イギリス英語

「pub(パブ)」という意味になるイギリス英語のスラング・口語を紹介します!

「pub」の代わりに使えるイギリス英語の単語(スラング・口語)を紹介します!

イギリス英語のスラング・口語で「pub」の代わりに使える単語とは?



今回の記事では「pub(パブ)」という単語をテーマにイギリス英語の単語(スラング・口語)を紹介したいと思います。当サイトでは、今までにイギリス人が大好きな「pub」に関する記事を数多く紹介した事があります。


そこで今回は、「pub」の代わりに使える単語(スラング・口語)を4つ紹介してみたいと思います。今日紹介する単語は、自分が使わなくても、イギリスのテレビドラマや映画、小説、雑誌などによく出てきますので、イギリスのカルチャーやイギリス人の話し方に興味がある方は、覚えておくと役に立つと思います^^


「pub」の代わりに使えるイギリス英語の単語(スラング・口語)を紹介します!「pub」の代わりに使えるイギリス英語の単語(スラング・口語)を紹介します!

こちらの記事もお勧めです:



「pub」の代わりに使えるイギリス英語のスラング: 1. 「boozer」



この単語は少しふざけた言い方ですが「booze」=「お酒、お酒を飲む事」という単語から来ているスラングです。

主に男性に使われる単語ですが、女性もふざけた会話をする際に使う事があると思います。この単語は「オーストラリア英語やニュージーランド英語」でも使われています。


実際の例文1:


A:Where’s your husband tonight?
(旦那さんは今夜何処にいるの?)


B:It’s Saturday night so he’s at the boozer with his mates.
(土曜日の夜だから当然友達と一緒にパブにいるのよ。)



実際の例文2:


A :Fancy going down the boozer tonight?
(今夜パブに行かない?)


B:I can’t mate. It’s my missus’s birthday.
(行けないよ。妻の誕生日だから。) ※「missus」は「」という意味になるスラングです。




「pub」の代わりに使えるイギリス英語のスラング: 2. 「watering hole」



この「watering hole」の元々の意味は「動物の水のみ場」になりますが、「pub(パブ)」や「bar(バー)」という意味としても使う事が出来ます。

少しだけふざけたようなスラングになりますが、意外にイギリス人の日常会話や雑誌の記事等でよく使われています。


実際の例文:


A:Can you recommend any good watering holes in this town?
(この町で何処かよいパブをお勧めできますか?)


B:The King’s Head is a good pub. They have a good selection of beers.
(キングズ・ヘッドというパブは良いパブだよ。色々な種類のビールを売っているから。)



実際の例文2:


A:Have you ever been to the Slug and Lettuce?
(スラッグ・アンド・レタスというパブに行った事ある?)


B:Yeah, it’s my best mate’s favourite watering hole so I often go there with him.
(あるよ。友達の好きなパブなのでよく一緒に行っているよ。)




「pub」の代わりに使えるイギリス英語のスラング: 3. 「local」



これはとてもイギリス英語っぽい表現です。「local」は「自分の家の一番近いパブ」、「近所のパブ」という意味から来ているスラングです。

「local」は元々「近所の」という意味になります。このスラングは主に「my local」や「his/her/their local」というパターンで使われます。



実際の例文:


A:Are you doing anything for your birthday?
(誕生日に何かをする予定ですか?)


B:I don’t have any plans. Might just go down my local with my family.
(特に計画がない。家族と一緒に近所のパブに行くくらいだね。)



実際の例文2:


A:You’ve just moved house, haven’t you? What’s your new neighbourhood like?
(最近引っ越したよね。新しい近所はどうですか?)


B:It’s really nice. We’ve got a nice local that has regular quiz nights and karaoke.
(とても素敵ですよ。近くにクイズイベントやカラオケを行うパブもあるし。)




「pub」の代わりに使えるイギリス英語の単語: 4. 「hostelry」



この単語はかなり古いので、ふざけた会話をする際にしか使いません。元々「旅館」や「宿屋」という意味の単語です。昔のパブはその多くが「宿」としても使われていました。

その事から、「hostelry」が「pub」(酒屋)という意味として使われるようになりました。この単語は会話よりも「雑誌の記事」などで使われる傾向が多いと思います。


実際の例文:


This hostelry is famous for its traditional English cuisine.
(このパブは伝統的なイギリス料理を出すお店として有名です。)


He visited a hostelry before returning home.
(彼は家に帰る前にパブに寄りました。)


以上、今回は「pub」の代わりに使えるイギリス英語のスラング、口語を紹介してみました。イギリス人と会話、イギリスのメディアにはよく出てくる単語なので、この機会に是非覚えてみて下さいね^^




イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター

イギリス英語のイディオム専門教材

この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら