単語

「couldnae」、「didnae」、「wouldnae」、「aint」とはイギリス英語(スコットランド英語)でどんな意味なのでしょうか?

「couldnae」、「didnae」、「wouldnae」、「aint」って英語でどういう意味?

スコットランドのアイドルグループの「Bay City Rollers」の本に出るスラングを説明します



今日の記事は、読者の方から頂いた質問に答えていきたいと思います。今回の質問はあるバンドに関するちょっとだけ長いテーマになりますが、まとめると「couldnae」、「didnae」、「wouldnae」、「aint」という単語の意味に関する質問です。


では、質問はこちら:



読者の方の質問:



「couldnae」、「didnae」、「wouldnae」などが今読んでいる本によく出てきます。「Couldn’t」のときもありますが、特に使い方の違いはあるのですか?

私の読んでいる本は、題名が shang-a-lang (副題が life as an international pop idol)

著者 Les Mckeown with lynne Elliott 出版は MAINSTREAM PUBLISHING Edinburgh and Londonとあります。2003年に発行されていて、今は売っていなく、ハードカバーで220ページあり、私は多分ファンが手放したものをこの4月にAmazonで10000円でイギリスから買いました。彼は1973年〜1978年までBay City Rollers の lead singer でした。今も彼だけで活動しています。


当時18歳の私は彼の大ファンになり、それで英語にも憧れ、好きになりました。彼はスコットランド人で、48歳位に書いたもので、アイドル時代の苦しみから解放されたくて書いたとありました。

私は彼のおかげで英語が好きになりましたが、大卒で英検2級程度。文章が難しくて泣きそうですが、必死でよんでいます。


couldnae ,didnae は ain’tとかと同じですか? それともなにか特別に感情が入った時に使うスラングとかでしょうか。とか、、、彼の人柄に関係しますか?

一応wouldnae が使われている文章の前後をプラスして書いてみました。長くて申し訳ありません。


The audience was only about 500 to 600 strong and on this occasion , because nobody wanted to take responsibility for little girls roaming the streets after midnight , there’d been an age limit set of 16 . Also, it wouldnae have done us any favours to have American parents throwing up their hands in horror at the sight of so many little Brit children totally off their trolleys.  Apparently, young teens in a state of hysteria was unacceptable.


全体の意味は、Rollersが初めてアメリカに進出した時、録画中のテレビ局の中に入れなかった若いファン達が、イギリスでは真夜中にウロウロするのを年齢制したが、アメリカの親は困るだろうと思ったら受け入れられていた、ということでしょうか?

この1文の意味も全くわからなくて…個人的な質問してすみません。



「couldnae」、「didnae」、「wouldnae」、「aint」って英語でどういう意味?「couldnae」、「didnae」、「wouldnae」、「aint」って英語でどういう意味?

おすすめ記事:



ご質問ありがとうございます!これはとても面白い質問ですね。そして「個人的な質問してすみません」とありましたが、実は今回の質問内容は”スコットランド英語”についての話になりますので、他の読者の方にも役に立つ情報だと思いますので、そんなに個人的な質問ではないと思いますので安心して下さい^^ 


また、内容に関しても細かい情報を送って頂きましたので、詳しい答えを書く事が出来ると思います。(皆さん、質問を送る際には詳しい文脈やバックグランド情報をつけ加えてくれたらもっと良い回答を紹介出来ると思いますので、出来るだけ詳しい内容を頂ければ嬉しいです!^^。勿論、簡単な質問内容でもOKです!)

では、質問に答えていきたいと思います。


先ずは、Bay City Rollersの話から始めましょう。皆さんは、Bay City Rollersをご存知でしょうか?このグループは70年代にとても人気のあったロックアイドルグループです。

一時的にビートルズと同じくらい人気があったグループです。このグループのファンは主に若い女性でした。このグループが出演する際には若者がクレイジーになったほどです。この現象は「Rollermania」(ローラーマニア)と呼ばれるようになりました。

Bay City RollersのリードヴォーカリストはLes McKeownという人です。彼はスコットランドのエジンバラで生まれました。Bay City Rollersのメンバーは全員スコットランド出身なのでスコットランド代表として「タータンチェック」のズボンやスカーフを身に着けていました。


Bye Bye Baby (1975年)





では、元の質問に戻ります。簡単に説明すると、「couldnae」=「couldn’t」、「didnae」=「didn’t」、「wouldnae」=「wouldn’t」という意味になります。

「nae」という部分はスコットランド英語では「no」や「not」という意味になります。つまり、「nae」をつけると「否定文」になります。発音は「ネイ」や「ニ」になります。

他には「havenae」(haven’t)や「wasnae」(wasn’t)も使われています。


質問を下さった方が読んでいる本は、Les McKeownの伝記(自伝?)という事から、”彼の声や性格を強調する為”に自然なスコットランド方言で書かれているとお思います。

私はこの本を読んだ事がありませんが、おそらく、彼やバンドメンバーが話している所では「nae」が使われていると思います。そして、本のナレーターや彼の歴史等が紹介されている箇所には、標準語の「couldn’t」、「didn’t」が使われていると思います。


そして、バンドメンバー以外の(イングランド人)人物が出てくるシーンでは、標準語が使われているのではないかと思います。


「aint」は「am not」, 「is not」や「are not」、 「has not」、「have not」のスラング的な省略です。方言によっては「do not」や「does not」の省略にもなります。「aint」はスコットランド方言ではありません。英語圏の国の若者であれば使う表現なので、Bay City Rollersのメンバーも普通に使っていたのかもしれません。


「aint」は英語の標準語にはなりませんので、シーンによって使ってはいけません。例えば、仕事の面接で「aint」を使ってしまうと「この人は馬鹿っぽい人だな」や「この人はちゃんと教育されていない」という印象を与えてしまいます。

しかし、地方の方言や若者のスラングとしては使われています。また、アメリカの黒人英語の特徴にもなります。

参考記事:「アメリカの黒人英語の特徴(ピジン言語)



次は、読者の方が送ってくれた英文章を詳しく見ていきましょう。

The audience was only about 500 to 600 strong and on this occasion , because nobody wanted to take responsibility for little girls roaming the streets after midnight , there’d been an age limit set of 16 . Also, it wouldnae have done us any favours to have American parents throwing up their hands in horror at the sight of so many little Brit children totally off their trolleys.  Apparently, young teens in a state of hysteria was unacceptable.

この文章は長くちょっと複雑ですが、ライブの話をしていますね。


The audience was only about 500 to 600 strong and on this occasion , because nobody wanted to take responsibility for little girls roaming the streets after midnight , there’d been an age limit set of 16 .

(ライブの聴衆は500~600人しかいなかったし、今回は少女のファンが真夜中にウロウロする事を防ぐ為にライブに16歳の年齢制限を設けました。)

Also, it wouldnae(=wouldn’t) have done us any favours to have American parents throwing up their hands in horror at the sight of so many little Brit children totally off their trolleys.
(そして、アメリカ人の親達は大勢のクレイジーなイギリスの若者を観て(自分達の子供も同じような状態になったら)困る。何故なら、俺たち(Bay City Rollers)の評判が悪くなるから。)

※翻訳のポイント
  • 「wouldnae have done us any favours」という表現は「私たち(の評判)に悪いだろう」という意味になります。
  • 「throwing their hands up in horror」という表現は「恐ろしさで両手をあげる事」という意味になりますが、もっと簡単に訳すと「困る」という意味になります。
  • 「totally off their trolleys」という表現は「クレイジー」や「ヒステリー」という意味になります。
Bay City Rollersはグループメンバーを見たら叫びだしたり、キャーと泣いたり、涙を流したり「ヒステリー」を起こしたファンがいたことから、アメリカ人の親達がそれを見て自分の子供をライブに行かせる事を禁止したのかもしれませんね(笑)。


Apparently, young teens in a state of hysteria was unacceptable.
(明らかに、若いティーネージャーのヒステリー状態は(アメリカ人の親にとって)悪い事でした。)


Rollermaniaの動画


※ここでちょっとした豆知識ですが、Les McKeownの奥さんは日本人だそうです!※

参考記事:「Wife has forgiven my 12 gay affairs


それでは、今回頂いた質問内容は以上ですが、予想通りの回答になったでしょうか^^

他のポップカルチャーについての質問やイギリス(またはスコットランド)英語の質問があれば、是非ご連絡くださいね!


Bay City Rollersに興味があれば、下記のグッズはお勧めです!










イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら