イギリス観光

動物の名前の言い方も結構違うイギリス英語とアメリカ英語の違い:イギリス滞在日記

イギリスの動物園

イギリス英語とアメリカ英語の動物の名前や発音の違い



皆さんこんにちは! いきなりですが、私は今イギリスに来ています^ ^
私は毎年この時期にイギリスの実家に戻ってきます。 今年は約四週間程イギリスで過ごす予定です。

私は基本的にケチな人なので(笑)イギリスに行く際には出来るだけ安い方法で帰るようにしています(笑)。 私の経験では、成田からロンドンヒースローまでの最も安い方法は「ロシアのアエロフロート」で行く事です。


この時期は子供の夏休みという事もあり、飛行機のチケットは比較に高いですが、オフシーズンであれば大体1人7万円くらいで行けます。

しかし、飛行機はモスクワで乗り換える必要があります。行きの乗り換え時間は3時間だけなので楽ですが、帰りは何と・・・”14時間の待ち時間”があるんですね>_<

ですが、モスクワの空港の中には「カプセルホテル」 があるので、それを先に予約すれば乗り換えの時間をベッドでゆっくりと過ごせます。今回は私はそのようにするつもりです。


ところで、イギリス英語で「飛行機」は「airplane」ではなく、「aeroplane」ですよ。カタカナ表記で発音を書くと「エーロプレイン」になります。

日本の夏は非常に暑くて湿気が多いですが、イギリスの夏は涼しくて過ごしやすいです。しかし、私の母親は毎日「暑いよ! 蒸し暑いよ!」 と文句を言っています!

私の母親は「muggy」という単語をよく使います。これは「蒸し暑い」という意味になりますが、東京や京都の夏を経験してきた私はこんなのちっとも「muggy」だと思っていません!


[caption id="attachment_4155" align="aligncenter" width="225"]イギリスの動物園 イギリスの動物園[/caption]

おすすめ記事:




動物の名前でもイギリス英語とアメリカ英語の違いがある



私はもう既に5日間イギリスにいますが、あんまり大きなイベントはやっていません。ただ、昨日は家族と一緒に実家近くの動物園に行ってきました。

そしてこの動物園は結構凄かったんです。私が今までに見たことがない動物が沢山いました。


とくにチーター(英語:cheetah)が沢山いました。そして、珍しい白い虎(英語:white tiger)が三頭もいました。そして珍しい種類の猿もいました。

しかし、私が最も感動したのはフクロウでした!フクロウは英語で「owl」と言います。 様々な種類がいて意外と可愛かったです^ ^


IMG_1727

IMG_1718


ところで、たまに動物の名前でもイギリス英語とアメリカ英語の違いが出てきます。例えば、「亀」はアメリカ英語で「turtle」と言いますが、イギリス英語で場合によって違う言い方になります。

海で泳ぐ亀はイギリス英語で「turtle」と言いますが、他の亀は「tortoise」になります。ペットとして飼う亀はイギリス英語で「tortoise」になります。

この単語はおそらく、元々フランス語から来たような気がします。発音は地方によって違いますが「トータス」か「トートイズ」になります。


IMG_1715

そして、「シマウマ」は「zebra」になりますが、イギリス人は一般的に「ゼブラ」という発音を使います。そして、私が知っている限り、ほとんどのアメリカ人は「ゼィーブラ」というように発音します。




英語で動物の鳴き声はこんなに違う!?



IMG_1704

皆さんは以下の動物の鳴き声は英語で言うと、どんな言葉になるかご存知ですか? 日本語の鳴き声とはだいぶ異なります(笑)。

  • 猫:Miaow
  • 犬:Woof
  • 牛:Moo
  • 羊:Baa
  • 馬:Neigh
  • ロバ:Eee-ore
  • 豚:Oink
  • 蛙:Ribbit
  • 鴨:Quack
  • 七面鳥:Gobble
  • 鶏:Cluck
  • 雄鶏:Cock-a-doodle-doo



昨日行った動物園には子供向けの「動物触り合いエリア」がありました。このエリアには、子羊や子山羊がいました。

自動販売機で動物の餌を売っていたので、20ペンス(約30円)で購入して動物に餌をあげることが出来ました。子羊は英語で「lamb」になり、子山羊は「kid」になります。人間の子供も「kid」と呼ばれますが、このスラングは元々「子山羊」という意味です。


IMG_1723

この単語はどうして人間の子供という意味になったのか全くわかりませんが、元々アメリカ英語のスラングだと思います。

では、私は8月の中旬までイギリスにいますので、これから書く記事は私のイギリスでの滞在日記やイギリスカルチャーに関する記事になりますが、イギリスやイギリス英語に関する質問があれば是非お気軽にご連絡くださいね。(^。^)




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら