イギリス英語

イギリス英語でよく使われている posh(ポッシュ)とはどういう意味でしょうか?イギリスの階級社会に関する英語表現 posh(ポッシュ)

イギリスの階級社会に関する英語表現

イギリスの階級制度を知るための英語知識:イギリス英語で posh(ポッシュ)とはどういう意味でしょうか?


イギリスの階級社会に関する英語表現イギリスの階級社会に関する英語表現

このサイトの読者のみなさんはイギリスのカルチャーに興味がある方が多いと思いますので、イギリスの階級制度についてはよく耳にされる方も多いと思います。実際イギリスの階級制度については世界中で知られているイギリス固有の社会構造だと思います。


私の自身の意見では、どの国、どの社会であっても階級分けの考え方があると思っていますが、やはりイギリス人は特にソーシャルクラス(社会階級)が気になったり、その事についてよく会話される事が多いです。


そしてイギリス人はその階級に関する話をよくしますので、会話中に自然と階級関連のスラング・単語が多く出てきます。今日紹介したいposh(ポッシュ)という単語は、これらの例を説明する為の良い例になります。



イギリス英語 posh(ポッシュ)の意味とニュアンス・使い方について


簡単に言ってしまうと posh(ポッシュ)という単語は形容詞で「豪華」、「高級」、「上流階級」という意味になります。
ただ使い方によっては色々なニュアンスが含まれている事も多いです。

That’s a posh dress you’re wearing. Are you going somewhere nice?
(あなたが着ているワンピースは豪華で素敵ですね。何処か良い場所に行くんですか?)
※ この際の「posh」は少しスラング的なニュアンスが含まれている使われ方なので、友人関係にある人と会話する際に使う文章ですね。


We’re going to a posh restaurant tonight.
(私たちは今夜豪華なレストランに行きますよ。)
※ 少し皮肉った卑下したニュアンスが含まれている使い方です。


He’s really posh.
(彼は凄くアッパークラスな人です。)
※ この人は上流階級の話し方、マナー等がある。そのような人を説明する際に使います。


The Prime Minister went to a posh public school.
(総理大臣は上流階級の私立学校に通いました。)
※ 「Public school」はイギリス英語で私立学校という意味になります。


He talks posh.
(彼の話し方はアッパークラスっぽい。)
※ なぜか不明ですが副詞として使っても「poshly」ではなくて「posh」になります。(笑)


面白いことに、デイヴィッド・ベッカムの奥さん(ヴィクトリア)は、元スパイスガールズというアイドルグループにだった当時、「Posh Spice」というニックネームでしたた。しかしこれは皮肉ったニックネームなんです。(笑)

彼女は元々上流階級の人ではなく普通のミドルクラスの女性ですが、昔から高級ファッションブランドが好きだった事から、他のメンバーに「posh」と呼ばれました。(笑)




イギリス人が使う posh(ポッシュ)の正しい使い方



この単語は新聞の見出し等でもよく使われています。以下に実際使われている例を紹介していきます。

・「Tesco rocked by exodus of shoppers to posh AND budget rivals: Supermarket giant hit as profits plunge 24.5%」
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2442217/Tesco-profits-plunge-24-5-shoppers-defect-posh-AND-budget-rivals.html

これはイギリスのスーパーマーケットの話です。テスコというスーパーの利益が減り、多くの買い物客が高級スーパーや激安スーパーにながれる
という内容の記事ですね。


・Government reshuffle: Bad news for posh southern blokes
http://blogs.telegraph.co.uk/news/benedictbrogan/100240085/government-reshuffle-bad-news-for-posh-southern-blokes/

イギリスの大臣の役が変わった。南の地方から来た上流階級の人に悪いニュースです。
※ ミドルクラスの国民にアピールする為に「posh」な大臣が首になった・・。というニュアンスですね^^






イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら