単語

サイダーは英語で何と言う? イギリス英語のcider の意味とは?

サイダーは英語で何と言う? イギリス英語のciderとは?

サイダーは和製英語? イギリス英語のciderとはどんな物? アメリカ英語のサイダーとの違いは?



Mair
Mair
皆さんこんにちは。Mairiです。今回の記事では和製英語として日本語でよく使われる「サイダー」の英語の言い方、イギリスの「cider」について話していきたいと思います。


今回のサイダーの英語の言い方の話をする前に、私の昔の出来事のお話をさせて下さい。数年前の話になりますが、私は仕事で英語を教える為にある田舎町の小学校に行って英会話のレッスンを行っていました。

その時、彼らに「好きな飲み物は何ですか?」という質問をしました。そして、ある男の子が「アイ・ライク・サイダー!」と答えました。その時に私は正直びっくりしました。

「えええ?!」子供がcider(サイダー)を飲むって!「それはいけないんじゃないの?!」と思ったんです・・・。しかし、日本語の和製英語「サイダー」は「ジュース(ソーダの種類)」を指しますよね。

そして、日本のサイダーにはお酒が入ってません。私はあの当時、日本のカルチャーを全く知らなかったので、当然、サイダーという飲み物についても知りませんでした。





「サイダー」、「ジュース」は英語で何と言うの?


まず、イギリスの「cider」について話す前に日本語(和製英語?)の「サイダー」という単語について話してみたいと思います。日本人の子供が飲むサイダーは、当然お酒の種類ではありませんよね。

日本人が「サイダー」と呼ぶ飲み物は、英語では「soda」や「soda pop」、「fizzy drink」、「fizzy pop」と言います。イギリス人である私がそういった炭酸系飲料の事を言う際に「fizzy drink」という言い方をします。


サイダーは英語で何と言う? イギリス英語のciderとは?

アメリカ人はこういった炭酸飲料の事を「soda」という言い方します。和製英語の「サイダー」の由来は分かりませんが、おそらくアメリカ英語の「cider」という単語から来ていると思います。

アメリカ英語で「cider」は「リンゴジュース」という意味になります。ですから、アメリカの「cider」はお酒ではありません。



ネイティブが英語で「サイダー」という際の例文:




My favourite drink is fizzy pop.
(私の好きな飲み物はサイダーです。)

Soda is bad for your teeth.
(サイダーは歯に悪いです。)

My daughter doesn’t like fizzy drinks.
(私の娘はサイダーが好きじゃない。)

You can’t have a fizzy drink. Have some tea.
(サイダーはあげないよ。お茶を飲みなさい。)




イギリスの飲み物 cider(サイダー)とはどんな飲み物?


イギリスでcider(サイダー)とは、お酒の種類です。日本語では「シードル」と言うようですが、私は日本に8年間住んでいますが、未だに見たことがありません。(どこで買えるかな?青森?でしょうか^^)。

イギリスのサイダーといえば、必ず「リンゴで作られたお酒」の種類を指します。イギリスのどんなパブに行っても必ずサイダーがあります。イギリスのサイダーには様々な種類があります。

例えば、ワインのような「ドライサイダー」もありますし、「甘いサイダー」もあります。そして透明なサイダー、色がついている透明ではないサイダーもあります。またイギリスには「ラフランス」で作られたサイダーがあります。これを「perry」(ペリー)と呼びます。


アメリカでは「cider」はリンゴ系の飲み物として親しまれていますが、アメリカの「cider」もお酒は入っていません。アメリカのレストランやバーで「cider」を注文すると、リングで作られたジュースが出てくると思います。

ただ「hard cider」というフレーズを使い注文すれば、イギリスの「cider」のようなお酒が出てきます。アメリカの「hard cider」とイギリスの「cider」の味は少し違うと思います。

どちらかというと、アメリカのサイダーの方が甘くリンゴの味が強いです。そしてイギリスの「cider」は炭酸が有るものと、炭酸無しの物があります。


サイダーについてさらに詳しく知りたい人は以下のページで詳しく紹介されています。




イギリス人が「cider」という単語を使う際の例文:



I drank four pints of cider last night.
(私は昨日の夜4パイントのシードルを飲みました。)

This cider is really good.
(このシードルはとても美味しいですよ。)

I don’t drink cider. I prefer beer.
(私はシードルを飲みません。私はビールの方が好きです。)

This cider was made in Somerset.
(このシードルはサマーセット州で作られました。)




「サイダー」と「cider」のまとめ


日本にいるイギリス人は「サイダー」という日本語を初めて聴くと、おそらくびっくりすると思います。それは何故なら、イギリスで「cider」はお酒の一種だからです。

日本語の「サイダー」は英語で「fizzy drink」や「soda」という言い方になります。アメリカ英語で「cider」は「リンゴジュース」という意味になります。アメリカでは、リンゴで出来たお酒の事を「hard cider」といいます。

皆さん、イギリスに言ったら、是非、本物の「cider」を飲んでみてくださいね!






イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら