イギリス英語

「フライドポテト」はイギリス英語で何と言う? 英米のフライドポテトの言い方の違い

「フライドポテト」はイギリス英語で何と言う?

イギリス英語で「フライドポテト」は何と言うのか?


Mairi
Mairi
皆さん、こんにちは! 今回は、イギリス人が大好きなファーストフードと言ってもいいと思います(笑)「フライドポテト」のイギリス英語の言い方を紹介したいと思います。

イギリスに行った事がある方はご存知の方も多いと思いますが、イギリスで食事すると何かとフライドポテトがよく出てきますね(笑)。そして、一見すると「フライドポテト」という言い方は”英語っぽい”感じがすると思いますが、実はこれは和製英語なので、イギリスやアメリカでは通じません。

イギリスやアメリカなどの英語圏の国に行く際に仕方なくファストフォードを食べてしまう人が多いと思います(笑)。私も昔、アメリカに行った時にはハンバーガーを沢山食べてしまいました^^; 以上の事から、ファストフードに関する英語は役に立つ事もありますので、覚えておくべき種類の英語だと思います。


皆さんもご存知の通り、イギリス人の好きなファーストフードは「フィッシュアンドチップス」ですが、他にもフライドチキン、ケバブ、ハンバーガー等は若者に人気があります。

そして、イギリスでは、大体こういった食べ物を注文すると「フライドポテト」も一緒に出てきます(笑)。ハッキリ言って、イギリス人はフライドポテトが大好きです(笑)。

しかし、先程も少し触れましたが、日本語の「フライドポテト」という言い方はイギリス人に通じません。「ポテト」(potato)は英語で「ジャガイモ」という意味になりますので、フライドポテトという言い方を耳にすると、なんだか、そのまんまジャガイモのイメージが頭に浮かんできます。

それでは、イギリス人は「フライドポテト」という際に何と言うのでしょうか? アメリカ英語との違いも詳しく解説していきます!





イギリス英語で「フライドポテト」という意味の「chips」


日本でもイギリス風のパブに行くと「フィッシュアンドチップス」が提供されていますので、日本でもフィッシュアンドチップスは知られていると思います。

イギリスのどんな小さな町や村に行っても、フィッシュアンドチップのお店があります。そして、イギリスにある殆どのパブでもフィッシュアンドチップスを提供しています。


「フライドポテト」はイギリス英語で何と言う? 英米のフライドポテトの言い方の違い

フィッシュアンドチップスで使う魚は必ず「白身の魚」です。そして、この「チップス(chips)」とは「フライドポテト」という意味です。しかし、フィッシュアンドチップスのお店が作るフライドポテトは「サイズが大きいフライドポテト」です。

よくあるマクドナルドなどの店の長細いフライドポテトとは、サイズがかなり違います。そして、イギリス人はchipsを食べる時にお酢と塩をかけて食べる人が多いです。

簡単に言うと、イギリス人が「chips」といった場合、どんな種類のフライドポテトに対しても使えますが、主に「太いフライドポテト」という意味になります。

一応、マクドナルド等のハンバーガーショップで提供されているフライドポテトも「chips」の一種になりますが、例えば、イギリス人がマクドナルドやバーガーキング等に行った場合、お店のメニューに書いてある通りに「chips」の事を「French fries」か「fries」という言い方を使って注文しています。

ちなみにイギリスのスーパーに行くとオーブンで焼けるタイプの冷凍フライドポテトが販売されています。そういった種類のchipsの事を「oven chips」といいます。さすが冷凍食品大国ですね(笑)。



イギリス人の「chips」の使い方 例文:



Let’s have fish and chips for tea tonight.
(今夜の夕食にフィッシュアンドチップスを食べよう。)
※「tea」は「お茶・紅茶」だけではなく「夕食」という意味にもなります。


Cod and chips, please.
(タラとフライドポテトを下さい。)
※フィッシュアンドチップスの店での注文の仕方


Can you put these chips in the oven?
(これらの冷凍フライドポテトをオーブンに入れてもらえる?)

Would you like a chip?
(フライドポテトを食べる?)




アメリカ英語で「フライドポテト」という意味の「French fries」


先程も少し触れたように、イギリスのファーストフード店(マクドナルドやバーガーキング)などの店が提供している「長細いフライドポテト」もイギリス人にとって一応「chips」の一種になります。

しかし、一般的にイギリス人にとって「長細いタイプのフライドポテト」は「(French) fries」はというニュアンスを与えます。

以上の事もあり、フィッシュアンドチップスのお店が提供している「太いフライドポテト」は必ず「chips」と呼びます。しかし、アメリカ人はその種類のフライドポテトも「French fries」と呼びます。


「フライドポテト」はイギリス英語で何と言う? 英米のフライドポテトの言い方の違い

アメリカ人の「French fries・fries」の使い方 例文:



Can I have a burger and large fries, please.
(ハンバーガーとフライドポテトのLサイズください。)

Just fries, please.
(フライドポテトだけでお願いします。)

Can I have some tomato ketchup for my fries, please?
(フライドポテトのためのケチャップをもらえますか?)

These French fris are too salty.
(このフライドポテトはしょっぱすぎる。)




他の「フライドポテト」の言い方について


イギリスのパブやレストランに行ったら色々な種類の「フライドポテト」がメニューに載っています。例えば、「potato wedges」という種類があります。

これはフライドポテトの一種ですが、ジャガイモの皮がまだついていて、棒の形ではなく、「wedge」(くさび)の形になっています。




そして、最近おしゃれなパブやバーに行くと「potato skins」というサイドディッシュがあります。これは元々アメリカの食べ物だと思いますが、イギリスのパブでも提供している店があります。

この「potato skins」とは、簡単に言うと「ジャガイモの皮」を使った料理です。まず、皮をオーブンで焼いて、チーズやチリコンカン等を上にのせて食べる料理です。



お子様セットなどには「curly fries」というフライドポテトの種類があります。そして、これはパブのメニューにもよく出てくる料理です。「curly」は「巻き毛」という意味になりますが、curly fries丸い形のフライドポテトになります。

これも元々アメリカの料理だと思います。イギリス人は、これを「curly chips」という言い方をしますが、メニューを見ると「curly fries」になっていると思います。




イギリス人が好んで食べる「chips and curry」とは?


イギリス人はカレーが大好きです。インド料理はイギリスでとても人気があります。そしてカレーにちなんだ「chips and curry」というイギリスやアイルランドのローカルファストフードがあります。このファストフードはイギリスの北部で特に人気があります。

このchips and curryとは簡単に言うと「フライドポテトとカレーソース」という組み合わせの食べ物です(笑)。イギリスにある多くのフィッシュアンドチップスの店は、チップスの付け合せとして「カレーソース」を提供してしています。

ちなみにこの食べ物はイギリス人がお酒を飲んだ後によく食べたくなるようなファストフードですね^^。

chips and curryの作り方を知りたい方はこのビデオがお勧めです。





イギリスの中華料理のテイクアウトの店に行くと、これと似たようなカレーとフライドポテトを注文できますが、カレーは少し「中華風味」のような感じがします(笑)。私はこれを若い頃に友達とパブやクラブに行った後によく食べた記憶があります(笑)。



イギリス英語で「フライドポテト」の言い方:まとめ


イギリス人にとっては、どのフライドポテトの種類でも一応「chips」(チップス)になります。しかし、細い形状のフライドポテトは「fries」か「French fries」とも呼ばれます。

アメリカ英語では、フライドポテトは全て「French fries」と言いますが、種類によっては違う言い方があります。例えば、太いフライドポテトはアメリカ英語で「steak fries」といいます。アメリカ英語で「chips」は「ポテトチップス」という意味になります。



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら