イギリス英語

「ワクチン」、「予防接種」は英語で何という? 英米の言い方の違いも解説

「ワクチン」、「予防接種」は英語で何という? 英米の言い方の違いも解説

英語で「予防接種」や「ワクチン」は何と言う? イギリス英語の言い方とアメリカ英語の言い方の違いも紹介


Mair
Mair
皆さん、こんにちは。最近急に寒くなってようやく冬という感じになりましたね。冬になるとインフルエンザの話が出てきますし、現在世界中でコロナウイルスが流行っていますので、「英語でワクチン」に関する話をする機会も多いと思います。


そのことから、今回の記事では「ワクチン」という意味になる英語を紹介したいと思います。日常英会話では「ワクチン」という意味になる英単語が数多くあります。

科学用語は勿論の事、日常会話では口語の言い方もあります。そして、他にもイギリス英語のワクチンの言い方とアメリカ英語のワクチンの言い方の違いもあるので、それらも合わせて紹介していきたいと思います。先ずは、「ワクチン」という日本語の由来と英語の言い方を紹介したいと思います。



日本語の「ワクチン」という言葉のルーツと「vaccine」の言い方の由来


日本語の「ワクチン」という言葉のルーツと「vaccine」の言い方の由来

日本語の「ワクチン」という言葉は元々は、ラテン語の「vacca」(雌牛)という言葉から来ています。その牛という言葉が使われている理由として、初めてできたワクチンは牛に感染する「cowpox virus」(牛痘)というウイルスからできた事がルーツになっています。

イギリス人の医者のエドワード・ジェンナーは、牛の世話をして働く人は「smallpox天然痘)」の免疫があるという事に気がづき、cowpoxのウイルスを使って天然痘の為のワクチンを作りました。

英語の「vaccine」も同じ由来ですが、日本語の発音はドイツ語の発音から来ています。ですので、日本語と英語の発音はかなり違います。英語の発音は「ヴァクセィーン」になります。

vaccineは名詞で「薬の種類」というニュアンスを与えます。「vaccination」(発音:ヴァクセィネーション)という単語もあります。

これも名詞ですが、「ワクチンを体にうつ事、」「ワクチン接種」という意味になる単語です。動詞として使うと「vaccinate」(発音:ヴァクセィネイト)という言い方になります。

それでは、実際のネイティブの使い方を例文で確認してみましょう!


vaccine(ワクチン)の使い方 例文



Many countries are trying to develop a vaccine for coronavirus.
(数多くの国々は新型コロナウイルスのワクチンを作ろうとしています。)


Have you had the flu vaccine this year?
(あなたは今年インフルエンザのワクチンを打ちましたか。)


My baby will receive her first vaccinations next month.
(うちの赤ちゃんは来月に初めての予防接種を打つ予定です。)


Recently, many people oppose vaccinations in children but this is dangerous.
(最近、多くの人は子供の予防接種に対して反対している人がいますが、これは危ない考え方です。)





英語で予防接種という意味の「immunization」,「immunisation」の使い方


英語で予防接種という意味の「immunization」,「immunisation」の使い方

immunization、immunisation(発音:イミュナイゼーション)という単語は以前に紹介した「vaccination」と同じ意味になります。つまり、「予防接種」という意味になります。

関連語は「immune system」(免疫系、免疫システム)、immunity (免疫)、「immunize/immunise」(ワクチンを通して免疫を与える)になります。

アメリカ英語のスペルでは、「immunization」になります。イギリス英語では、一般的に「immunisation」というスペルが使われています。それでは、例文を通して正しい使い方を覚えていきましょう!


immunization、immunisatioの使い方 例文



The government has started an immunisation programme for influenza.
(政府はインフルエンザの予防接種プログラムを開始しました。)


The immunisation rate for this vaccine is almost 100%.
(このワクチンの接種率は100%に近いです。)


Please write your child’s immunisation record on this form.
(お子様の予防接種記録をこの書類に書いてください。)





予防接種という意味の「inoculation」のニュアンスと使い方


予防接種という意味の「inoculation」のニュアンスと使い方
inoculationという単語も時々使われますが、少し珍しい言い方だと思います。この単語は名詞で「vaccination」と「immunization」と同じように使われます。

つまり、「ワクチンを通して免疫を与える事」という意味になります。動詞として使うと「inoculate」(発音:イノキュレイト)という言い方になります。それでは、実際の例文を確認してみましょう!


inoculation(予防接種)の使い方 例文



Has your son had all his inoculations now?
(息子さんはもう全ての予防接種を打ちましたか。)


This vaccine inoculates against measles.
(このワクチンは麻疹に対する免疫を与えます。)


Each country has a slightly different inoculation schedule.
(それぞれの国は微妙に異なる予防接種スケジュールがあります。)





イギリス英語で「予防接種」という意味の「jab」


イギリス英語で「予防接種」という意味の「jab」

イギリス英語の日常会話では「予防接種」について話す際に「jab」という単語を使う人が多いです。「jab」は名詞としても動詞としても使う事が可能です。この単語は「突き刺す」という意味になります。

ボクシング用語でも「jab」(ジャブ)という単語が使われていますね。ボクシングの「ジャブ」は「速くて鋭いパンチ」というニュアンスを与えます。

このイメージからイギリス人が使う「jab」(ワクチンを打つ・突き刺す)という口語ができました。それでは、実際の例文を通してイギリス英語の「jab」の使い方をみていきましょう!

イギリス英語の口語・スラングを学べる教材 → ブリティッシュイングリッシュ口語マスター


jab(予防接種)の使い方 例文



I had the flu jab yesterday. My arm hurts now.
(私は昨日インフルエンザのワクチンを打ちました。今腕が痛いです。)


I wonder when the coronavirus jab will be ready…
(新型コロナウイルスのワクチンはいつ出来るのかな。)


I’m taking my daughter to the doctor for her jabs tomorrow.
(娘を明日病院に連れて行ってワクチンを打ってもらいます。)





アメリカ英語で「予防接種」という意味の「shot」


アメリカ英語で「予防接種」という意味の「shot」
アメリカ人は上記に紹介した「jab」という言葉は使いません。アメリカで「jab」という言葉を使うと周りの人はビックリすると思います(笑)。アメリカ人は代わりに「shot」という単語を使います。

これはイギリス英語の「jab」と同じ使い方、ニュアンスを与える単語です。それでは、アメリカ英語のshotの使い方を例文で確認してみましょう。



shot(予防接種)の使い方 例文



I had the flu shot yesterday. My arm hurts now.
(私は昨日インフルエンザのワクチンを打ちました。今腕が痛いです。)


I wonder when the coronavirus shot will be ready…
(新型コロナウイルスのワクチンはいつ出来上がるのかな。)


I’m taking my daughter to the doctor for her shots tomorrow.
(娘を明日病院に連れて行ってワクチンを打ってもらいます。)





まとめ:「ワクチン」、「予防接種」は英語で何というの?


まとめると、日本語の「ワクチン」は英語で「vaccine」という言い方になります。しかし、日本語の発音はドイツ語がルーツになっているので英語と違いますので、発音に気をつけましょう。英語の発音は「vaccine」になります。

他にも予防接種という意味になる英語として「immunization」、「inoculation」などの言い方がありますが、この単語は「ワクチンを通して免疫を与える事」というニュアンスを与えます。

イギリス人は予防接種をするという際に「jab」という単語をよく使います。これは「ワクチンを打つこと」という意味になります。アメリカ人は「jab」の代わりに「shot」という名詞を使います。

「jab」はイギリス英語の口語ですが、病院や店でも使われている単語です。例えば、イギリスのドラッグストアやスーパーでインフルエンザのワクチンを打つことができます。

そういった店のウェブサイトを見ると、「flu jab」という言い方が使われています。興味がある方は以下に参考サイトをご紹介しますので、ご覧になって下さい。





イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら