イギリス英語

「お使い」は英語で何という?「初めてのお使い」という表現はイギリスにもある?

「お使い」は英語で何という?「初めてのお使い」という表現はイギリスにもある?

英語では「お使い」や「初めてのお使い」という表現や言い方はあるのでしょうか?



今回の記事では、「お使い」という日本語でよく使われる表現の英語の言い方を紹介してみたいと思います。実はこの間、とある高校生から「初めてのお使いは英語で何というんですか?」という質問をされました。

この「お使い」という表現は日本語でよく使う表現なのに、まだ当サイトで紹介した事がなかったので、この機会に是非紹介したいと思い記事にしてみようと思いました。


皆さんは、自分の「初めてのお使い」の出来事を覚えていますか? 

実は私は覚えています^^ 私の場合は母親に頼まれて近所のコンビニ(イギリス英語:corner shop)に行かされた時の事です。


何を買わされたのかははっきり覚えていませんが、お釣りを使ってご褒美として「football stickers」(サッカー選手のカード・シール!)を買った事だけは、はっきりと覚えています(笑)。

私はその頃から本当にボーイッシュな少女でしたね(笑)! とにかく私はその当時、無事に頼まれた買い物とfootball stickersを持って帰りました^^



「お使い」は英語で何という?「初めてのお使い」という表現はイギリスにもある?「お使い」は英語で何という?「初めてのお使い」という表現はイギリスにもある?


こちらの記事もお勧めです:




英語で「お使い」という表現は何というのでしょうか?



日本語ではよく使うこの「お使い」という表現を英語にすると「run errands」という表現になります。「run errands」には広い意味がありますので、上記のような「コンビニに行って買い物する事」という”お使い”は単純に「go to the shop for one’s mum」という英語フレーズになります。

一般的には「run errands」よりも何か「具体的にやる事」を説明した方が良いと思います。それでは、実際の使い方を例文を通してみていきましょう。



実際の例文:


Can you run some errands for me? Could you go to the shops to buy some salad? Also, can you go to the post office to buy some stamps?
(ちょっと、お使いに行ってくれる?お店に行ってサラダを買ってきてくれる? 後は郵便局に行って切手を買ってきてくれる?)


A:Hi Mike! What are you doing here? I thought you’d be at work today!
(やあマイク!ここで何をしているの?今日仕事だと思ったのに!)

B:I’ve got the day off. I’m just running some errands for my wife.
(今日は休みだよ。妻にお使いに行かされた。)


I’m very busy today. I’ve got a few errands to run.
(私は今日とても忙しいです。色々なやるべき事があります。)


Do you remember the first time you ran an errand alone?
(初めてのお使いを覚えていますか?)


I’m going to the shops for my mum.
(私は母親にお使いにいかされています。)


I sent my daughter to the corner shop to buy some bread.
(私は娘にコンビニでパンを買ってきてもらった。)


上記の例分には多くのイギリス英語特有の単語がありますね。イギリス英語では「convenience store」(コンビニ)という表現をあまり使いません。

その代わりに「corner shop」(角にある店)という表現を使います。それか、そのコンビニの名前を言います。例えば、「One Stop」や「Mini Mart」などの店名を使います。

そして、イギリス人は「shops」(お店、スーパー)などの単語をよく使います。アメリカ人は「the store」という表現を使います。



以上、「お使い」の英語の言い方を紹介しました! 意外と単純な表現だったので説明も簡単でした^^

それでは以上になりますが、「~は英語で何というの?」のような質問があれば、お気軽にメールしてくださいね!




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら