イギリス英語

イギリス英語とアメリカ英語の単語の違い:飴、アイスキャンディー、懐中電灯、天道虫、「高級」や「豪華」?って英語で何て言う?

イギリス英語とアメリカ英語の単語の違い

「Lolly」,「torch」,「ladybird」,「upmarket」:イギリス英語とアメリカ英語の単語の違いを紹介



今回の記事では、当サイトの中でも比較的人気の記事シリーズ^^ 「イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーの違い」について紹介していきたいと思います。


これから紹介していくボキャブラリーは、いつものように特別なテーマはないのですが、英語の日常会話で結構使う単語です。そして映画や新聞等にもに出てくるので、知っておくと役に立つと思います。


イギリス英語とアメリカ英語の単語の違いイギリス英語とアメリカ英語の単語の違い

おすすめ記事:



イギリス英語とアメリカ英語の単語の違い: 1. 「Lolly」



意味:香料入りの棒にさしたアイスキャンデー・飴


日本の夏はイギリス人の私にとってかなり辛い季節ですが、唯一の楽しみとして私は「がりがりくん」や「スイカバー」を食べる事を楽しみにしています(笑)。

私のアイスキャンディーのテイストはとても子供っぽいですね(笑)。イギリスでも、このようなアイスキャンディーはとても人気があります。

しかし、イギリスではこれらを「アイスキャンディー」と呼びません。イギリス英語では「ice lolly」といいます。


そして、「チュパチャップス」のような棒の付いている飴はイギリス英語で「lolly」と呼びます。これは「lollipop」の省略になります。

時々英語で「lollipop」という言い方を耳にすると思いますが、オーストラリア英語とニュージーランド英語では、「lolly」という単語の方が使われています。これは「硬い飴」という意味になります(棒が付いていない飴の事)。


アメリカ英語では、アイスキャンディーは「popsicle」という言い方になります。そして、棒付きの飴は「lollipop」になりますが、スラングで「sucker」になるようです。


例文:

イギリス英語: It’s hot today. Let’s have an ice lolly.
アメリカ英語: It’s hot today. Let’s have a popsicle.
日本語訳:(今日は暑いです。アイスキャンディーを食べましょう。)


イギリス英語: Lollies are bad for your teeth.
アメリカ英語: Lollipops/suckers are bad for your teeth.
日本語訳:(棒付きのキャンディーは歯に悪いですよ。)




イギリス英語とアメリカ英語の単語の違い: 2. torch



意味: 懐中電灯


イギリス英語では懐中電灯の事を「torch」と言いますが、アメリカ英語では「flashlight」と呼びます。アメリカ英語でも「torch」という単語が使われていますが、その場合意味が異なります。

アメリカ英語で「torch」といった場合は「トーチランプ」や「火吹きランプ」という意味になります。


例文:

イギリス英語: There’s been a power cut. Where’s the torch?
アメリカ英語: There’s been a power cut. Where’s the flashlight?
日本語訳:(停電です。懐中電灯は何処にある?)




イギリス英語とアメリカ英語の単語の違い: 3. ladybird



意味: 天道虫

天道虫はイギリスの庭でもよく見かける虫です。天道虫はイギリス英語で「ladybird」と言います。しかしアメリカ英語では「ladybug」と言います。

ウィキペディアによると、「ladybird」という名前の方が古いようです。「ladybug」はアメリカで作られた名前だそうで「bug」は「insect」(虫、昆虫)のスラングです。

アメリカの昆虫学者は「天道虫」を「lady beetle」や「ladybird beetle」と呼ぶそうです。


例文:

イギリス英語: I found a ladybird in the garden.
アメリカ英語: I found a ladybug in the garden.
日本語訳:(私は庭で天道虫を見つけました。)




イギリス英語とアメリカ英語の単語の違い: 4. upmarket



意味: 豪華な、高級な

この単語は不動産関係の情報や住宅やアパート等の話をする際によく出てきます。

イギリス英語で「upmarket」は「高級」や「豪華」という意味なります。アメリカ英語では、「upscale」という形容詞の方が使われています。


例文:

イギリス英語: My brother lives in an upmarket apartment in London.
アメリカ英語: My brother lives in an upscale apartment in New York.
日本語訳:(私の兄はロンドン・ニューヨークで高級なアパートに住んでいます。)





イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら