イギリス英語

「トマト」はイギリス英語で何と言う? イギリス英語の発音とアメリカ英語の発音の違いは?

「トマト」はイギリス英語で何と言う? イギリス英語の発音とアメリカ英語の発音の違いは?

イギリスとアメリカでは「トマト」の言い方は違う? 英米の発音の違いも紹介


Mair
Mair
皆さんこんにちは。今回の記事では、イギリス英語の発音とアメリカ英語の発音の違いとして最も有名な「トマトの発音」についてお話していきたいと思います。


また、発音以外にもトマトに関連するイギリス英語のユニークな単語とフレーズも合わせて紹介していきたいと思います。

このサイトを以前からご覧の読者の方は、イギリス英語のトマトの発音がアメリカ英語の発音と違うという事はご存じなのではないかと思います。

それでは、順番に双方の発音の違いについてクローズアップしていきましょう。それでは、「トマト」はイギリス英語で何と言うのでしょうか。



イギリス英語のトマトの発音とアメリカ英語のトマトの発音の違い


イギリス英語のトマトの発音とアメリカ英語のトマトの発音の違い

アメリカ英語では、tomato(トマト)という際に「トメイトー」または「トメイドー」という発音をします。しかし、イギリス英語では「トマートー」という発音を使っています。これはイギリス英語の発音とアメリカ英語の発音の最も大きな違いだと思います。

その違いの由来は不明ですが、tomatoという単語は元々アズテックの言語から来ているそうです。その後、スペイン語やポルトガル語に入っていったそうです。

英語の「tomato」はスペイン語の「tomate」が由来になっています。スペイン語の「tomate」の発音は「トマテ」になるそうです。イギリス英語の発音はそのスペイン語の単語に基づいています。

正直に言ってしまうと・・・アメリカ英語の「トメイト」の発音は、どうしてそんなに違うのか分かりません(笑)。しかし、アメリカに行って英語で会話する際には「トメイトー」という発音を使わないと通じないと思います。



tomatoのスラングの言い方、「トマト」はtomato以外に違う言い方がある?


tomatoのスラングの言い方、「トマト」はtomato以外に違う言い方がある

イギリスでは、一般的に「トマト」は「tomato」以外の言い方はありません。しかし、八百屋や市場などに行くと「toms」という表現をしている場合もあります。tomsとはトマトのニックネームになります。

発音は「トムズ」になります。そして、イギリスには、「Tangy Toms」というポテトチップスがあります。これはとても珍しいと思いますが、何とトマトの味がするポテトチップスです。


昔のアメリカ英語のスラングでは、「tomato」は「可愛い女性」という意味になるそうですが、このスラングはかなり古いので、基本的にお年寄りしか使わないと思います。

現在では、このスラングは使われていません。しかし、古いハリウッド映画等をみると出てくる可能性はあると思います。そして、「tomato」は「red as a tomato」というフレーズにも使われています。

この表現は「恥ずかしいから顔が赤くなった」という人に対して使うフレーズです。直訳すると「トマトと同じくらい赤い」という意味になります。それでは、例文を紹介していきたいと思います。



「トマト」のスラングとイディオムの例文



A: How much are the tomatoes?
(トマトはいくらですか。)

B: Toms are a pound for a pound.
(トマトは1パウンド1ポンドになります。)



A: What’s wrong with you?  You’re as red as a tomato!
(あなたはどうしたの?顔がトマトのように赤いよ!)

B: I just said something really stupid and now I feel embarrassed.
(私は変な事を言っちゃったから恥ずかしいよ!)




「トマトケチャップ」はイギリス英語で何と言う?


「トマトケチャップ」はイギリス英語で何と言う?

「トマトケチャップ」はアメリカ英語で単純に「ketchup」か「tomato ketchup」という言い方になります。

イギリス人も「ketchup」という言い方を使いますが、「tomato sauce」(発音:トマートーソース)という言い方もよく使われます。

つまり、「ketchup」の代わりに「sauce」という単語を使います。この言い方はオーストラリア英語でも使われています。

アメリカ英語で「tomato sauce」は「トマトケチャップ」という意味ではなく、「トマトベースのソース」(ピザ、パスタ用などのソース)という意味になります。



「tomato sauce」の使い方の例文



A: Would you like tomato sauce on your chips?
(フライドポテトにケチャップをかけましょうか。)

B: No, thanks. Salt and vinegar is fine.
(いいえ、結構です。塩と酢だけで大丈夫ですよ。)



A: This tomato sauce tastes different.
(このケチャップはいつもと違う味がするよ。)

B: It’s the supermarket’s own brand, that’s why.
(それは何故ならスーパーのPBだからだよ。)




まとめ:「トマト」のイギリス英語の発音


まとめると、イギリス人はtomatoという際に「トマートー」という発音を使いますが、アメリカ人は「トメイトー」または「トメイドー」という発音になります。

イギリス英語の「トマートー」の由来は元の言語「tomate」に最も近い発音になります。そして、イギリスでは時々「toms」という言い方も使われていますが、この言い方はアメリカでは使われません。

そして、イギリス人は「ケチャップ」を「tomato sauce」と呼ぶ事があります。これで以上になります。

他にもイギリス英語でこんな事が知りたい! イギリス映画について質問してみたい! イギリス人の国民性のここが知りたい!など。英語以外にもイギリスに関する質問があれば、是非、ご連絡くださいね。


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら