スラング

イギリス英語特有の俗語「peaky」,「parky」,「porkies」の意味と使い方を紹介

イギリス英語特有の俗語「peaky」,「parky」,「porkies」の意味と使い方を紹介

イギリス人の会話でよく使われる peaky、parky、porkiesの意味とは?


Mairi
Mairi
皆さんこんにちは。イギリス人は会話中によく「イギリス英語特有の俗語」を使う傾向があります。そこで今回の記事ではイギリス英語でよく使われる特有のボキャブラリー「peaky」,「parky」,「porkies」の意味と使い方を紹介していきたいと思います。


これら三つの単語は、アメリカ英語では殆ど使われていないと思いますので、その単語に代わって使われているアメリカ英語の言い方も同時に紹介していきたいと思います。

それでは、「peaky」,「parky」,「porkies」とは具体的にどういった意味なのでしょうか? イギリス人は会話の際にどんな時に使い方をするのでしょうか?





イギリス英語特有の俗語 Peakyの意味と使い方


イギリス英語特有の俗語 Peakyの意味と使い方

意味:「体調が悪い、顔色が白い」
アメリカ英語:「unwell」,「sick」



これは形容詞です。一般的には「feel a bit peaky」や「look peaky」というパターンで使います。自分の体調について話す際に使っても大丈夫ですし、他の人の体調の話をする際に使っても大丈夫です。

アメリカ英語では、「unwell」や「sick」という形容詞で使う事が多いと思います。それでは実際にPeakyのイギリス人の使い方を例文で確認してみましょう。


Peakyの使い方 例文:



Fred, are you alright? You look a bit peaky.
(フレッドさん、大丈夫ですか?顔色白いよ。)


I’m going to go home early today. I’m feeling a bit peaky.
(私は今日早く帰ります。体調が良くないで。)


I’m taking Tommy to the doctor’s this afternoon. He has been peaky all morning.
(私は午後トミーを医者に連れて行くよ。彼は朝からずっと体調が悪いです。)






イギリス英語特有の俗語 Parkyの意味と使い方


イギリス英語特有の俗語 Parkyの意味と使い方

意味:「寒い」
アメリカ英語:「chilly」



この単語も形容詞です。主にイギリスの北部の人達が使います。アメリカ英語では、「chilly」になります。イギリス人は他にも「nippy」という形容詞を使います。「寒い」という意味になります。「Very parky」という表現は使いません。

会話では「a bit parky」というフレーズの方がよく使われています。この方がネイティブにとって自然に聞こえます。それでは、実際にイギリス人の使い方を例文で確認してみましょう。


Parkyの使い方 例文:



It’s a bit parky in here. Can you close the window?
(ここは寒いですよ。窓を閉めてくれない?)


It’s a bit parky today. Don’t forget your coat.
(今日はちょっと寒いよ。コートを忘れないでね。)


It’s a bit parky for August, isn’t it.
(8月なのにちょっと寒いよね。)






イギリス英語特有の俗語「porkies」の意味と使い方


イギリス英語特有の俗語「porkies」の意味と使い方

意味:「嘘」
アメリカ英語:「to tell lies」



このスラングは元々コックニー・ライミング・スラングから生まれました。しかし、現在はコックニー以外の人も使います。このスラングは主に「to tell porkies」というパターンで使われています。

アメリカ英語では、単純に「to tell lies」(嘘をつく)という言い方になります。「Porkies」は少しふざけた言い方なので、真面目な話であれば使わない方がいいでしょう。




porkiesの使い方 例文:



Are you telling porkies again?
(あなたはまた嘘をついているの?)


Don’t tell me porkies. I want the truth.
(私に嘘をつかないで。事実を言って欲しい。)


Karen is always telling porkies.
(カレンはいつも嘘をついている。)



単数形の「porky」はもう一つの意味があります。これは「太っている」、「デブ」という意味になります。これは「豚肉のポーク(pork)」から来た形容詞です。


porkの使い方 例文:



I need to cut down on chocolate. I’m getting porky.
(私はチョコレートをやめなくちゃね。私は太ってきたからさ。)


Mark’s got a bit porky, hasn’t he.
(マークはちょっとでぶってしまってね。)




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら