イギリス英語

「ぬいぐるみ」、「きぐるみ」は英語で何と言うの?イギリス英語とアメリカ英語の違いも合わせて紹介

「ぬいぐるみ」、「きぐるみ」は英語で何と言う?

イギリス英語とアメリカ英語で「ぬいぐるみ」、「きぐるみ」は何と言うの?



今回の記事では、私が英語を教えていた生徒達からよく聞かれた質問について答えてみたいと思います。具体的な質問として「ぬいぐるみは英語で何と言うの?」という内容です^^

そして、合わせて「きぐるみは英語で何と言うの?」という質問もよく聞かれたので、今日の記事では「ぬいぐるみ」と「きぐるみ」という二つの単語の英語の言い方を紹介したいと思います。

このボキャブラリーはイギリス英語とアメリカ英語の違いがありますので当サイトの読者の方にも面白いと思います。それでは、まずは「ぬいぐるみ」の英語の言い方から説明していきたいと思います。



「ぬいぐるみ」、「きぐるみ」は英語で何と言う?「ぬいぐるみ」、「きぐるみ」は英語で何と言う?

こちらの記事もお勧めです:




1.「ぬいぐるみ」は英語で何と言うの?




イギリス英語: cuddly toy, soft toy
アメリカ英語: stuffed toy, stuffed animal, plush toy



「ぬいぐるみ」という単語には様々な言い方がありますが、結局はどの単語を使っても英語圏の国中で通じます^^。しかし、ボキャブラリーの「使用率」として考えると、イギリス人は主に「cuddly toy/soft toy」というボキャブラリーを使い、アメリカ人は主に「stuffed toy/stuffed animal/plush toy」というボキャブラリーを使います。


そして、「くまの形のぬいぐるみ」は「teddy」や「teddy bear」と言います。この名前は「Theodore Roosevelt」というアメリカの大統領の名前から来ています。「Teddy」は「Theodore」という名前の省略です。彼の名前が「くまのぬいぐるみ」の名前になった理由としては、1902年の政治的なカートゥーン(cartoon=新聞に掲載する皮肉なイラスト)の影響だったそうです。


ある日、Roosevelt大統領は熊狩りをしに行きました。彼は熊を捕獲できなかったので、彼のスタッフはもうすでに弱った熊を捕まえて木に結びました。そして、彼のスタッフは「この熊を撃ってください」と言ったようです。しかし、Roosevelt大統領の考え方では、「もう捕まえられた熊を殺す事は”自分の信条に反する行動”」と思い断ったそうです。


この「熊狩りの事件」は新聞のカートゥーンになりました。その後、くまのぬいぐるみは「Teddy」と呼ばれるようになったそうです。

参考:「テディベアについて


例文:

イギリス英語: I won a cuddly toy on the claw machine!
アメリカ英語: I won a stuffed toy on the claw machine!
日本語訳:(私はUFOキャッチャーでぬいぐるみを当てた!)

※「UFOキャッチャー」という言葉の英語の言い方は沢山あります。「claw machine」、「claw crane」などの言い方が最も使われていると思います。


イギリス英語: My daughter takes her soft toy everywhere.
アメリカ英語: My daughter takes her plush toy everywhere.
日本語訳:(私の娘は何処へ行ってもぬいぐるみを持っていきます。)

「犬のぬいぐるみ」や「猫のぬいぐるみ」などの動物の場合、「cuddly toy dog」や「stuffed toy dog」などの言い方になります。




2.「きぐるみ」は英語で何と言うの?



このボキャブラリーでは、イギリス英語とアメリカ英語の言い方にあまり違いがないと思います。様々な言い方がありますが、それらは別にイギリス英語とアメリカ英語の違いではありません。

多分、おそらくは「個人的な言い方の違い」だと思います。「動物のきぐるみ」という場合、「animal suit」や「animal costume」でいいと思います。


そして、きぐるみの動物の種類が言いたい場合には、「dog costume」や「rabbit suit」などの言い方が通じます。そして、「dressed up like a rabbit/dog/cat」などのフレーズで説明できます。

また、残念ながら、英語では「きぐるみ」のような便利な単語はありません(笑)。



例文:

英語: Oh look! There’s someone in a Mickey Mouse costume over there!
(ねえ、見て!あそこにミッキーマウスのきぐるみを着ている人がいるよ!)


英語: I wore a Rilakkuma suit for Halloween.
(私はハロウィンにリラックマのきぐるみを着ました。)


それでは皆さん、「~は英語で何と言うの?」のような質問があれば、是非質問してくださいね~^^




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら