イギリス英語

「駐車場」はイギリス英語で何という? イギリス英語とアメリカ英語の違いは?

「駐車場」はイギリス英語で何という? イギリス英語とアメリカ英語の違いは?

英語で駐車場は「parking」ではない? イギリス英語で「駐車場」は何と言う?



Mairi
Mairi
皆さんこんにちは。今回の記事では、イギリス英語とアメリカ英語の単語の違いとして「駐車場」というボキャブラリーをテーマにイギリス英語の言い方、アメリカ英語との違いを紹介したいと思います。


そして、駐車場に関連する単語も合わせて紹介してみたいと思います。それでは、「駐車場」はイギリス英語で何と言うのでしょうか?






イギリス英語で「駐車場」という意味の「car park」の使い方


イギリス英語で「駐車場」をシンプルに言う場合「car park」という言い方になります。そして「車を駐車する」はイギリス英語で「park one’s car」と言います。つまり、「park」は動詞としても使う事が出来ます。


「駐車場」はイギリス英語で何という? イギリス英語とアメリカ英語の違いは?

また「駐車場の係員」はイギリス英語で「car park attendant」と言いますが、「parking attendant」という言い方も使われています。

そして、「交通監視員」はイギリス英語で「traffic warden」といいます。彼ら「traffic warden」は、イギリスの交通ルール(駐車禁止車両のチェック等)をチェックする人達なので、イギリスで最も嫌われている人なのではないかと思います(笑)。

それでは、実際のイギリス英語の「car park」使い方を例文で確認してみましょう。


イギリス人の「car park」の使い方 例文:



There are no car parks near the station so I think you should take the bus.
(駅の近くに駐車場がないのでバスで行った方がいいと思うよ。)


This car park is full. Let’s look for another one.
(この駐車場は満車です。違う場所を探しましょう。)


You have to pay the car park attendant when you leave.
(出る時に駐車場係員に支払いするよ。)


Don’t park your car here. I saw a traffic warden earlier.  You’ll get a fine.
(ここで車を駐車しないで。前に交通監視員を見たよ。罰金を科せられてしまうよ。)


This car park is really expensive. I know a cheaper one.
(この駐車場はとても高いよ。私はもっと安い場所を知っているよ。)





アメリカ英語で「駐車場」という意味になる「parking lot」


アメリカ英語で「駐車場」は「parking lot」と言います。「lot」という単語は元々「土地」や「~場」という意味です。


「駐車場」はイギリス英語で何という? イギリス英語とアメリカ英語の違いは?

そして、アメリカ英語で「駐車する」はイギリス英語と同じように「park one’s car」と言います。「駐車場の係員」はアメリカ英語で「parking attendant」といいます。

アメリカ英語で「交通監視員」は「parking enforcement officer」といいます。他には「parking meter attendant」という言い方もあります。

それでは、実際のアメリカ英語の「parking lot」使い方を例文で確認してみましょう。


アメリカ人の「parking lot」の使い方 例文:



There is a parking lot near my house. You can park your car there.
(私の家の近くに駐車場があります。あそこで車を停めていいよ。)


My cousin works as a parking attendant at this parking lot.
(私の従妹はこの駐車場で係員として働いています。)


This parking lot is free but make sure you lock your car because there’s a lot of crime near here.
(この駐車場は無料だけど、この辺は治安が悪いので車のロックをちゃんとかけといてね。)


My car got stolen from this parking lot.
(私の車はこの駐車場で盗まれた。)


The parking enforcement officer often walks around here.
(交通監視員はこの辺でよく歩き回っています。)




駐輪場はイギリス英語で何と言う?


英語で「駐輪場」は「bicycle parking area」や「parking area for bicycles」と言います。イギリスの学校にある駐輪場は一般的に「bike sheds」といいます。


「駐車場」はイギリス英語で何という? イギリス英語とアメリカ英語の違いは?

そして、イギリスの悪い生徒たちは「bike sheds」の後ろに隠れてタバコを吸ったり、恋人とキスしたりするという噂!?があります(笑)。

私の父親は母親をからかう際に「you used to smoke behind the bike sheds at school, didn’t you?!」(あなたは学生の頃に駐輪場の後ろでタバコを吸ってただろう?!)という言い方をする事があります(笑)。

こういった噂が本当かどうか分かりませんが、一般的にイギリス人は「behind the bike sheds」(駐輪場の後ろ)では、「必ず悪い事が起きるだろう」という想像をします(笑)。日本の学校で言うところの「体育館の裏」といった感じなのでしょうか(笑)。




イギリス英語の「駐車場」の言い方のまとめ


今回の記事をまとめると「駐車場」はイギリス英語で「car park」と言います。アメリカ英語では「parking lot」になります。しかし、両方の言い方はどの英語圏の国でも通じると思います。

そして、「車を駐車する」は、どの国の英語でも「park one’s car」と言います。他にもイギリス英語の言い方で知りたい表現、スラング、単語があれば是非質問して下さいね^^



イギリス英語を学習する為の専門教材

この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、アメリカ英語との違いを中心にイギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。

教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。

イギリス英語専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター




イギリス英語のイディオム専門教材


この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」はイギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。本教材ではイギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にもマニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。

イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。

1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。


イギリス英語のイディオム専門教材:ブリティッシュイングリッシュ・イディオムマスター
教材の詳細はこちら