イギリス英語

イギリス英語特有の単語「waffle」,「waster」,「wonky」とはどんな意味や使い方がある?

イギリス英語特有の単語「waffle」,「waster」,「wonky」とはどんな意味や使い方がある?

イギリス人がよく使う特有の単語:「waffle」、「waster」、「wonky」とは?



今回の記事では、イギリス人がよく使う「3つのイギリス英語特有の単語」を紹介していきたいと思います。その国特有の単語や言い方を覚えるという事は「言語の理解を深める」という意味でとても大切なことだと思います。

私も日本語を勉強していた時には、沢山の日本語のスラングや若者が使うような言葉をドラマや映画から吸収した事を覚えています^^ 今回のテーマは「w文字から始まる単語」です^^

これから紹介していく単語はイギリス英語の日常会話でよく使われていますので、イギリス滞在中の方やイギリスのドラマ・映画に興味がある方はこれらの単語を覚えておくと役に立つと思います^^

それでは、「waffle」、「waster」、「wonky」という三つの単語を紹介していきたいと思います。


イギリス英語特有の単語「waffle」,「waster」,「wonky」とはどんな意味や使い方がある?イギリス英語特有の単語「waffle」,「waster」,「wonky」の意味や使い方とは?

こちらの記事もおすすめです:




イギリス英語特有の単語: 1. 「waffle」



意味: ~について曖昧な事を言う、重要なポイントを抜かし遠回しに話す
発音: ウォフル



イギリスにも「waffle」(ワッフル)というスイーツがありますが、この単語を動詞として使うと、「曖昧な事を言う」や「重要なポイントを抜かして遠回しに話す・書く」という意味になります。

使う際には「waffle on about ~」というパターンでよく使われています。また、名詞としても使う事が出来ます。名詞として使った場合「あいまいな話」、「重要なポイントが含まれていない話」という意味になります。

そして、そういった話し方・書き方をする人の事を「waffler」といいます。

それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。


実際の例文:


A:How was your lecture this morning?
(今朝の講義はどうだった?)

B:It was really boring. The lecturer was waffling on about social policy for an hour. I fell asleep in the end.
(とてもつまらなかったよ。先生は1時間ほど社会対策について曖昧な話をしていたよ。私は結局寝ちゃったよ。)


A:Have you finished your essay yet?
(あなたはエッセイできた?)

B:I’ve finished it but it was mostly waffle. I didn’t really understand the question.
(なんとなく終わらせたけど、殆ど意味のない事を書いた。私は元の質問の意味があまり分からなかった。)




イギリス英語特有の単語: 2. 「waster」



意味:ダメンズ(ダメな男!)
発音:ウェイスタ



「waster」の由来は「time waster」(時間を無駄にする人)からきていると思います。「waster」と呼ばれる人は主に男性です。例えば「自分の人生を無駄にする、「人の時間を無駄にする」ようなタイプは「waster」と呼ばれます。


実際の例文:


A:Is Kate still going out with that waster?
(ケイトはあのダメな奴とまだ付き合っているの?)

B:No, she dumped him last month.
(いいえ、彼女は先月彼を捨てたよ。)


A:You are such a waster! You need to move out!
(あなたはダメな男だ! この家から引っ越せ!)

B:We are finished!
(俺らはもう終わりだ!)




イギリス英語特有の単語: 3. 「wonky」



意味: 曲がっている、ぐらぐらする、傾いている、ゆがんでいる
発音: ウォンキ



「wonky」は形容詞で「ぐらぐらしている物」や「傾いている物」を説明する際に使うような単語です。例えば、傾いている棚や悪い歯並びを「wonky」と言います。


実際の例文:


That shelf you put up is wonky. Can you lower the left side a bit?
(あなたが作った棚はゆがんでるよ。左側をちょっと下げてくれない?)


I had really wonky teeth when I was a child. They are straight now because I wore braces for three years.
(私は子供の頃に歯並びが悪かったのよ。私の歯並びが今綺麗な理由としては、3年間も矯正をしていたからよ。)


This table is wonky. One leg is shorter than the rest.
(このテーブルはぐらぐらしているよ。一本の脚が他の脚より短いよ。)


以上、今回は「w文字から始まる」イギリス英語特有の単語を紹介してみました! イギリス人と会話する機会があれば、是非使ってみてくださいね!


イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら