イギリス英語

イギリス英語「oi!」の意味とは? アメリカ英語 heyとの違い

イギリス英語「おい!oi!」の意味とは? アメリカ英語 heyとの違い

人の注意を引く際に使うイギリス英語「おい(oi!)」の意味と使い方



Mairi
Mairi
皆さん こんにちは。今回の記事では、イギリス英語の「oi!」という表現の意味と使い方を紹介してみたいと思います。日本語でも「おい!」という言い方は使われていると思いますが、例えば、日本語で「おい!」という言うと、相手にどんな印象を与えるのでしょうか。


これは私の個人的な印象ですが、日本語の「おい!」は、ちょっとだけ「乱暴な男性っぽい言い方」になるのではないかと思っています^^。

そこで、今回の記事では、イギリス人が使う「oi!」の意味と使い方、アメリカ英語「hey」との違いも合わせて紹介してみたいと思います。それでは、「oi!」はイギリス英語でどういう意味で、どういったニュアンスを与えるのでしょうか?






イギリス英語「oi」の意味と使い方、語源


イギリス映画やイギリスのテレビドラマを観ていると「oi!」という表現を耳にした事がある方は多いのではないかと思います。この表現(音?!)は、現在、どの階級のイギリス人にも使われているので、日常会話でもよく出てきます。

この表現は「人の注意を引く際」という際に使われます。発音は日本語の「オイ!」に近いです。


イギリス英語「おい!oi!」の意味とは? アメリカ英語 heyとの違い

また「oi」はイギリス人だけではなく、オーストラリア人、ニュージーランド人、カナダ人、南アフリカ人も使います。つまり、英連邦諸国で使われている表現です。

現在のイギリスで、「oi」は色々な階級の人に使われていますが、元々は「コックニー」(東ロンドンの地域出身の人)の表現でした。



オックスフォード辞書によれば、「oi」は1930年代頃から使われています。元々は「hoy!」という”感嘆詞”から来ているようです。コックニー訛りの特徴の一つとして”単語の初め”の「h」を抜くという事があります。

そのため、「hoy」は「‘oi」になりました。「oi」という単語には特に「意味」がありませんが、誰かの注目を引き付ける際に使う感嘆詞です。

例えば、友達が遠い場所にいる際に「Oi! Mike! I’m here!」(おーい!マイク!私はここにいるよ!)といった表現として使ったり、子供に対して怒る際に「Oi! Stop it!」(おいっ!やめなさい!)という表現を使います。

そして、oiを使う際に「声のトーン」で、それが「怒っているのか」、「からかっているのか」、「フレンドリーなニュアンスなのか」といった、それらの感情を表現できます。



イギリス英語 oiの使い方 例文



母親: Oi! Take your muddy shoes off before you come in the house!
(おい! 家に入る前に泥だらけの靴を脱ぎなさい!)


男性: Dave! I’m over here! Oi! This way!
(デイヴ! 俺はここにいるよ! おーい!こっちだよ!)


男性: Oi! Taxi!
(タクシー!)


兄弟: Oi! That’s my toy! Give it back!
(おーい! それは私の玩具だよ! 返してよ!)


妻: Oi! Get out of the kitchen. I’m cooking dinner and you’ll get in the way.
(おい! キッチンから出てよ。今、夕食を作っているから邪魔しないで。)




「oi」とアメリカ英語


「oi」は元々イギリス英語の表現なので、アメリカ人は殆ど使いません。ですから、アメリカ人は人の注目を引き付けたい際には「hey!」(発音:ヘイ!)という表現を使います。

「hey」はアメリカ英語で「hi」や「hello」の代わりにも使える単語です。それでは、実際の使い方を例文で確認してみましょう。


イギリス英語「おい!oi!」の意味とは? アメリカ英語 heyとの違い

アメリカ英語 heyの使い方 例文



男1: Hey man, what’s up?
(やあ、調子どう?)

男2: Hey! I’m good!
(おっす!元気だよ!)




女: Hey guys!  Listen up!  The restaurant is reserved from 7:30 so we need to leave now!
(ねえ、みんな!聞いて! レストランは7時半から予約したから今出ないとだめだよ!)


男: Hey! Taxi!
(タクシー!)


男: Hey! That’s my seat!
(おーい!それは僕の席だよ!)


母: Hey! Don’t touch those cookies! They’re still hot.
(おい! クッキーに触らないで。まだ熱いから。)





イギリス英語「oi」とアメリカ英語「hey」:まとめ


まとめると、イギリス英語の「oi」は日本語の「おい」にとても似ています。人の注意を引く際に使う感嘆詞です。例えば、怒っている際に使えますし、人をからかっている際にも使えます。

そして、イギリス英語の「oi」は乱暴や下品な言い方というわけでもないです。しかし、口語なので、ビジネスシーンなどのフォーマルなシチュエーションでは使わない方が良いでしょう。

アメリカ英語の「hey」は「oi」と同じシーンで使えますが、プラスアルファの挨拶として使えます。つまり、「hi」や「hello」の代わりにも使える単語になります。





イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら