イギリス英語

イギリス英語で「地下鉄」は何と言う? ロンドンの地下鉄は「tube」と言う?

「地下鉄」という意味のイギリス英語の単語とロンドン、グラスゴー、ニューキャッスル、リバプールの地下鉄の呼び方



Mair
Mair
皆さん、こんにちは。マリです。実は私は昨日、ある友人に「イギリス英語で地下鉄は何と言うの?」という質問されました。私はとっさに「the undergroundだよ!」と答えましたが、実は正しい答えとしては、それよりも少し複雑だな~と思い返していました。

そう思った理由としていくつかの訳があります。実はロンドンの地下鉄は世界でも古く地下鉄として有名です。そして、イギリスにはロンドン以外にも「3つの地下鉄」があります。その3つの地下鉄は「グラスゴー」と「ニューキャッスル」、そして「リバープール」にあります。

イギリスでは、ロンドンの地下鉄の事を「the underground」やニックネームとして「tube」という言い方も使います。このようにイギリスの地下鉄には、各地下鉄によって違う呼び方があります。

そこで今回の記事では、イギリス英語で「地下鉄」という意味になる各地下鉄の呼び方を紹介していきます。





イギリス英語で「地下鉄」という意味の単語とロンドンの地下鉄について


ロンドンの地下鉄の正式名称は「The London Underground」と言いますが、他にも「the tube」というニックネームもあります。ロンドンの地下鉄(The London Underground)は世界で最も古い地下鉄です。

ロンドンの地下鉄に乗る際のチケットは日本の地下鉄と比べるととても高いので、もしロンドンの地下鉄に乗車予定がある方は紙のチケットを買う事より「Oysterカード」を買って乗車する事をお勧めします。こちらの方が安いです。

しかし、ロンドンの地下鉄を多く使う予定がある方は「travelcard(乗り放題の切符)」を買った方がさらにお得になります。


イギリス英語で「地下鉄」は何と言うのでしょうか?

ロンドンの地下鉄で最も有名なアナウンスの中に「Please mind the gap」という台詞があります。これは「電車とフォームと間のスペースにご注意ください」という意味になります。

以前にこのサイトの別の記事で「mind」という単語について解説した事がありますので、興味がある方は是非、以下の記事をご覧下さい。




ロンドン地下鉄のAngelという駅には”世界で最も高いエスカレーター”がある事で有名です。このエスカレーターは何と「60メートル」もあります! 私もこのエスカレーターに乗った事がありますが、高くて怖かった事を覚えています(笑)。





スコットランド英語で「地下鉄」は何と言う? グラスゴーの地下鉄について



グラスゴーの地下鉄は英語で「the Glasgow Subway」になります。地元の人は「the subway」と呼びますが、「the clockwork orange」というニックネームもあるそうです。

しかし、このニックネームは主にメディアで使われています。グラスゴーの地下鉄は世界で3番目に古い地下鉄になります(2番目はブダペストの地下鉄になります!)。

グラスゴーの大学生の間では「the subcrawl」というお酒のチャレンジ(飲み方!?)のような遊び方があります。この「the subcrawl」とは「subway」と「pub crawl」を合わせた言葉遊びです。

このチャレンジでは、地下鉄の各駅で降りて、駅前のパブで一杯のお酒を飲み続けていくというちょっと変わったアクティビティーです(笑)。地下鉄には15駅ありますので、このチャレンジが終った頃にはかなり大変な事になりそうですね(笑)。






イギリス英語で「地下鉄」という意味の「The Tyne and Wear Metro」:ニューキャッスルの地下鉄


ニューキャッスルの地下鉄の正式名称は「The Tyne and Wear Metro」と言います。この地下鉄はニューキャッスルだけではなく、サンダーランドとゲイツヘッドという町にも繋がっています。

ニューキャッスルの地元の人達はこの地下鉄の事を「the metro」と呼びます。面白い事に、この地下鉄には改札口はありません。その代わり、駅員がランダムに乗客の切符を確認して回っています。






イギリス英語で「地下鉄」という意味の単語「Merseyrail」:リバプールの地下鉄について


リバプールの地下鉄は「Merseyrail」や「Merseyrail underground」と呼ばれています。リバプールの地元の人達は「Merseyrail」と呼んでいます。

この「Mersey」とは「リバプールの川の名前」です。ちなみにリバプールの周辺のことを「Merseyside」と言います。




イギリス英語で地下鉄という意味になる言い方:まとめ


今回の記事をまとめると、イギリス英語で「地下鉄」は「the underground」になりますが、地域・場所によっては「subway」か「metro」という単語も使われています。

ロンドンの地下鉄には「the tube」というニックネームもあります。そして「Subway」という単語はイギリスで「地下道路」という意味もあります。

以上の事から、ロンドンに行った際には地下鉄の呼び方について気をつけた方がよいと思います! しかし、結局は、イギリスでは何処の町に行っても「the underground」という単語は通じますので、ご心配なく^^

イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら