Fortnight、Fortnightlyの意味とは? イギリス英語特有単語

イギリス英語の特有単語「Fortnight」、「Fortnightly」
目次

アメリカで使わないイギリス英語特有の単語 Fortnight、Fortnightlyの意味と使い方

今回の記事ではアメリカ英語では使われないイギリス英語特有の単語として「Fortnight、Fortnightlyの意味と使い方」を紹介したいと思います。

この「fortnight」という単語は「2週間」という意味になります。この単語のルーツはとても古く、元々は古英語(450年頃から1150年頃までの英語)の単語でしたが、当時は「fēowertyne niht」という言い方でした。これは「fourteen nights」(14日間)という意味になります。

Fortnightはイギリス英語の日常会話でよく使われます。なぜか分かりませんが、アメリカ英語では一般的ではなくあまり使われていません。

その代わりにアメリカ英語では「two weeks」や「14 nights」という簡単な言い方が使われています。

「Fortnight」は名詞ですが、形容詞や副詞の形もあります。その場合は「fortnightly」になります。アメリカ英語では「biweekly」という単語の方が使われているようです。

Fortnight、Fortnightlyの使い方

それでは、実際にイギリス人の「fortnight」と「fortnightly」の使い方を例文と通して紹介していきます。

fortnightの使い方 例文

I take English lessons once a fortnight.
(私は2週間に1回英語のレッスンを受けています。)

I saw Tom about a fortnight ago.
(私は約2週間前にトムと会いました。)

My birthday party is a fortnight from today.
(私の誕生日パーティーは2週間後の今日です。)

I went to Spain for a fortnight in the summer holidays.
(私は夏休みに2週間くらいスペインで過ごしました。)

I’m going to take take a fortnight’s holiday in summer.
(私は夏に2週間の休みを取ります。)

fortnightlyの使い方 例文

I get paid fortnightly/biweekly.
(私は2週間毎に給料をもらいます。)

This magazine is published fortnightly/biweekly.
(この雑誌は2週間毎に出版されています。)

It’s a fortnightly/biweekly mail magazine.
(2週間毎に送られるメルマガです。)

下記の表をみると「fortnight」の使用率を見る事が出来ます。このグラフによればイギリス英語では「fortnight」の使用率が毎年減っていく傾向があります。

しかし、多くのイギリス英語の小説では「fortnight」は使われています。最も良い例としては「Harry Potter」のイギリス英語版です。ストーリー内では何度もこの単語が使われています。

今度、イギリス人と英語で話す機会がある方は「fortnight」という単語を使ってみましょう。

created by Rinker
YOWESH
¥12,799 (2024/05/25 04:19:35時点 Amazon調べ-詳細)
イギリス英語の特有単語「Fortnight」、「Fortnightly」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

イギリス英語のバイブル教材

イギリス英語のバイブル ブリティッシュイングリッシュマスター 

 

ブリティッシュイングリッシュマスターは本サイトの運営者である私が完全監修・制作したイギリス英語を習得する為の専門教材です。音声のレコーディングから、本文の例文は私が作っているので、ネイティブのイギリス人としての英語のニュアンスはとても自然な英語です。

ネイティブのイギリス人が日常的に使う自然なフレーズ、アメリカ英語との違いを比較しながら、イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

本書ではイギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。
RPアクセントの音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語の発音が勉強出来ます。

 

目次