ママ、母は英語でmumとmomのどっち?

「ママ」や「母」は英語で「mum」それとも「mom」?
目次

英語でママ、母、お母さんは何と言う? イギリス英語とアメリカ英語の言い方の違いとは?

イギリス英語を勉強している方でも、アメリカ英語を勉強している方であっても、英語の知識が深くなってくると、単語の使い方やニュアンスについて気になってくる方も多いと思います。

今回は簡単なテーマかもしれませんが、私が英語を教えていて意外とよく質問される「お母さん」という単語のイギリス英語での言い方、アメリカ英語での言い方について紹介していきたいと思います。

イギリス英語でも、アメリカ英語でも「母親」という単語は「mother」になり、「父親」という単語は「father」になる事は当前です。しかし、日常会話においてネイティブは「mother」や「father」という単語を使う人は少ないと思います。

私達ネイティブの立場すると、「mother」という単語と「father」という単語は日常会話の際に使ってしまうと”少し硬い印象”を受けます。

イギリス英語で「お母さん」、「お父さん」と言うには?

「ママ」や「母」は英語で「mum」それとも「mom」?

私はイギリス人なので友達と一緒に家族関係の話をする際には「mum」と「dad」という単語をよく使います。

mumやdadの使い方 例文:

My mum likes watching films.
(私のお母さんは映画を見るのが好きです。)

It’s my dad’s birthday tomorrow.
(明日は私のお父さんの誕生日です。)

ネイティブは自分の両親について話す時に、「my mum」や「my dad」という言い方をします。そして、友達の両親の事について質問をする際には「your mum」や「your dad」という表現を使います。英語圏の殆どの若者もこのように話すと思います。

また少し遠い関係であれば、「your mother」や「your father」という事が多いでしょう。そして記事や作文を書く際には「mother」や「father」を使います。

また、私は自分の両親と話す際には「mum」と「dad」と呼びます。小さい子供の場合は「mummy」と「daddy」という言い方が一般的です。

しかし、イギリスでは地方によって、発音と言い方が異なる場合もあります。例えば、ウェールズやイングランドの北部では「mum」ではなく「mam」という言い方が多く使われています。そしてバーミングガムの周辺では「mom」というスペル、発音が使われます。

ちなみにアイルランドでは「mam」や「ma」という言い方になります「mama」という言い方は赤ちゃんしか使いませんね。

アメリカ英語で「お母さん」、「お父さん」と言うには?

「ママ」や「母」は英語で「mum」それとも「mom」?

アメリカ人も殆どの場合は「mom」と「dad」という単語を使います。小さい子供は「mommy」という言い方をします。「momma」と言う人もいますね。

そして、オーストラリア人は、お母さんと言う際に「mum」という言い方をします。カナダ人は「mom」か「mum」を使います。(人によります)

「mum」と「mom」のキャピタライゼーション(大文字?小文字?)

最後に固有名詞の場合は「大文字」を使います。

It’s Mum’s birthday tomorrow.
(明日は(私たちの)お母さんの誕生日です。)

※名前として「Mum」を使っている場合

ただの名詞として使う際には小文字を使います。

Does your mum like chocolate?
(あなたのお母さんはチョコレートが好きですか?)

今回はこれで以上になりますが、イギリス英語に関する疑問・質問、英語学習に関する質問など。英語に関する質問、イギリスに関する質問がある方は是非メッセージ下さいね^^

質問はこちらから

「ママ」や「母」は英語で「mum」それとも「mom」?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

イギリス英語のバイブル教材

イギリス英語のバイブル ブリティッシュイングリッシュマスター 

 

ブリティッシュイングリッシュマスターは本サイトの運営者である私が完全監修・制作したイギリス英語を習得する為の専門教材です。音声のレコーディングから、本文の例文は私が作っているので、ネイティブのイギリス人としての英語のニュアンスはとても自然な英語です。

ネイティブのイギリス人が日常的に使う自然なフレーズ、アメリカ英語との違いを比較しながら、イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

本書ではイギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。
RPアクセントの音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語の発音が勉強出来ます。

 

目次