イギリス英語

コックニーライミングスラングとは? コックニーのアクセントや特徴

コックニーライミングスラングについて

コックニーライミングスラングとはどんな発音?アクセント?


今回は、イギリス英語の中でも、かなりユニークなアクセントの部類に入る、コックニーライミングスラングについて書いてみたいと思います。

そもそも英語という言語は、他の言語と比べても、単語、スラング、イディオム共に豊富な言語だと言われています。

また、これは日本の和製英語に通じる物があると思いますが、英語圏の国々においても同様に、毎年のように新しいスラングが生まれ使われて、シェアされる文化があります。


特にその中でも、映画やテレビ、インターネットをはじめとするメディアを通して、新しいスラング、イディオム、単語は直ぐにシェアされていきます。

しかし、これらの英語圏の国の中でも、イギリスの英語=イギリス英語はとてもユニークなポイントがあります。そのイギリス英語の中でも最もユニークなポイントが、コックニー・ライミング・スラングという言葉なんです。

コックニー・ライミング・スラングというイギリス英語の俗語の種類は、他の英語圏の国では滅多に使われる事はありません。




イギリス英語とコックニーに関する知識


まず、コックニー・ライミング・スラングを説明する前に、一般的にコックニーという人達がいて、その彼らの特徴について紹介してみたいと思います。コックニーとは東ロンドンの労働階級者を指している言葉です。

歴史的にコックニーと呼ばれている人達は「セント・メアリー・レ・ボー」という教会のエリアで生まれた人達の事を指しています。

そして彼らコックニーは、自分達だけのユニークなアクセントを使った話し方をしています。ライミング・スラング自体は、東ロンドンの労働者の話し方から始まったものです。



コックニーライミング・スラングの特徴


ライミングという英語は、日本語の「韻」という言葉に相当する意味になります。スラングは俗語です。ライミング・スラングを上手に説明するには、文章だけでは少し難しいので、以下の例を使って説明していきたいと思います。

例えば、コックニーが使うライミング・スラングでは、度々このような表現が使われています。 


「Use your loaf」 (頭を使ってよ!よく考えろよ!)

以上のような表現があります。

しかし、なぜhead(頭)ではなく、loaf(食パンの形)と言うのか疑問に思った人も多いのではないでしょうか? まず、head(頭)という単語は、韻を踏む表現のloaf of bread(食パン)に変換されています。

そして、Use your loaf of breadは、長文で言いづらいので、さらに省略されて・・・ head → loaf になっていったようです。



この言葉について、複雑に感じる方も多いと思いますが、こういった表現は、実際多くのイギリス人によく使われています。

コックニー・ライミング・スラングの詳細な起源は不明ですが、19世紀の後半頃から使われはじめた言語のようです。そしてこの言語の真意としては、自分の話しを他人に聞かれないようにする人々の間で始まったようです。

例えば、罪を犯した犯人が警察の近くで秘密の話しをしたい場合や、客の前で内密に値段の話をしたい市場の人から始まったと言われています。


このコックニー・ライミング・スラングは、何も昔の話しに限ったことではなく、現在でも多くのイギリス人に親しまれ使われているスラングの一つです。イギリス英語において日常的に使われていますし、イギリス映画や、イギリスドラマ、イギリスの小説にも度々出てきます。

以上の事から考えても、イギリス英語を100%理解したいと思っている人は、イギリス人が最もよく使うライミング・スラングを覚えるといいと思います^^




イギリス人がよく使うコックニーライミングスラング:トップ5


  1. have a butcher’s = to have a look (look→butcher’s hook→butcher’s) (何かを見る)
  2. me old china = me old mate (mate→china plate→china) (私の仲の良い友達)
  3. I haven’t a scooby = I haven’t a clue (clue→scooby doo→scooby) (全く分からない)
  4. Would you adam-and-eve it!? = would you believe it?! (believe→Adam and Eve) (信じられない!)
  5. You’re having a bubble! = You’re having a laugh! (laugh→bubble bath→bubble) (冗談でしょう!)




コックニーライミング・スラングが使われるお勧め映画「Lock, Stock and Two Smoking Barrels」