イギリス英語

goとvisitの違いとは? 使い分けやニュアンスについての質問

「Visit」と「Go」の違いと使い分け・ニュアンスについて

読者の方から頂いた「go」と「visit」の違い、使い分けについて質問に答えてみました



皆さん。暑い日が続きますがイギリス英語の勉強は捗っていますでしょうか^^

今回の記事は読者の方から頂いた質問に答えていきたいと思います。頂いた質問内容は、日常的によく使うボキャブラリー「go」と「visit」の違いや使い分け・ニュアンス等についてです。


では質問はこちら:



読者の方の質問:


こんにちは。いつも、質問に答えていただいて、ありがとうございます。

今回は、”visit”の使い方についてです。日本語にすると「訪問する」となり、あまり日常では使わない単語なので、”go”をよく使います。goとvisitの使い分け方も合わせて教えてください。




まず、いつも当サイトを読んで頂きありがとうございます!そしてまた質問を下さってありがとうございます^^。

それでは、早速頂いた質問に答えてみたいと思います。先ずは、「visit」という単語について話していきたいと思います。








Visitの意味と正しい使い方と使い分け


「Visit」という単語は動詞として使ってもいいですし、名詞として使っても大丈夫です。先ずは”動詞の使い方”について話していきますね。

まず「Visit」という動詞を英和辞書で調べると、読者の方がおっしゃるように「訪問する」や「訪れる」という意味で紹介されています。


私が知っている限り、「訪問する」と「訪れる」は日本語の日常会話ではあまり使われる事がありません。そして、英語の「visit」はそこまで「正式」なニュアンスではありません。

日常英会話で普通に「visit」を使ってもオッケーなんですが、「Visit」という動詞は主に「人」、「家」、「国」、「町」、「観光スポット」、「場所」などの話をする際に使う事が出来ます。

また、visitには「お見舞い」という意味もあります。そして、イギリス英語で「visit」は「他動詞」なので「前置詞」と一緒に使いません。アメリカ英語では場合によって異なります。


それでは、例文を通して具体的な使い方を見ていきましょう。



誰か人に会いに訪れるという場合


この「visit」は「誰か人に会いに行く為にその人のいる場所に行く」というニュアンスで使います。

「visit」の例文


I’m going to visit my grandparents this weekend.
(今週末、私は祖父母の所に訪問するつもりです。)
※つまり、「祖父母と会いに行くために祖父母の家に行く」という意味になります。


My mother is in hospital. I’m going to visit her this evening.
(私の母親は入院中です。私は今夜お見舞いにいきます。)


It was my friend’s birthday yesterday so I visited her to give her a present.
(昨日は私の友達の誕生日だったのでプレゼントを贈るために彼女の家に行きました。)



そして、行く場所をさらに具体的に説明する場合、「visit 誰々 in / at 何処どこ」というフレーズを使います。

I visited my grandmother in hospital.
(私はお婆ちゃんのお見舞いをしました。)


I visited my father at work.
(私は父親の職場に訪れた。)



アメリカ英語では「visit with」という句動詞が使われています。この句動詞は「人と話す」という意味になります。

この句動詞はイギリス英語では使われていません。さらによく調べていくと、この句動詞は昔イギリス英語でも使われていましたが、段々と使われなくなっていったそうです。


アメリカ英語の場合(visit with)


I visited with my aunt yesterday.
(私は昨日叔母と話しました。)



国、町、場所などを訪問するという際のvisit


この場合は、「何処どこへ行く」という意味で使います。国、町、観光スポットの話をする場合、「visit」という動詞を使っても大丈夫です。

しかし、この場合、「観光客として行く」というニュアンスが含まれています。逆に、「ショッピングモール」、「デパート」などの場所の場合、「visit」という動詞はあまり使いません。

何故なら、そういう場所へは「具体的に行く理由」があるからです(例えば買い物が目的など)。



「場所を訪問する」の例文


I visited the Great Wall of China last year.
(私は去年万里の長城に行きました。)


I have never visited Paris but I’d like to go.
(私はパリに行った事がないけど、行ってみたいなと思います。)


Have you ever visited Japan?
(あなたは日本に行った事がありますか?)




goの意味と使い方と使い分け


次に「go」という動詞について話していきたいと思います。「go」という動詞は単純に「行く」という意味になります。そして「visit」の代わりに使えます。

日常会話では「visit」より「go」の方がよく使われています。また「go」の方が短くカジュアルな単語です。そして、様々な言い方がありますので使いやすくとても便利な単語です。


1. 誰か人に会いに訪れるという場合


一般的に誰かの元を訪れるといった場合には、「visit」を使った方がいいと思います。「go」は「visit」と違って前置詞が必要です。「go to ~」というパターンが最もよく使われます。

そして、「go」を使う場合、何処へ行ったのか、何をしに行ったのかをはっきり言った方がいいと思います。それでは「visit」との例文で比較してみましょう。


「会いに訪れる」の例文


visit: I’m going to visit my grandparents this weekend.
go: I’m going to go and see my grandparents this weekend. / I’m going to go to my grandparents’s house this weekend to see them.
(今週末、私は祖父母の所に訪問するつもりです。)

※「I’m going to go to my grandparents」というパターンは使えません。「go」を使う場合、場所を言う必要があります。「grandparents」は場所ではないので他の情報を言う必要があります。


visit: My mother is in hospital. I’m going to visit her this evening.
go: My mother is in hospital. I’m going to go and see her this evening.
(私の母親は入院中です。私は今夜お見舞いをします。)

※「go and see her」は「会いに行く」、「お見舞いする」という意味になります。



visit: It was my friend’s birthday yesterday so I visited her to give her a present.
go: It was my friend’s birthday yesterday so I went to her place to give her a present.
(昨日は私の友達の誕生日だったのでプレゼントを贈るために彼女の家に行きました。)



国、町、場所などを訪問するという際の「go to」


「場所」について話す場合、単純に「visit」の代わりに「go to」を使えます。理由は特に伝える必要はないです。それでは、実際の使い方を例文を通して比べてみましょう。


「場所を訪問する」の例文


visit: I visited the Great Wall of China last year.
go: I went to the Great Wall of China last year.
(私は去年万里の長城に行きました。)


visit: I have never visited Paris but I’d like to go.
go: I have never been to Paris but I’d like to go.
(私はパリに行った事がないけど、行ってみたいなと思います。)


visit: Have you ever visited Japan?
go: Have you ever been to Japan?
(あなたは日本に行った事がありますか?)



goとvisit違いについてのまとめ


まとめると、「visit」と「go」は主に同じ意味になりますが、「visit」は少しだけ「正式な」単語です。しかし、日本語の「訪問」という単語ほど正式な単語ではありません。そして「visit」の場合は前置詞と一緒に使う必要がありません。

一方「go」は殆どの場合「to」が必要です(例外はありますが)。そして、「誰かの元を訪問する」場合、「go」を使っても大丈夫ですが、その場合には「具体的な場所」を言う必要があります。

それでは、頂いた質問にしっかりと答えられましたでしょうか? 他に文法に関する質問があれば是非ご連絡くださいね^^!


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら