気持ち悪くて吐きそう」や「お腹が痛い」という広い意味になります。


My computer has been really dodgy recently. I should probably buy a new one.
(私のパソコンは最近壊れそうな状態。そろそろ新しいのを買った方がいいかもね。)




イギリス英語特有のスラング: Shiftyの使い方・ニュアンスについて



Shifty

意味:意味:怪しい


「Shifty」も形容詞で「怪しい」という意味になります。しかし、「dodgy」よりも使用範囲が限られています。

例えば、「dodgy stomach」(胃が気持ち悪い)という言い方がありますが、「shifty stomach」という言い方は使われません。

「Shifty」は主に「怪しい人・行為」や「怪しそうな人・行為」という場合に限って使われます。そして、「shifty」はアメリカ英語でも使われています。もっと正式な言い方としては「suspicious」になります。


例文:


Who’s that shifty-looking man over there?
(あそこの怪しそうな男の子はだれですか?)


You’re looking shifty. What are you doing?
(あなたは怪しそうに見えるよ。何しているんだ?)







   イギリス英語を学習する為の専門教材   


イギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。
制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズやアメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

イギリスのカルチャーを学びながらイギリス英語の学習が出来るので、イギリスに興味がある方に是非読んでもらいたい教材です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。



   イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材   

この教材は「イギリス英語のイディオム」を学習する為の専門教材です。
本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しい辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

  ブリティッシュ英語.COM”の公式フェイスブックページ

ブリティッシュ英語.COMの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていた内容もこちらでアップしていく予定です!サイトではお伝えしきれない情報もアップしていきますので、是非楽しみにお待ちください^^




Share This Post