hoverboard、Back to the Future Day、Norwegian option、Women’s Equality Partyの意味とは?

10月のニュースメディアに入っていたバズワード紹介
目次

イギリスのニュースでよく見る4つのバズワード

今回の記事ではイギリスのニュースメディアで流行っていた、buzzword(流行語)として「hoverboard、Back to the Future Day、Norwegian optionWomen’s Equality Party」を紹介したいと思います。

Back to the Future Dayとはどんな意味?

このBack to the Future Dayは「2015年10月21日」という意味になります。実はお恥ずかしながら・・私は「Back to the Future」という映画を観た事がありません(笑)。皆さんはご存じだと思いますが、この映画は、主人公のMarty McFlyが未来にタイムスリップするというストーリーです。

彼がタイムスリップを行った日は「2015年10月21日」でした。その事から”2015年10月21日”は英語圏のメディアで「今日はBack to the Future Dayだよ!」と騒ぎ「想像された未来」と現実を比較していました。

私はBack to the Futureを観た事がありませんので、映画で想像された2015年と現実の2015年がどれくらい違うのか分かりませんが、色々な新聞は以下のような記事を書きました。

Back to the Future Day live: Is October 21, 2015 turning out like the film predicted?

created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント
¥3,218 (2024/07/15 03:22:35時点 Amazon調べ-詳細)

Hoverboardとはどんな意味?

Hoverboard(ホバーボード)とは地面から浮いて浮遊するスケートボードのような乗り物です。Back to the Futureの映画に出てきた「Hoverboard」という乗り物は10月のニュース記事でよく目にしました。そして、Back to the Future Dayのきっかけにより、ある会社が「ホバーボード」のような乗り物を発売しました。しかし、イギリスではこの乗り物は危険だと考えられ直ぐに販売が禁止されました。

残念ながらイギリスの歩道や道路ではホバーボードを乗る事は出来ません(笑)。イギリスのボコボコしている舗装されていない道が多いので仕方がないと思いますが・・。

‘Hoverboards’ are illegal on both pavements and roads, CPS confirms

Norwegian optionとはどんな意味?

Norwegian optionとは「(イギリスは)ノルウェイと同様にEU加入せずにEUの国々と貿易する事」という意味になります。イギリスはEUに参加している国ですが、多くのイギリス人はEUから脱退したいと思っています。

しかし、イギリスがEUから完全に出てしまうと、ビジネスや貿易に多大な悪影響を与える可能性が高いので、ノルウェイと同じようにEUの国々と特別な貿易協定を結ぶ事を考えています。このことを「the Norwegian option」という呼ぶようになりました。

The Norwegian option

Women’s Equality Partyの意味とは?

最後に紹介する「Norwegian option」とは「性的平等を目標にした新しい政党という意味になります。最近イギリスで最も新しい政党が作られました。その政党の最大の目標は「The Women’s Equality Party」つまり性的平等です。

The Women’s Equality party has a problem – no one hates it

10月のニュースメディアに入っていたバズワード紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

イギリス英語のバイブル教材

イギリス英語のバイブル ブリティッシュイングリッシュマスター 

 

ブリティッシュイングリッシュマスターは本サイトの運営者である私が完全監修・制作したイギリス英語を習得する為の専門教材です。音声のレコーディングから、本文の例文は私が作っているので、ネイティブのイギリス人としての英語のニュアンスはとても自然な英語です。

ネイティブのイギリス人が日常的に使う自然なフレーズ、アメリカ英語との違いを比較しながら、イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

本書ではイギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。
RPアクセントの音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語の発音が勉強出来ます。

 

目次