イギリス英語

「bottle」という単語が入ったイギリス英語のスラングを紹介します!

「bottle」という単語が入ったイギリス英語のスラングを紹介します!

「bottle」は「瓶」という意味以外にも他の意味があるのでしょうか?



今回の記事では、久しぶりに「イギリスのスラング」について紹介したいと思います。今回紹介するスラングは「bottle」という単語になります。

「bottle」は通常であれば「」という意味になりますが、イギリス英語のスラングでは他の使い方もあります。このスラングは多くの場合「スポーツの話」をする際に使われています。

ただ今、サッカーのワールドカップが行われていますので、スポーツやスポーツ選手に関する話がよく出ていることと思います。そんな事から私は「bottle」という単語が入ったスラングを紹介しようと思いました^^



「bottle」という単語が入ったイギリス英語のスラングを紹介します!「bottle」という単語が入ったイギリス英語のスラングを紹介します!

こちらの記事もお勧めです:





1. 「ガッツ」・「勇気」という意味になる「bottle」



先ずは「bottle」を”名詞”として使うと「ガッツ・勇気」という意味になります。例えば、「人 has got bottle」というフレーズをよく耳にしますが、これは「人はガッツがある」という意味になります。

そして、否定文や疑問文でも使えるスラングです。「to lose one’s bottle」は「勇気をなくす・気後れする」という意味になります。



実際の例文:


Would you have the bottle to take a penalty in the World Cup Final?
(あなたは、ワールド杯の決勝戦にPKを蹴る勇気がありますか?)


My husband wants to go skydiving but I haven’t got the bottle.
(旦那はスカイダイビングをやってみたいと言っているけど、私にはそんな勇気がない。)



If you like that girl, go and talk to her! Or haven’t you got the bottle…?
(その子が好きだったら、話しかけてみろ!そんな勇気もないの?)



He had 3 match points but served 3 double faults. He obviously lost his bottle!
(彼はマッチポイント3つあったけど、3回ダブルフォールトをしてしまった。彼は明らかに勇気がなくなってしまった!) ※テニスの話




2. 「怖気付く」という意味になる「bottle」


「bottle」を”動詞”として使うと「怖気付く」という意味になります。つまり、「恐怖や緊張のあまりやろうとした事をやめる」という意味になります。

このスラングは主に「bottle it」という組み合わせで使われています。「a bottler」と呼ばれる人は「緊張や恐怖ですぐやめる人」や「プレッシャーで崩れるような人」という意味になります。


実際の例文:


I was supposed to do the London Marathon but I bottled it.
(私はロンドンマラソンを走るはずだったけど、結局怖くてやめちゃった。)


He was going to propose to her at the weekend but he bottled it.
(彼は週末に彼女にプロポーズするつもりだったけど、緊張しすぎてやめちゃった。)


If you like him, ring him! Don’t bottle it!
(彼の事が好きだったら、電話してみてよ! 緊張しているだろうけど怖気付いてやめないで!)


He has missed three penalties recently. He must be a bottler.
(彼は最近3回もPKを外した。彼は明らかにプレッシャーで崩れる人だね。)



実は「bottle」という単語には他にも沢山の意味と使い方がありますが、イギリス英語のスラングでは「ガッツ・勇気」や「怖気付く」という意味になります。

今はワールドカップの時期なので、スポーツバーなどに行ってサッカーを観戦する方は多いと思います^^ 今度(スポーツ)サッカーの話をする機会があれば是非使ってみて下さいね^^



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら