イギリス英語

gから始まる3つのイギリス英語特有の単語を紹介

gから始まる3つのイギリス英語特有の単語を紹介

イギリス英語特有の単語:「gagging for」,「glossy」,「gee-gees」とはどんな意味?



今回の記事では、御馴染みのシリーズになりました^^「イギリス人が日常会話でよく使うイギリス英語特有の単語」を紹介したいと思います。今回紹介する単語は全て「g」から始まります。

私は最近「Bum Bags and Fanny Packs」という「英米・米英辞書」を読んでいます。この本ではネイティブの私でも知らなかった「イギリス英語とアメリカ英語のボキャブラリーの違い」が紹介されていてとても面白い内容になっています。

私はこの本の内容はとても面白くて勉強になると思いますので、当サイトの読者の方にお勧めしたい本です。





今日これから紹介する単語は「gagging for」、「glossy」、「gee-gees」の3つの単語です。それでは始めましょう!


gから始まる3つのイギリス英語特有の単語を紹介gから始まる3つのイギリス英語特有の単語を紹介

こちらの記事もお勧めです:




1.「gagging for 」という表現の意味と使い方



gagging for ~」という表現は「~が欲しくて仕方がない」や「~がしたくてしょうがない」という意味になります。

例えば、「gagging for a pint」という表現は「ビールが飲みたくてしょうがない」という意味になります。そして「gagging for it」という表現は「性的に興奮している」という意味になります(笑)。

この表現の「it」は「セックス」という意味になります。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。



実際の例文1:ダイアログ


A:Do you fancy going to the pub? I’m gagging for a pint!
(パブに行かない? 俺はビールが飲みたくてしょうがない。)


B:It’s a bit early for alcohol, isn’t it? It’s only half ten in the morning!
(お酒を飲むにはちょっと早くない? 朝の10時半だけだよ。)



実際の例文2:ダイアログ


A:Did you see Steve flirting with that girl?
(スティーヴがその女性をナンパしようとしているのを見た?)


B:Yeah, he’s obviously gagging for it! She wasn’t interested at all though, was she!
(見たよ! 彼は明らかに興奮しているね !彼女は全く興味なさそうだったけどね!)




2.「glossy」という単語の意味と使い方について



「glossy」という単語は元々「光沢のある、光沢紙を用いた、つやつやした」という意味になりますが、イギリス英語ではもう一つの意味があります。それは「高級雑誌」という意味になります。

例えば、「ヴォーグ」のようなファッション雑誌は「glossy (magazine)」と呼ばれます。それは何故なら、そういった高級雑誌の紙や写真は「質が高く光沢がある」というイメージがあるからです。

そして「glossy」はそのまま使う事が出来ますし、「glossy mag / glossy magazine」という言い方も使えます。



実際の例文1:ダイアログ


A:What does your wife do for a living?
(奥さんの仕事は何ですか?)


B:She’s the editor of a major glossy.
(彼女は有名な高級雑誌の編集長です。)



実際の例文2:ダイアログ


A:I’m going to the shops. Do you want anything?
(店に行ってくるよ。何か欲しいものある?)


B:Can you get me some sweets and a couple of glossy mags?
(お菓子と2冊くらいのファッション雑誌を買ってくれない?)




3.「gee-gees」という単語の意味と使い方について



まず「gee-gee」は子供用語で「お馬さん」という意味になります。この表現の由来は不明ですが、「gee-up」という馬に使う命令(=行け!)から来ているのかもしれません。

「gee-gee」は子供用語ですが、イギリス人のおじさんは「競馬」という意味として使う場合があります(笑)。

もしかすると日本語にもこういった使い方をするおじさんの方はいるかも!?しれませんね^^笑(特に競馬のギャンブルが好きな方)


実際の例文1:ダイアログ


大人:What’s your favourite animal?
(好きな動物は何ですか?)


子供:I like gee-gees.
(馬が好き。)



実際の例文2:ダイアログ


A:What are you up to today?
(今日は何するの?)


B:Might go to the bookies and put a few bets on the gee-gees.
(ブックメーカーの店に行って競馬にお金をかけようかな。)



以上、今回の記事では「g」からはじまる3つのイギリス英語特有の単語・表現を紹介しました! この機会に是非覚えてみて下さいね^^

イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら