イギリス英語

イギリス人がよく使う「rubbish」の意味とは? 英語で「ゴミ」は何と言う?

イギリス英語 rubbishの意味と使い方

イギリス英語で「ゴミ」は何と言うのでしょうか?



今回は、イギリス人の日常会話でよく使われる単語として「rubbish」という英単語の意味と使い方、ニュアンスを例文を交えて紹介していきたいと思います。

イギリス人と会話していると「rubbish」という単語をよく耳にする思います。「rubbish」とは、日本語で言うと「ゴミ」という意味になります。

しかし、イギリス英語において「rubbish」という単語は数多くの意味と使い方がありますので、イギリス英語を勉強している方、イギリスに留学に行こうと思っている方は知っておくべき単語でしょう。

ちみみに、アメリカ英語ではゴミのことを「garbage」や「trash」と言います。これらの単語はイギリス英語において「ゴミ」という意味で使われる事は滅多にありません。

しかし全く通じないという事でははありませんが、「ゴミ」のことを「garbage」や「trash」と表現する事はあまりないと思います。

どちらかというと、これらの単語はイギリス英語においてイディオム的な意味として時々使われています。それでは、早速イギリス英語での「rubbish」の様々な使い方を紹介していきます!






イギリス英語の名詞で「ゴミ」という意味の「rubbish」の使い方


イギリス英語で「ゴミ」は「rubbish」と言います。主に”名詞”として使われています。例えば、以下のようなシチュエーションで使われます。


イギリス英語 rubbishの意味と使い方

イギリス人の rubbishの使い方 例文:



Can you throw out this rubbish for me?
(このゴミを捨ててくれる?)


※この場合ではアメリカ英語の「trash」や「garbage」は使われません。




「ゴミ箱」という意味のイギリス英語「rubbish bin」


rubbish binは「ゴミ箱」という意味になります。日常会話では「bin」と省略される場合が多いです。


イギリス英語 rubbishの意味と使い方

イギリス人の rubbish binの使い方 例文:



Can you put this in the rubbish bin?
(これをゴミ箱に入れてくれる?)

The bin’s full.
(ゴミ箱は一杯です。)



※アメリカ英語では「trash can」や「garbage can」という言い方になりますが、イギリス人はそれらの言い方はしません。




イギリス英語で「形容詞」として使う「rubbish」の意味と使い方


この「形容詞」としての使い方は、とてもイギリス人らしい使い方です! 例えば「何か気に入らない事を説明する」という際にこの単語をよく使いますね。

ニュアンス的には「良くない」、「下手」、「くだらない」という意味で使います。


イギリス人の形容詞の rubbishの使い方 例文:



A:What did you think about that film?
(その映画は、どう思いますか?

B:It was rubbish. I hated it.
(酷かったよ。つまらな過ぎるね。)




その他の「rubbish」の使い方


そして、他にもrubbishには、「うそ!」、「そんなことはない!」というニュアンスもあります。また、「ありえない!」や「無理!」というニュアンスも含まれています。

例えば「誰かの意見に強く反対したい」という時にも使えますね。^^



イギリス人が誰かの意見に強く反対する際の例文:



A:Liverpool will win the Premier League next year.
(リバプールは来年プレミアリーグで優勝するよ。)

B:Rubbish! They haven’t got the players.
(無理だよ!いい選手がいないから。)




イギリス人が日常会話でよく使う口語・スラング・罵り言葉を学べるおススメ教材


イギリス人は日常的な会話で、とても多くのスラングやイギリス英語特有の単語を使います。以上の理由から、イギリス英語を勉強して習得したいと思っているイギリス英語学習者の方はこういった「イギリス人特有の口語」を覚えた方がイギリス英語の理解も深まります。

この「British English “kougo” Master」という教材では、そういったイギリス人がよく使う口語やスラング、罵り言葉等をまとめた教材になっています。

この教材を読みながら音声を使ってイギリス英語を勉強していけば、イギリス映画やイギリスのテレビドラマ、イギリス人の作家によって書かれた小説などの理解も深まるはずです。イギリスカルチャーの好きな方にとっては役に立つ教材になると思います。



  「British English “kougo” Master」の詳細をみてみる


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら