イギリス英語

「嘘だ!」という意味になるイギリス英語の俗語(スラング):Bollocks,Codswallop,Tosh,rubbishの意味と使い方紹介

「嘘だ!」という意味になるイギリス英語のスラング

イギリス英語の俗語(スラング)紹介:Bollocks,Codswallop,Tosh,rubbishの意味と使い方紹介



皆さん、「bullshit」という(アメリカ)英語を聞いた事がありますか?このスラングはハリウッド映画やアメリカのテレビドラマによく出てくると思います。


「Bullshit」は日本語でいうと「嘘だ!」、「ふざけるな」という意味になります。「Bull」は「牡牛」という意味になり、「shit」は結構悪いスラングですが「糞」という意味になります。


Bullshitは名詞として使うと「嘘だ!」という意味になり、動詞として使うと「嘘をつく」という意味になります。「Bullshitter」という事は「嘘つきの名人」という意味になります。


イギリス人は勿論「Bullshit」という単語が分かるし、多くの人も会話中に使いますが、実はイギリス英語のバージョンもあります。

今回の記事では「嘘だ!」という意味になるイギリス英語スラングを紹介したいと思います。

イギリスの映画やテレビドラマを観るとこれから紹介する単語を耳にするかもしれませんので、イギリス英語の理解力をレベルアップするためにしっかり覚えましょう^^


「嘘だ!」という意味になるイギリス英語のスラング「嘘だ!」という意味になるイギリス英語のスラング

おすすめスラング記事:




「嘘だ!」という意味になるイギリス英語スラング: 1. Bollocks



Bollocks:(発音: ボロックス)


「Bollocks」というスラングは元々イギリス英語ですが、オーストラリア人、ニュージーランド人も使います。

最近、イギリスのテレビの影響により、アメリカ英語でも少しずつ使われるようになってきたようです。あまり丁寧な言葉ではありませんので使う際には十分気をつけましょう!


例文:

A. England is the best football team in the world.
(イングランドは世界一良いサッカーチームです。)

B. Bollocks!
(嘘だ!ふざけるな!)



「嘘だ!」という意味になるイギリス英語スラング: 2. Codswallop



Codswallop:(発音:コッズワラップ)


この単語は、「bollocks」と「bullshit」ほど失礼ではないので使う際にあまり気をつけなくても大丈夫です。(おばあちゃんの前で言っても平気です。笑)

この単語はハリー・ポッターの小説と映画の台詞に使われていると思います。


例文:

A. British food is the worst in the world.
(イギリス料理は世界一まずい料理です。)

B. Codswallop! American food is much worse!
(嘘だ!アメリカ料理の方が酷いよ!)




「嘘だ!」という意味になるイギリス英語スラング: 3. Tosh



Tosh:(発音: トッシュ)


この単語は少し古いです。若い人よりも中年やお年寄りの方が使う気がします。タブーの単語ではありませんので、使う際にはそんなに気をつけなくても大丈夫です。


例文:

A. I heard that Benedict Cumberbatch is going to be the next James Bond!
(ベネディクト・カンバーバッチは次のジェイムズ・ボンド007の役を演じるという噂を聞いたよ。)

B. That’s utter tosh! Where did you hear that?
(それは完全な嘘だよ!どこで聞いたの?)




「嘘だ!」という意味になるイギリス英語スラング: 4. rubbish



rubbish:(発音:ラビッシュ)


「Rubbish」は「ごみ」という意味になりますが、他の使い方も沢山あります。私は以前の別の記事で「rubbish」の使い方について紹介していますす。


参考リンク:


今回の記事では、「rubbish」の「嘘だ!」という使い方を紹介したいと思います。


例文:


A. I think my husband is cheating on me.
(私の旦那は浮気していると思うよ。)

B. Rubbish! Mike is not that sort of man!
(ふざけるな!マイクさんはそんな男ではないよ!)


「Bollocks」、「codswallop」、「tosh」、「rubbish」の前に「complete」(完全な)とか、「utter」(全くの)などの形容詞を使う事が出来ます。

例えば:

Complete bollocks!
(全くの嘘だ!)

Utter tosh!
(全くの嘘だ!)


強く反対するときに、「complete and utter ~」という表現を使う事も出来ます!

That is complete and utter codswallop!
(それは本当に全くの嘘だ!)




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら